ガチャポン K&M『エヴァンゲリオン』
2002/09/21


 これは2002/01/12のオカノ通信「年頭オモチャ始め」に掲載した物を、ドールコンテンツ独立に伴い修正した物です。
 写真などは同じです。


 『ラブひな』とか『世界名作劇場シリーズ』などをリリースしてきた海洋堂(K&M)の新作ガチャポン『エヴァンゲリオン』が出たので、さっそくやってきました。

 「う〜ん…エヴァかぁ…なんで今さら?」って感じが拭えないことは事実だったし、店先に展示してあったサンプルを見ても、オレ的にキャッチーな綾波は「HGIF」サイズで、『ラブひな』ウォーターラインシリーズとかに比べちゃったら、それほどビビッとクル物も少なかったんですよ。
 「うん、まあ、さすが海洋堂。エヴァはいい出来だね」程度で。

 この『エヴァ』第1弾は、以下のラインナップです。
・エヴァ初号機(プログレナイフ装備版)
・エヴァ初号機(パレットライフル装備版)
・使徒サキエル初期版(頭部が1コの状態のヤツ)
・使徒サキエル後期版(頭部が2コの状態のヤツ)
・UN戦闘機
・綾波(プラグスーツノーマル姿)
・綾波(プラグスーツ包帯姿)

 これらにそれぞれ(例によって)クリア版が混入されています。


 このラインナップで、オレの中である種「?」があったことは事実です。
 「なんでいままでフィギュアで人気を博してきたシリーズなのに、今回、そのフィギュアは綾波の2バージョンだけなの? しかもHGIFサイズで」みたいな。

 で、そんなテンションだったんで「ガチャファイトって感じでも無いなァ…」と思いつつ2000円だけ回してきたんですが。
 10回まわした内訳はこんな感じ。

・『エヴァ初号機』(プログレナイフ装備)×2
・同クリア×1
・サキエル初期型×1
・同クリア×1
・UN戦闘機×2
・綾波(包帯)×2
・綾波(ノーマル)×1

 で、コロコロと出てきた物を見てまず驚いたのが、今回のK&Mのガチャカプセル、普通の「上半分が透明なカプセル」じゃありません。
 完全不透明の紫色です。
 つまり、カプセルを外から見ただけでは「中に何が入っているのかわかりません」。

 これでイ●ローサブ●リンとか、いくつかのショップがやっているコンプリートをさせづらくするための「抜き」がかなり防げるのではないかと。
(まあ、サキエルだけは重さがかなりあるので、重さでわかっちゃいますがね。あと綾波だけは「小さなブリスター」入りなので、カプセルの穴から光りかざせばわかるかも…)

 「へえ」と思いつつ、その場で開けることはせずに家に帰ってきてから開けたんですが…
 まずエヴァ初号機が出てきました。


 「げげぇッ?!!」


 出来に関しては「超絶!!」の一言。
 いやもー、ホント。ちょっと目が点になりましたよ。
 放映当時にあったガチャの出来なんか比べ物になりません。
 ミスターサタンとフリーザくらいの差があります。

 人類はついにこんなモンを200円で売れるレベルにまでなったのか!! とすら。(マジで。)
 そんくらいスゴイ。

 造形は海洋堂がリリースしているブリスターパック版の山口勝久氏が原型を担当していることもあり、「ブリスターパック版のダウンサイジング」って感じ。(綾波の原型は寺岡邦明氏です。これもブリスター版と同じ)

 造形ラインも素晴らしいですが、驚くべきは、初号機はブリスター版と同じく「モノシャフト可動」を実現してます。(200円サイズで…)

 「モノシャフト可動」ってのは、ガンプラみたいに何でもかんでも関節とかを可動できるようにするんではなく、部分的な関節部を「1軸だけ可動するようになっている」という海洋堂がブリスター版で取り入れた方式です。
 実に単純な1軸だけの可動なので、センス無い人が原型やっちゃったら「ほとんど動かないヘタれ作品」になるわけですが、これがまあ、山口原型では「ビックリするくらい豊富なポージングが可能」になっちょるわけです。(言葉で説明するのが難しいですが、1軸可動をすることを前提に、腕や胴体や脚部に「基本ポーズ」が付けられているためです。これがもうセンスの塊です)

 で、これが今回の「200円ガチャ」にも取り入れられているんですが。
 全長10センチもない初号機が、ヒザの関節まで動きやがんの。


★初号機プログレナイフ装備版
 手前にあるのはタバコです。

 こいつが…


 ヒザをついたりも!

 アンビリカブルケーブルなんか、中にワイヤー入ってますよ。(なので、自立は出来ないけどコイツが支えになるので倒れないというスグレ物!!)

 さらに、頭部なんか「ブレードアンテナ」が別パーツ!!(幅1mm・長さ3mmくらいのちっちぇパーツが!! 小さすぎて上手く写りませんでした。)
 頭部拘束具の「後頭部分のヌキ」もきちんとヌケてます。

 マジかよ…。(-_-;;)

 いや、ホントにスゴイです。これ。
 なんというか「ガチャ」という「大量生産品・工業製品」の象徴のようなオモチャにも関わらず、原型制作者の「狂気」のような物すら感じます。

感動したッ!!
(by じゅんじゅん)


 さらに「オマケパーツ」も充実しています。
 サキエル初期型には、第弐話での「初号機の頭部を掴んでいる状態の腕」も入っていたり、後期型にはこれまた第弐話での「初号機の頭を貫いている腕」が。
 UN戦闘機には初号機の「ハンドガンを持っている腕」とかが入ってます。
 上の写真でも、ヒザをついた方にはハンドガン腕を付けてあります。
 組み合わせるとこういうのも可能。



★サキエルに頭を捕まれる初号機

 プラ板とかで第三東京市街のジオラマとか作っても面白いかも。


 ただ、難点もありまして…
 カプセルの中で商品を封入しているのが、従来のような「ビニール袋」じゃなくて、黒いパサパサしたビニールなんですよ。
 これがとにかく「開けづらい!!!!!」。

 いや、開けづらいだけならいいんです。
 無理にビッ! と開くとですね、その勢いで中のパーツが吹っ飛ぶんですよ。
 で、中のパーツが吹っ飛ぶだけなら良いんですよ。「これまでのガチャ程度のパーツ数・パーツの大きさ」なら。
 困ったことに「エヴァ初号機」のパーツ数&パーツの細かさは、過去のガチャ史上でも稀に見る(というか、たぶん史上最高・最強)の代物です。
 頭なんか「小指の爪より小さい」ですからね。小豆くらいの大きさです。
 開けるときは要注意。
 店頭での開封は避けた方がいいでしょう。
 ビニールを開けるときはハサミを使った方がいいです。


 で、「ガチャファイトじゃない」どころじゃねぇよ!!
こりゃあ、ガチャファイトだッ!!

 とばかりにすぐに翌日再びアキバに行って、レッツ! ガチャファイト!!
 場所はガチャファイター達が群れるラジオ会館の4階!
 投げ込め、100円玉!!
 回せ、手首!!

 隣の台のヤツが「あと1回まわしてダメならあきらめだ!!」とか言ってます。
 負けるか! オレが目差すのはコンプだ!!
 でで、さらにつぎこむこと2000円弱でコンプ!
 いやー、なんかしんないけど、とにかく「初号機パレットライフル装備」が全然出なくてマイッタ…。

 いやもー、とにかく200円でいいからつぎこんでみ。
 できれば初号機を見て欲しい。



【了】

もどる