2001年第3半期のTV表・1
2001/08/05


 相変わらず、ちょっと壮絶な日々でして。
 普段の労働量から考えたら「そんなに働くオカノちゃんなんて、オカノちゃんじゃないよ!!!」とか言われそうなくらい働いてます。
 おかげで今日のワンダーフェスティバルにも行けませんでした。泣ける…。(今日中に書かねばならない原稿があったので)

 なんかしんないけど、今週だけで毎日打ち合わせが2つほど入っていたり。
 ある日なんか、あやうく3つ目を入れられそうになって、いくらなんでもそれ以上打ち合わせしたら、1つ目の会議の内容が頭から消えかねないんでキャンセルしましたが。

 まあ、即死寸前な日々なんで、たまにある救いとかホッとする瞬間の存在ってのが巨大でして。
 昨日、オレが構成をやっている8月末にCSのアニマックスで放送するサンライズ特番のスタジオ収録に立ち会ったんですが、ここでも…

●出演者である加藤夏希ちゃん(『燃えろ!ロボコン』でロビーナちゃんをやっていた娘ね)の「地球連邦軍(もちろんガンダムの)コスプレ」を生で目の前で見ることが出来た。(いやもう、ムチャクチャ可愛かったんだわ、コレが。「ああ、コミケあたりにいる自称:コスプレアイドルは、所詮(自称)でしかないよなあ…」とか強烈に思いました)
●それを見た瞬間に「デジカメを持ってこなかったことを「深海艇わだつみ」すら探査できないくらい深く後悔した。
●んで、「ああ、30半ばにもなってアイドルの記念写真が欲しいなんて…オレってヤツぁ…」と思っていたんだけど、番組のブレーンを担当して貰っている氷川さんが横で同じ後悔をしていたのでホッとしたり。(いやあ、やっぱ欲しいよなあ…>加藤夏希の連邦軍コスプレ写真)
●そもそもスタジオに行ったらタイムキーパーが友人のお姉さんで驚いたり。
●しかも彼女はOTCいど氏の古い知り合いだったんで、さらに驚いたり。

 この日だけでビックリするくらいいろいろ起きました。

 こんな日々を送っているので、おかげでTVも今期はあまり見ている時間がないので、少な目です。

 いや、「少な目です」はいいんだけど、実は今回のテキスト、途中まで書いたところでミスって消しちゃってさ。(泣)
 マイッタ。
 なのでこの更新分は、毎日チマチマと書いていたので遅れました。(^^;;)


曜日 放送時間 ch 番組名 ジャンル
月曜日 18:30−19:00 BS11 『宇宙船サジタリウス』(再) アニメ
21:00−21:54 フジ 『できちゃった結婚』 ドラマ
火曜日 18:30−19:00 BS11 『学園戦記ムリョウ』 アニメ
21:00−21:54 フジ 『救命病棟24時』 ドラマ
21:15−22:00 NHK 『プロジェクトX』 ドキュメント
水曜日 10:30−10:45 『ぼうけん!メカラッパ号』 特撮
18:00−18:30 テレビ東京 『スクライド』 アニメ
18:30−19:00 BS5 『あぃまぃみぃ!ストロベリーエッグ』 アニメ
00:45−01:15 テレビ東京 『シスタープリンセス』 アニメ
木曜日 18:00−18:30 テレビ東京 『フルーツバスケット』 アニメ
18:30−19:00 BS5 『魔法少女猫たると』 アニメ
01:15−01:45 テレビ東京 『ノワール』 アニメ
金曜日 18:00−18:30 テレビ東京 『ウェブダイバー』 アニメ
23:09−00:03 テレ朝 『生きるための情熱としての殺人』 ドラマ
02:30−03:00 テレビ東京 『Z.O.E』 アニメ
03:10−03:40 テレビ東京 『コスモウォリアー零』 アニメ
土曜日 09:30−11:00 BS11 『ちゅらさん 総集編』 ドラマ
17:30−18:00 TBS 『逮捕しちゃうぞ』 アニメ
18:00−18:30 TBS 『ウルトラマンコスモス』 特撮
00:50−01:20 テレビ東京 『PROJECT ARMS』 アニメ
日曜日 08:00−08:30 テレ朝 『仮面ライダーアギト』 特撮
08:30−09:00 テレ朝 『も〜っと!おジャ魔女どれみ』 アニメ
09:30−10:00 テレ東 『コメットさん』 アニメ
17:20−17:50 テレ東 『エンジェリックレイヤー』 アニメ
19:30−20:00 フジ 『ワンピース』 アニメ
21:00−21:54 TBS 『恋がしたい恋がしたい恋がしたい』 ドラマ
       (放送曜日・時間 及び放送局は東京エリアの物です)

 前述のように、ちょいと仕事が多忙になっているので、上記リストに入れてあってビデオは録ってあるんだけど、まだ見ていない作品がいっぱいあるので、とりあえず見た物の中から気になった物だけをピックアップしました。
 んで、忙しいことと関係あるのかどうか不明ですが、アニメが多いです。(1本30分弱で見れるから?)

 全部書いていると大変なことになりそうなので、主立ったものだけ書いていきますよん。


月曜日

★『できちゃった結婚』
  脚本:吉田紀子
  出演:竹野内豊、広末涼子、石田ゆり子、阿部寛、千葉真一、沢村一樹ほか

 まあブッチャけた話、「広末が出ているんで見ている」程度なんですけどね。
 つか、他に語るべき事ないし。
 そもそも主人公達の行動がただの無責任一歩手前なんで「大人としてどうよ?」というか。
 面白ポイントとしては、千葉真一がこういうドラマに出ているのって実に珍しいというか、前シーズンの『ムコ殿。』における宇津井健じゃないですけど、こういうキャスティングは個人的には好きです。
 しかも「ムチャクチャ古風でアタマの固いオヤジ役」。
 はまっていると思います。(^^)
 「子供が出来ちゃったんで娘さんと結婚させてください!」と言いに行った先であのオヤジ出てきたら、そりゃ大概の男はビビリますな。(^^)

 んで、目的であった広末なんですが、すんげー気になるんだけど、あんなに声がしゃがれてたっけ?
 声だけ聞いていると遠藤久美子と区別付かないくらいしゃがれてるんだけど…?
 まあ、商品的な旬はもう去ってしまったと思ってはいるんですけどね。
 冷静に考えると、あまり作品に恵まれていないような気もしますね。>広末
 個人的に広末が出たドラマで好きな作品って『魔法のキモチ』くらいかなあ。


火曜日

★『救命病棟24時』
 脚本:福田靖、橋部敦子
 出演:江口洋介、松雪泰子、須藤理沙、伊藤英明、渡辺いっけい、宮迫博之、小日向文世、田畑智子ほか

 以前放送していたのの第2シーズン。
 個人的にはメイン脚本が福田靖氏なのがチェックです。
 この人のシナリオは、ちょっと当たりハズレがあることは事実で、ハズレだと「やけに都合良く物語が展開しちゃう」んだけど、当たりだと実に巧みな展開やアイデアを見せてくれます。
 意識が戻らない子供と、末期ガンの老人の話はちょっと泣いてしまいましたよ。

 前シリーズのラストで主人公・進藤の奥さんは植物状態から奇跡的に目覚めて終わったんですが、今シリーズでは第1話でイキナリ「あの後、奥さんは死んでしまって…」ということが明かされて、なんかもー、コミックバンチで『シティーハンター』の続編を読んだときのような気分です。(香ちゃんがイキナリ死んでいた)
 「もしかして、進藤を独身って設定にすることによって、松雪やら前作からの連続登場となる須藤とのラブ模様とか描く気なのかしらん?」という不安がありますが…。そんなん全く入れなくていいと思うので。

 キャスティングは前述のように、前シリーズから連続登場となるのは主人公の江口以外では看護婦の須藤理沙だけですし、「進藤に奥さんがいたこと」もそれほどウェイト大きく描かれていないので今シリーズから見始めてもOKだと思います。
 その他のキャスティングについては、前シリーズより好きだな。
 面白い俳優をたくさん使っていると思います。
 NHKの朝ドラマ『私の青空』に出ていた田畑智子が看護婦役で出ているのもマニアにはチェックでしょう。(どういうマニアよ?)
 ただ、松雪泰子(の与えられるキャラクター)が、ある意味「パターン化」しているという感が強いんですが。(『きらきらひかる』などでやっていたようなキャラクターと、性格などが大して変わらない)

 内容的には第3話(だったか?)で、救命に運び込まれたTVマンが急死して、しばらくして「エボラ出血熱(みたいなやつ)」だったことが判明するエピソードがありましたが、コレ、オレとかはわりと笑えなくて…
 数年前に仕事で「キタム洞窟にやってくる象」ってのを扱ったドキュメントを番組でやったんですが、この時にディレクターが1人、現地に行ったんですけどね。
 行く前に構成考えながら資料読んでいたら、その目的地の洞窟ってのが、エボラ出血熱を扱ったドキュメント『ホット・スポット』にも出てくる洞窟で、エボラウィルスの生まれた場所じゃないか?と目されている洞窟だったんですな。(おいおい…)
 もちろん、感染源とかは未だ判明していないウィルスですが、そんなところに結婚式の1ヶ月前に行かされたディレクター。(爆)
 しかも、エボラだけじゃなく、近隣にある貧しい村はエイズが蔓延しちゃってるんですよ。
 しかもしかも目的の象はサッパリ現れず。
 いやもう、大変。(^^;;)
 んで、エボラは大丈夫でしたが、マラリアにかかって帰ってきました。>ディレクター
(現地で大変なことになったらしい)
 そんなことがあったんで、あのエピソードは結構ゾッとしましたね。

 作品以外で気になった部分として、エンドクレジットの後に「このドラマはフィクションであり…」っていうのが出るじゃないですか。
 あそこで「ドラマ内で使用している携帯タイプの電話は医療機器に影響を与えない“医療用PHS”です」とテロップが出るんですな。
 なるほどと思いました。
(でも、医療用PHSって普通のと何が違うのかしらん?名称だけからすると身体に良さそうだが、そういう物では無いのだろうな。)


 と、ここまで久々に更新で書きましたが、今週もテンパりそうなので続きはいつになるか不明です。(爆)

【了】

もどる