33歳児の地図
2001/07/21


★『FFX』

 『FFX』をちまちまとやっているッス。
 今のオレの生活スケジュールはこんな感じッス。

11時頃……起きる。ゴハン。ビデオで『ちゅらさん』を見る。
13時頃までゲームをしたり、その他のビデオを見たり、模型をちょっと作ったりしてから出勤。
23時頃……帰宅。夜ゴハン。3時頃までゲームをしたり、ビデオを見たり、模型を作ったり、ネットをしたり。

 んで、ようやくヒロインのユウナが登場ッス。
 実は買うまで、広告とかを見ても「今回のヒロインはオレ的にはクルものがないっつーの!!」と思っていたんだけど、実際にプレイしていたら、なかなかどーして…
 上は水着みたいな服なのに下は袴という、ワリとくすぐる物があるコスチュームっす。
 彼女の仲間・ルールーも、エロさが噴出している感じでたまんねッスよ!
 深夜、「ユウナは○○。ルールーは○○をさせたい感じだよね」(一応伏せ字にしてみた)と友人に話していたら、「オマエにはピュアな心が無い!!」とか言われたッス。
 ショッックのパー
 ナニ言ってやがる!!

 オレはピュアな邪心でいっぱいだっつーの!!

 …とか「ティーダしゃべり」はめんどくさいのでここまでとして、 過去の経験で言うと、オレと偶数の『FF』ってイマイチ相性が悪いんで様子見しながらやってますが。(『9』は結構好きだったんだけど)
 しかし、面白いかどうかはさておいて(おい)、マップ(というか移動)画面で「数年前のムービーCG以上のクオリティでキャラクターグラフィックが動く」ってのはある意味驚きというか感動ですな。
 『FF』シリーズ初のフルボイスも、今ンとこ悪く無いなあと言う感じです。(特にユウナね)
 細かい技術のことはわかりませんが、見た感じではムービー部分のCG(主にキャラクター)はコレまでとはどうやら違う作り方をしているらしく、以前の物とは動きとかレンダリングなんかが異なるように感じます。(マップなどでのCGと同じような作り方をしているような気がする。別の言い方すればマップ画面でのCGが本当に凄くなってるんだけど)
 セーブとロードのレスポンスがこれまでのPSのゲームの中でも格段に速いのも特筆すべき点でしょう。
 システムは相変わらず「なんだかまためんどくさい物を取り入れやがったから憶えるのが大変」だし、決めつけ的に書くけど、たぶんストーリーも悪い意味で「相変わらず」だと思うんだ。
 だけどやっぱ、これだけの物を「待たせずに」コンスタントにリリースし続けているってのは巨大な評価をしたいですな。


★何がそんなに怖いのだろう?

 先日、3年ブリブリに免許の更新に行って来ました。
 自慢にもなりゃしませんが、この数年で視力がかなり落ちた感じがビシビシしていて、正直視力検査にかなりの不安があったんですが…
 ほとんどカンで答えてきたんですが、なんとかなりましたよ。(^^;;)
 正直言うと、はじめの2つは見えてませんでした。(おい)


 問題はこの後にあった「2時間講習」でした。
 まあ、2時間講習があるって事はなんらかしらの違反をしたからなんですが、一体何を違反したのか?というと、数年前に50ccバイクに乗っていたときに「どう考えても二段階右折が不可能な作りの複雑な交差点」で「二段階右折違反」で捕まりました。
 いやもう、オマワリとモメましたよ。そりゃ。
 だって、どう考えたって二段階右折なんか出来ない作りなんだもの。

 いったん止まって右側に入ろうにも、そもそも何処に止まればいいのかすらわからぬ交差点で(つまり「十字型」ではないんですな)、しかも止まったが最後。右方向には信号が無いんで二度と発進できません。
 んじゃ、もっと先に直進していけば右折できるのか?というと、その先はひたすらUターン禁止の大通りでして。
 さらにもっと先に行っちゃうとですね、3キロ以上は回ってこなくちゃならないんですよ。
 右折レーンに入って曲がるしか道がないわけです。
 だけど、レーンに入って曲がると「二段階右折違反」。
 なんだそりゃ?
 謎を解かないと先に進めないというような『バイオハザード』みたいなお楽しみ要素は道交法には不必要だと思います。

 これがどんくらいムカついたかというと、キップ切られた翌日にバイク屋に行って「二段階右折」の制限がない110ccに即座に買い換えたくらい。(コレがいま乗っているヤツ)
 あの時オレにキップを切ったオマワリが、今頃は不祥事起こしてクビになっていることを切に祈るばかりですな。

 んで、この2時間講習ってのが…。
 さっさと済ませたかったんで、前日もチョット早めに寝て、久々に朝8時とかに起きて試験場まで行ったんですが…暑さと早起きで、強烈に気分が悪くなってきて…
 しかもタイミング合わなくて講習開始まで30分以上も待つハメに。
 で、待っている間にもどんどん気分は悪くなってきて、なんかもー、倒れそうな感じ。
 講習始まった頃にはヒドイ吐き気になっていて「どーしたものか」って感じだったんですが、居眠りしたり何だったりで何とかガマンしてきました。
 久々にパニック障害が発動するんじゃないかと思いましたよ。(いやもう、相当にヤバかった)

 んで、講習始まって、とにもかくにも周りを見ていて「あること」が気になったんだけど…
 なんかなー…あんだけ始まる前に言われても、講習中もずーっと携帯電話を気にしているヤツ(ほとんどが20歳前後の若者)がかなりいたんだけどさ。
 すっごい気にしてるのよ。
 しょっちゅう液晶を見ていて。
 なんなのかね?アレは。
 電源切ることがそんなに不安なのかね。
 うわべだけの友達からメールが来たときにすぐに確認できないことがそんなに怖いんでしょうか。どうせ(仕事などに関わるような)大した内容のメールをやりとりしてるわけでもないだろうにさ。
 メールが来たら即座にレス返さないと仲間はずれにされたりするのかね?
 「そういうことで他人と繋がっている自分を確認している」とかナントカという意見があるかもしれないけど、そういうレベルじゃなかったような気がするなあ。(そもそもそれで本当に他人と繋がっているということの代替行為となるかどうか?という問題はここでは割愛します)

 いや。もしかして、彼らは(偶然にも)全員、家族が今現在誘拐されたりしていて、犯人からいつ連絡があってもいいように待機していたのかもしれないけどさ。

 映画館で携帯を鳴らすバカってのも同じような人種なのかね。
 今回チト思ったけど、映画の上映中に携帯鳴らすヤツって「携帯の電源を切り忘れていた」んじゃなくて「はじめから切る気もない」ヤツらなのかも知れ無いなあ。

 んでまあ、そういう輩の特徴なのかなー?と思ったけど、どいつもこいつも偏差値低そうな顔だったよ。(←なんか問題のある書き方だなあ… ^^;;)
 オレなんかむしろ、仕事などの状況が許してくれるなら携帯なんか持ちたくないんですけどね。
 基本がヒキコモリだからかも知れないけど、どこにいても連絡が付いてしまうってのはオレはあんまり好きじゃないです。
 しかも、いくら小さくなったといっても、あんな物を常時ブラブラ持ち歩くのもうざったいし。
 まあ、仕事で必要なんでいつも持ち歩いてはいますが。(ちなみに、周囲からは「ミットモナイ」)と言われているけど、ネックストラップで首からブラブラ下げてます。でないと、どういうわけかやたらと床に落とすので)


 んで、講習も終わって、帰りに売店で「ピーポ君ストラップ」を買ってきました。
 コレって確か、一時期「大人気で警視庁内でも入手が困難!」とか言われていたんだよね。


【了】

もどる