2000年 第2半期のTV表 1
2000/04/16


 いつものコトと言ってしまえばそれまでだけど、体調が最悪です。ガッタガタな感じ。
 この数日、一度フトンに入ると12時間くらい寝てます。「寝てます」というか起きれません。しかもいっくら寝ても疲れがとれない…。
 まあ、ワタシの場合、こういう時期が年に何度かあるので、今回もそれでしょ。
 ムリに起きて動いていると、ヒドイ頭痛が起きるため(バファリン飲んでも治らない)、寝るしかないッス。オマケに睡魔が強烈になり、あまりにもヒドイときには道ばたで寝そうになります。(おいおい…)
 個人的には、睡眠障害の一種ではないか?と思っているんだけど。(ホントか?)

 …と、そんな体調の中、HP更新のため日曜なのに仕事場に来ているんだけど…。
 以前、このサイトで書いた仕事場近くの女子大生だかOLだかの部屋ですが…なんかヤッてます。日曜の昼間から。
 声が聞こえます。うるさい。せめて窓くらい閉めてヤれ。
 ガスガン乱射するよ。

 さてさて、番組改編期で春番組がいろいろと始まってますが、今のところオイラがチェック入れているのは以下の番組です。(ちなみにコレはビデオ録ってまでチェック入れている物に限っているので、流しで見ているバラエティとかニュースとかは外してあります。あとまだ放送開始していないけどチェック予定の物も書いてあります)


曜日 放送時間 ch 番組名 ジャンル
月曜日 18:30−19:00 BS5 『ゲートキーパーズ』 アニメ
21:00−21:54 フジ 『天気予報の恋人』 ドラマ
22:00−22:54 NTV 『永遠の仔』 ドラマ
火曜日 18:01−18:30 BS11 『だぁ!だぁ!だぁ!』 アニメ
18:30−19:00 BS5 『BOYS BE…』 アニメ
19:00−19:30 BS5 『オーディアン』 アニメ
22:00−22:54 フジ 『ショカツ』 ドラマ
水曜日 18:00−18:30 テレ東 『きらめきマン』 アニメ
18:30−19:00 BS5 『NieA 7』 アニメ
22:28−23:00 テレ東 『ラブひな』 アニメ
フジ 『スタートレック』 海外ドラマ
木曜日 20:54−21:48 テレ朝 『アナザヘヴン』 ドラマ
金曜日 BS5 『サードウォッチ』 海外ドラマ
22:00−22:54 TBS 『QUIZ』 ドラマ
土曜日 17:30−18:00 TBS 『サクラ大戦』 アニメ
21:00−21:54 NTV 『伝説の教師』 ドラマ
日曜日 07:30−08:00 テレ朝 『タイムレンジャー』 特撮
08:00−08:30 テレ朝 『仮面ライダークウガ』 特撮
08:30−09:00 テレ朝 『おジャ魔女どれみ#』 アニメ
       (放送曜日・時間 及び放送局は東京エリアの物です)

 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・しまった!!多いぞ!!今期は減らそうと思ったのに!!
 ま、見ながらどうでもいいのは減らしていくか…。
 てなことで、曜日順に感想など。例によって一気に書くと長いので数回に分けていきます。


月曜日

★『ゲートキーパーズ』
 総監督:佐藤順一
 シリーズ構成:山口宏
 キャラクターデザイン:後藤圭二

 少し前にゲームで出た作品のアニメ化らしいんですが、ゲームの方をやっていないんで詳しくは知りません。
 高度成長期末期の1969年(昭和44年)を舞台に、異世界の力を使ってインベーダーと闘うライトなアクション物…のようです。
 なんで1969年を舞台に設定したのかがまだ見えないんですけど、今のところ作画クオリティも低くはなく、そこそこ楽しめます。
 総監督が『セーラームーン』を手がけていた佐藤順一氏。キャラクターデザインが『機動戦艦ナデシコ』の後藤圭二つーのが「ウリ」でしょうか。
 また、主人公の母親の声を、「あの」ひし美ゆり子さんが担当しています。(『ウルトラセブン』でアンヌ隊員をやっていた人)

 ちなみに舞台となっている1969年は、オイラは2歳。
 うつら憶えなんだけど、あんなに道路ってすいていた(車少なかった)っけ?


★『天気予報の恋人』
 脚本:岡田恵和
 出演:佐藤浩一・深津絵里・稲森いずみ・矢部浩之

 オイラ、岡田氏の脚本はテレビ朝日の月曜ドラマインで放送していた『イグアナの娘』でメロメロにファンになっていたんですが、どういうワケかその後、フジテレビで脚本を担当した『ドク』をはじめとした数作は「イマイチ…」感が拭えなかったんですが…。
 んが!一転して昨年の『彼女たちの時代』は99年TVドラマ群の中で、良い意味で「佳作」として大評価。非常に良質な物語の見せ方・人物の見せ方にただただひたすら感心しました。
 んで、今回も『彼女たちの時代』と同じく深津ちゃんが主演。(^^)
 1回目を見た感じでは、やはり良質なドラマだなあ…と安心しました。
 何がいいって、『彼女たちの時代』もそうだったけどよくあるクサレ恋愛ドラマみたいに「誰と誰がくっついた・はなれた」だけで進めていくのではないのがいいッスね。
 「なんでその人に惹かれていくのか?」が丁寧に描かれています。
 …しかし、深津ちゃんファンとしては、なんで彼女があそこまで自分の容姿にコンプレックスを抱き、周囲も「美人じゃない」と思っているのかがわからんス。(^^;;)
 ちなみに、BBSにも書きましたが、オイラの深津ちゃんファン歴はひっじょーに長く『1999年の夏休み』での「深津絵里」としてのデビュー前!「水原理絵」名義時代からのファンだったりします。水原時代のCDも持ってますし!(^^)
 むか〜し出た写真集ももちろん、映画『満月のくちづけ』公開の頃に出たCDも持ってるッス。(^^;;)


★『永遠の仔』
 脚本:中島丈博
 出演:中谷美紀・渡部篤郎・椎名桔平

 原作はベストセラーらしいんですが、読んでません。(^^;;)
 ドラマの方は第1話で完全に引き込まれました。原作知らないので、ただひたすらベテラン・中島氏による脚本に圧倒されました。
 今後、再会してしまったトラウマーな3人がどういうドラマを展開させていくのかがサッパリわからんので、逆に楽しみです。
 中谷美紀は深津ちゃん共々オイラは激お気に入りなので、ある意味今期の月曜日は天国ッス。(^^)
 男優陣もいいねえ。狂気にとりつかれた役から優しい男、コミカルな役まで何でも見事に演じる怪優(だと思う)渡部篤郎はもちろんですが、椎名桔平もいいッスね。(『彼女たちの時代』も良かったね)
 とにかくスゴイ!!と思ったのは、主人公3人が抱える虐待され続けた幼少時の描写ですね。確かにそこをソフトに描写しちゃったら物語設定の根幹を揺るがしちゃうので当たり前といえば当たり前ですが、「げ!今のTVドラマでここまで描いちゃっていいんだ…」と思わされました。
 …とか思いつつクレジット見ていたら、製作はよみうりテレビなんですね。
 東京のキー局ではこの冒険は難しいんじゃないかなあ…
 しかし、かなりヘビーだよね…(-_-;;)
 『天気予報の恋人』に続けてみるのはちょっとツライかも…


火曜日

★『だぁ!だぁ!だぁ!』
 総監督:桜井弘明
 シリーズ構成:金春智子

 監督が『ナデシコ』『アキハバラ電脳組』『すごいよ!マサルさん』でもテンション高い演出を見せていた桜井弘明なんで。
 アレだね…、絵柄的に夏コミケではエロ同人誌がいっぱい出そうだね。
 そんだけ。(^^;;)


★『BOYS BE…』
 総監督:下田正美
 シリーズ構成:金巻兼一

 なんでオレはコレを見たんだろう?(-_-;;)
 脳味噌がくさりそうな春機発動期の異性のことしか考えていない高校生達が繰り広げる栗の花臭いオムニバス青春ラブラブドラマ。
 エロシーンのないエロアニメって感じ。
 物語は「あのコは今何をしているのかな?」「寝ても彼の夢を見ちゃう!」みたいな思考ルーチンが停止している連中が、毎回毎回気になるあのコにアタックしたりアタックされたり、ナイスガイな先輩(もしくはクラス男子)との2ショットを目撃してしまい落ち込んだり。
 んでもってなんだか付き合うことになっちゃったりする…というもので、オムニバスなのでシチュエーションと登場人物は毎回異なりますが、やってることは毎回同じです。
 第1話を見ていて、気がついたら握り拳がプルプルと震えていました。
 ぷるぷるぷる…
 こめかみには青筋だった血管がピクピクピク…
 思わず手の中のビデオのリモコンを握りつぶしそう。

「なんじゃ、コリャああッッッ!!あってたまるか!!こんな都合のいいコトがッ!!」

 「私じゃ…ダメかな?」

ダメッ!!!!!!!


 いいのか?!おい?!こんなん(原作含)見て、「世の中、こんなモンだ」とか、「これが恋!」だとか、「愛は誰にでもやってくる!」だとか、「想いは通じる!」だとか思っちゃったりするヤツがいたらどーすんだよ!!!???

悪書&有害番組追放!!

来ないよ!愛なんて!来ないよ〜ッ!!

 だいたい出てくる男女がどいつもこいつも「私、ブスだから」だの「オレはネクラでちび」とかなんとか言ってるけど、どいつもこいつも美形じゃねえかよ!!(雑魚キャラに至るまで全員)
 どんな世界だコリャ!!
 悔しかったら、『グリーンヒル』のリーダーみてーな男主役で、こんな話を見せてみやがれ!!


 疲れたので今回はここまで!!


 【了】

もどる