クラブ紹介


アンサンブル「チアロ」は、演奏に関わるすべての人々との出会いを大切に、
共に音楽を創る楽しみを分かち合いたいという仲間たちが集まってできた市民団体です。
練習は月に1〜2回、日曜日の午後1:00から3〜4時間程度で、
講師としてプロギタリスト上垣内寿光氏、プロマンドリニスト佐古季暢子氏を迎え、
より深く音楽を楽しんでいきたいと思っています。
自主コンサート・部内発表会等多彩な企画も予定しておりますので音楽がお好きな方は
ぜひ私達と感動体験をしましょう!楽器の種類、経験年数、他団体との重複活動も問いません。
心よりみなさまのご参加をお待ちしております。
また、見学も随時受け付けております。


詳細は下記連絡先までお気軽にお問い合わせください。

《代 表》 吉村 京子
《講 師》 上垣内寿光(プロギタリスト・作曲家)
      佐古季暢子(プロマンドリニスト)
《月会費》 2,500円
      練習会場費・通信費・楽譜代等に充当します。
《練習日》 原則月2回(日曜日13:00〜17:00) 詳しくは活動スケジュールをご覧ください。
《練習会場》 広島市祇園公民館 他
《連絡先》 chiaro.hiroshima@gmail.com

まずはメールにてご連絡ください。

クラブ名称の由来

クラブの名称を決めるにあたり、音楽的なことはもとより楽しく明るいクラブ、みんなで
創りあげていくという意味をもった名称にしたいという思いから当初、イタリア語の
Capitare(起る)、Chiaro(明るい)、Compiacersi(喜ぶ)、Gentire(優しい) という候補が挙
がり、その中から意味、響きが良いということから"Chiaro"に決定しました。マンドリン
オーケストラ「チアロ」で落ち着きそうだったのですが、メンバー募集の際、ホームペー
ジを見てもらうのに「広島」という地名が付いていた方が見てもらいやすいことと、マン
ドリンを弾く人達の集まりだから「マンドリーノ」という言葉も付けようということで「広島
マンドリーノ『チアロ』」が誕生しました。
10年を経過し、マンドリン系楽器やギターに限らず色々な楽器でのアンサンブルを
中心に活動したいということで名称をアンサンブル「チアロ」に変更しました。

CHIARO: イタリア語で「キアロ」と発音しますが、親しみやすいのであえてローマ字読み
で「チアロ」と発音しています。明るい・透き通った・はっきりとした・分かりやすい・率直な
という意味があり、明るく、楽しく、喜びをみんなで分かち合いたいという願いがこもって
います。