変なガチャ『日本の心・壺』
2002/07/13


 近年のガチャポン市場の拡大と、商品ターゲット層の高年齢化は目を見張る物があります。

 例えば海洋堂(K&M)のガチャシリーズなどは明らかにそれなりの年齢以上をターゲットにしており、「お子さまお断り」な感じです。
 また同ブランドの『世界名作劇場』シリーズや、「バービー小物シリーズ」など、女性層をターゲットにしたガチャ商品もいくつか出てくるようになってきました。

 上手い商品リリースの物としては「プラレール」のガチャや、『ブルマァク魂』など。
 子供にも人気がありますし、昔遊んだ大人にも「ちょっと欲しいな」と思わせることに成功しています。

 ただまあ、ここまで一気に拡大してしまうと、早くもネタ切れに成りつつあるような感も拭えません。
 バンダイのガンダム『MSセレクション』などは、ついに「Zプラス」など『ガンダム・センチネル』系MSまでラインナップに入ってしまいました。

※(知らない人のために書いておくと、『センチネル』というのは12年前にモデルグラフィックス誌で展開されていた模型を使ったオリジナルのガンダムサブストーリーで、数年前までは「鬼子」扱い。カトキハジメというデザイナーを輩出した功績があるにも関わらずオフィシャルの中に入れてもらえていなかったんですが、最近ではプラモまで出てしまって、「センチネルリアルタイマー」からするとなかなか驚きを隠せない状態になってきています。)


 で、そんな中、なんか勘違いしたんだか、市場を全く理解していないだけなのか、オカシナ物も出てきています。

 その最たる物がコレ。





 コレは何か? というと…いや、何かもなにも「壷」ですね。どう見ても。

 『日本の心・壷』という商品名のよくわからないガチャです。

 後ろのカプセルを見てもらえばわかるように、この壷がガチャカプセルに入ってるんですよ。
 しかも釉薬とか使って、それなりに本格的に焼いてある本当の壷です。プラ製とかじゃないんです。

 まあ、ツッコミどころは山ほどありますね。

 なんで壷が「日本の心」なのか? とか。
 第2弾でこれ以外の商品はあるのか? とか。
 いやそもそも誰に売りたいのか? とか。
 狙いは何なのか? とか。
 つーかよ、コレをどうしろっていうのさ?

 コレ自体は、実はだいぶ前から売られている物だったんですが、最近やっと写真に撮ったので今回アップしてみたんですが。


 この商品、「今野産業株式会社」という聞いたことがないところが出していて…少なくともガチャとかオモチャ関連の会社では無さそうです。

 そもそも普通、ガチャってカプセルの中にインストの紙が入っていて「それがどういう商品か」の説明とか書いてあるじゃないですか。
 そういうのも入ってないんですよ。
 買ったら最後、一体それが何で、何処が出しているかもわからないんです。

 ちなみに壷の種類は3種類ほど。
 1回100円(本格的に焼いてあるにしては安い)なのでコンプリートは楽勝なんですが、ガチャコレクターがコレに手を出そうとしたときに訪れる最大の難関は「とにかく置いてある店がない」ってところですね。

 ちょっとやそっとガチャ台がある程度のホビーショップではまず置いてません。

 少し前までは秋葉原のLAOXホビー館にあったんですが、これももう消えました。

 現在オレが確認しているのは秋葉原駅前ラジオ会館7階の「イエローサブマリン カードゲーム店舗」の前に1台あるくらいでしょうか。
 しかも、少し前には一度カラになって「売り切れ」ていたりしまして。また再入荷したところ見ると「隠れた人気商品」なんだか、物珍しさで回しちゃうヤツが多いんだか…。

 まあ、サイズ的には1/6くらいなので「霊感商法で壷を売りつけるヤツ」のドールとか作るには最適かと。


【了】

もどる