KI邸

所在地   茨城県水戸市
構  造   木造2階建て

山の原木の切り出しから始まった計画です。ご主人自ら山へ行き、材料になりそうな木を見て回り何回も製材所に通ったそうです。
建物東側部分のLDKには吹抜の中に古材風の梁が横たわっており、座って見上げると無垢材の天井と重なって落ち着いた雰囲気になっています。
窮屈な家は造りたくないという家族の希望で、すべての部屋がゆったりとした間取りになっています。
また、ほとんどが自分で用意した無垢材を使用したため、暖かな雰囲気を出しています。


【外観】
【廊下】
【階段ホール】
【LDK吹抜け天井】

戻る