森里恵 ver,3
(『ああっ!女神さまっ!』より)・2
2002/06/22


 これは2001/08/14のオカノ通信「夏休みの工作」から4回に渡って掲載した物を、ドールコンテンツ独立に伴い修正した物です。
 写真などは同じです。




 ヘッドが無事に出来たところで、今度は

「これだけじゃない!恵ちゃんを演出するためには、何かキーワードとなるような小道具が必要なんじゃねえか?!」

 …と余計なことを考え始めました。
 う〜ん…でもそれは何だろう?





(思案中)






 考えた末に、も1つ作ったのがコレ!




 なんか見た目スゴイですが。(^^;;)
 コレは一体何か?!つーとですね、こうするためのヘッドです。





 ヘルメットは12インチ用の戦闘機パイロット用の物です。
 植毛ヘッドを作る時に失敗したヘッドがあったので、それを使って作ってみました。
(頭頂部から焦げ茶の毛が少し生えていますが、コレが失敗した部分。「分け目をつけること」を考慮していない植え方をしてしまったので失敗だったわけです)

 ドールヘアーはバージョン3に合わせたので「ミディアムブラウン」を使っています。
 写真を見てもらえばわかると思いますが、もちろんこれも「植毛」で作ったヘッドです。(まあつまり、全部「余り物」で作っているんです。)

 写真ではわかりませんが、そのままヘルメットを被せるとブカブカなので、いらないスキンヘッドの頭部上面を切り落とした物を頭とメットの間に挟み込んでスペーサーにしています。

 作った恵ヘッドにそのまま被せても良いんですが、被せるときに頭を少しグッと圧さないとメットに入らないので、目とかが剥がれたりしてもイヤなので、メット専用のヘッドを作りました。

 ヘルメットを被せるなら、頭頂部などは見えなくなるから植毛する必要はないわけです。被せたときに見える部分だけ植えてみました。
 植毛で一番手間がかかったのが、密度を細かくキレイに植えなければならない頭頂部と周囲の生え際だったので、それを植えなくていいのはかなり楽です。
 バージョン4と同じく1日1・2時間の作業で、1週間もかからずに植え終わりました。

 どうせなので目の表情(瞳の向き)は前述の恵ヘッドとは変えてみました。(横を見ている)

 まあ、なんでこんなんを作ったのか?というと、マンガ劇中では恵ちゃんはバイクに乗っているので、「んじゃメットを被せてみましょう」と、それだけなんだけどね。
 劇中ではメタリックブルーに、真ん中にホワイトのラインが入った「コブラ」(車)みたいなカラーリングのジェットヘルメットを使っており、これを作っても良かったんだけど、なんとなく「この方がかっこよいので」戦闘機ヘルメットにしてあります。



 歴代の恵ちゃんヘッドを並べてみるとこんな感じ。



 ★歴代めぐみヘッド  あ!欠番扱いのバージョン2が…!


 ほとんど打ち首さらし首です。(^^;;)
 こうしてみると1の失敗点は髪の色・カッティングのみならず、「髪そのもののボリュームをカッティングで落としていなかったこと」にあることがわかります。(このへんがつまり「市販の植毛済みヘッドは、かなり多めに植毛されている」ということからくるわけです。)

 「何がオレをそうさせる?」ってなくらい恵ちゃんばかりです。
 たぶん今、日本で一番多くの恵ちゃん人形を作っているのはオレでしょう。間違いなく。
(ワタシの場合、基本アビリティが「ショートカット」なので、個人的な好みで言えば『パトレイバー』の野明を作りたいんだが、どーにもあのプロポーションがネックで…)


 んで!
 そういう理由でヘルメットヘッドを作った以上、やはりバイクに乗せてみたくなるのが人情です。(あああああ…また余計なことを…)

 「ヘルメットを被るヘッドを作ったからバイクに乗せたくなった…」という、明らかに方法と目的が逆転した事態に陥ってるんですが…。
(現実に置き換えた場合「あ!このシンプソンのヘルメットかぶりたいからバイクに乗ろう!!」とはまず考えないでしょう)


 しかし、恵は劇中で「カワサキ KSR」という、まあマイナーなバイクに乗っているんですが(このバイク50cc版と80cc版があるんだけど、たぶん恵が乗っているのは50cc版)、困ったことにこんなバイクは1/6のオモチャはもちろん、プラモですら発売されていないんでどーにもなりません。(実車も最近ついにカタログから消えた)

 しかたないからここは代車です。
(複雑な形状のバイクをフルスクラッチしようとは思わないぞ、さすがに。それが出来るくらいなら模型で食ってるでしょ。 ^^;;)

 代わりになりそうなバイクオモチャをショップで探してみましたが、基本的にこの手の物は「海外製」「12インチ男性人形用」なので、出ている車種がハーレーとかインディアンとかBMWとか第2次大戦時の軍用バイクとか、SWAT用のオフローダーとかそんなんばかりです。

 んで、どれもこれも「恵ちゃん」のイメージに合う物ではないので、仕方ないからプラモで探してみることに。
 しかし…こちらも困ったことに、意外と1/6のバイクプラモって種類が少ないんですな。
 ほとんど選択の余地がありません。
 その中から「(キャラクターの)雰囲気的に合いそう」&「乗せた時に足つき性が良い」という理由で、「ホンダ モンキー」に乗せることにしました。


 これはもう、イキナリ完成品を見せちゃいましょう。



★恵 with ホンダモンキー

 これはタミヤの1/6プラモです。
 こうやって見ると、モンキーってほんとに小せえなあ…。
 あ、よく見ると恵ちゃんの手にはグローブがはめられた状態になっていますが、これはボークスの「ソフビ性ハンドパーツ(グローブバージョン)」です。


 モンキーについて書いておくと、これといった改造はしてません。ほぼ100%ストレート組み。





 マフラー&キャブレター&リアサスペンションがカスタムパーツになってますが、これはタミヤが「モンキー2000年モデル」を発売したときにオマケで同梱したカスタムパーツを使っています。
 カラーリングは「いかにもホンダ」的なトリコロール…を狙ったんだけど、ブルーがホンダトリコロールにしては明るすぎ…つーか全然違う。(実車ではだいぶ前に本当のホンダトリコロールのモンキーがありましたが)

 タンクに貼ってあるナンバーとかのシールは、ジャンクで売っていた古い飛行機のプラモの物を使用。
 いちおー、マフラーやキャブなどから「それなりにカスタムしたマシン」って設定ですから、タンクのカラーもオリジナルにしてあってもおかしくないだろって事で。
 スポーティな感じがカスタムマフラーとかに似合っていてイイんではないか?と。
 ヘルメットのバイザー部分のイエローラインも、同じ飛行機のシールの余り物です。

 作っていて困ったのは、このモンキーのキットそのものはすでにかなり古い物なので、パーツにバリがあったり、塗装指示があるパーツにもメッキがバリバリかかっていたりと、「作りやすい」とは言えない製品です。
 特にメッキパーツはその部品数の多さもあって最後まで泣かされました。 (メッキがかかっていると塗装しても塗料が乗らないわ、接着は出来ないわ…なのだ。)

 じゃまなメッキは紙ヤスリなどで削って剥がすしかないんですが、剥がしにくい部分にまでメッキがかかっているので接着したパーツがポロポロ落ちるし、本当なら排気管に「焼き入れ」を模した塗装を施したかったんだけど、メッキの上からでは難しいので断念しました。

※実は「漂白剤を使ってメッキを剥がす」という技もあるんだけど、浸している時間のタイミングを誤ると、パーツが割れちゃうのでやりませんでした。


 オマケに強度があまりないパーツが多いので、最後の組み上げ時にいくつかの部分が壊れてます。(T_T)

 正直、プラモのキットを組み立てたのは3・4年ぶりなんですが、まさか「こんな理由」で再びプラモを作ろうと考えるなどとは思わなかったな…。(-_-;;)
 現在流通している1/6プラモの中には「スズキ KATANA1100」もあるので、コレを使って12インチ兵隊人形を改造すれば、すぎむらしんいちのマンガ『サムライダー』(古いなあ…)なんかも再現できますな。


【了】

もどる