シロウトが聴いてもカッコいいサントラは、そのジャンルにより深く傾倒している人にはどんな風に聞こえているのだろう?・・・という素朴な疑問からスタートした、サウンドトラックレビューです。

けっこうサラっと終わってしまう映画紹介のなかの音楽への言及、あるいはサウンドトラックのライナーノーツとも一味ちがう楽しく味わい深いレビューをお楽しみください。

 

教授あいさつ●にしかた教授おんだ教授

Vol.2/PEDALE DOUCE

▼Vol.2:「ペダル・ドゥース」

▼Vol.1:「危険な関係」

 

サントラ学部ジャズ専攻科にしかた教授よりごあいさつ

前書き。

皆様初めまして。にしかたと申します。単なるジャズ好きです。

実はふとしたことから自分のページへぽらわさんをご案内したのですが、僕は自分の所で「今月ちょうど聴いているCDのことを書く」という連載をしております。でそれを見てぽらわさん、「こいつにこれのサウンドトラック版をやらせたらどうだろう」という野望が沸々とわいてきた、らしいんですね。

それをメールで伺って、面白そうだねぇとは思ったのですが、まぁ映画のえの字もしらないにしかたであります。とりあえずお題をおくれ、とメールしました。

案の定といいますか、なるほどと言いますか、送られてきたのは1本のビデオテープのみ。ラベルも映画のタイトルがたらっと書いてあるだけで関係資料一切なし。どうやら僕に期待しているのは「映画しろーとの今月の1本」らしいのです。わはは。結構無茶ですなぁ。

定期的連載にできるかどうかはやってみないとわからないのでとりあえずは不定期連載。ネタはフランス映画?のサウンドトラック。なるべくならジャズがいいなぁ(というかジャズなら少しは太刀打ちできるのかもしれない)。さて、この試み、企画倒れになるかちゃんとコンテンツとして成立するか....まぁ前置きはこの辺にして、とりあえずやってみましょう、ということで以後、よろしくです。

→公開講座 VOL.1:「危険な関係」へ

にしかた教授のホームページはこちら→

http://member.nifty.ne.jp/Nishi/

にしかた教授へのファンレターやレポート提出はこちら→MAIL


サントラ学部教授おんだ教授(日本サウンドトラック独立推進委員会主任理事)よりごあいさつ

はじめまして。

私は家主のぽらわさん、にしかた教授ともども旧知の間柄で、前回のにしかた教授の第1回講義を聴講した直後に自ら売り込みをかけ、このたび教授会の承認のもと、サントラ学部に着任することになりました。

私の専攻は主にジャズ全般と、60〜70年代のロックになります。

また私も、にしかた教授と同じく映画はほとんどしろーとで、古くは「トミー」や「ブルース・ブラザース」、あるいは「ラウンド・ミッドナイト」「バード」というような、音楽が関係した映画だと「ディンゴ」なんていう駄作まで見ているのに、あれだけ話題になっても「タイタニック」は見ていないという変わりものです(笑)。

でも、この学部の教授には実はこんな素養こそが求められているんじゃないかとも思っています。このコーナーが、にしかた教授の孤軍奮闘で企画倒れになってしまわぬよう、私も微力ながら頑張りたいと思います。

では、よろしくお願いします。

→公開講座 VOL.2:「ペダル・ドゥース」へ

おんだ教授の秘密がわかるかも・・・→http://www.kiwi-us.com/~onda/

おんだ教授へのファンレターやレポート提出はこちら→MAIL


[HOME/cinephile presse plus]

シネフィル音大への感想、メッセージ等はこちらへ MAIL

KAORI'PORAWA'TAMURA f-la-b@mua.biglobe.ne.jp 

当サイトに掲載の記事の無断転載・画像の二次使用を禁じます。 Copyright1998-99 CP_plus. No reproduction or republication without written permission.