「今期のテレビ表・前編」
1999/10/25

 さてさて、季節も秋!そろそろクリが美味しい時期だけど、TVの世界も半年に一度の収穫シーズン。番組改編期がやってきた。

 まずは、今期、オイラがチェックしている(ビデオ録画してまで見逃さないようにしている)番組を一覧表にしてみたので、それをご覧下さい。

曜日 タイトル 時間 ch ジャンル
月曜日 『ベストフレンド』 20:00−20:54 10 ドラマ
『氷の世界』 21:00−21:54 ドラマ
火曜日 『カードキャプターさくら』 18:01−18:30 BS11 アニメ
『地球防衛企業ダイ・ガード』 18:00−18:30 12 アニメ
『鋼鉄天使くるみ』 19:00−19:30 BS5 アニメ
水曜日 『無限のリヴァイアス』 18:00−18:30 12 アニメ
『THE ビッグオー』 19:00−19:30 BS5 アニメ
『はみだし刑事』 21:00−21:54 10 ドラマ
『TEAM』 21:00−21:54 ドラマ
『隣人は密かに笑う』 22:00−22:54 ドラマ
『新スタートレック』 不定期 海外ドラマ
木曜日 『今、そこにいる僕』 19:00−19:30 BS5 アニメ
『バツ』 19:00−19:53 バラエティ
『3年B組金八先生』 21:00−21:54 ドラマ
『エクセル・サーガ』 01:15−01:45 12 アニメ
『頭文字D 2nd Stage』 01:55−02:25 アニメ
金曜日 『∀ガンダム』 16:55−17:25 アニメ
『美しい人』 22:00−22:54 ドラマ
土曜日 『ウルトラマンティガ』(再) 06:00−06:30 特撮
日曜日 『救急戦隊ゴーゴー5』 07:30−08:00 10 特撮
『GTO』 19:30−20:00 アニメ
『アリー・myラブ2』 23:45−00:30 海外ドラマ
※ch表記は東京エリアでのものです

 コレだけで結構な長さになってしまった…(^^;;)
 ドラマが8本に、アニメ・特撮が12本ですか。
 世間一般と比べるとどうなんでしょうかね。この本数は多いんでしょうか、少ないんでしょうか?
 自分では「ちょっと多いかなあ?」と思っていて、これら全部を見ていると仕事や生活にも影響することが1週間目でわかった。
 あと3時間分は減らさないとダメだなあ…

 で、それはともかくとして、これらの感想などを。
 あ、全部取り上げるとスゲエ長くなるので、適当にピックアップして書きます。

 まずは月曜日!
★『ベストフレンド』
脚本:矢島正雄
出演:前田愛(!)・加藤あい

 まあ、なんスかねえ…コレについては「いい」と書いても誰も信じてくれないような気がする…
 「だって、愛ちゃん出てるんなら、オカノ的にはそれだけでOKっしょ?!」みたいな…(^^;;)
 まあ、そうなんですけどね。特番含めてS−VHS標準で保存録画してますし。
 でも「月曜ドラマイン」の枠にハマッた物語で、今後の展開にも期待です。


★『氷の世界』
脚本:野沢尚
出演:竹野内豊・松嶋奈々子

 今期のドラマ全般の特徴として言えるのが、「とにもかくにもミステリー物が多い!!」って事。それも少し前に放送されていた『眠れる森』みたいなヤツ。
 まあ、あれのヒットを受けての二番煎じ企画が多いって事なんでしょうけど、この番組はその『眠れる森』のシナリオを書いていた野沢氏によるもの。
 今のところの出だしはGOOD!謎が謎呼ぶスピーディな展開!に相変わらずグイグイと引き込まれてしまいます。
 保険金殺人疑惑ってのもまあ、旬というか何というか…一歩間違うとアメリカのゴミクズ映画みたいに「流行の社会事件にだけは敏感」な内容になってしまう可能性もありますが。
 ちょっと意外(?)だったのが松嶋奈々子。不気味というか全く感情を見せない役を上手く演じており、オレ的には評価を改めています。
 ただなあ…野沢氏って、風呂敷の広げ方は最高に上手いと思うんだけどさ…どーにも閉じ方がヘタクソというか…『眠れる森』なんか、あれで閉じたと言えるのか?(『週刊アスキー』の4コママンガ「90くん」でもネタにされていたけど)
 最後までちゃんと見せて欲しいですね。


 続いて火曜日!
★『地球防衛企業ダイ・ガード』
監督 水島精二
シリーズ構成・脚本 志茂文彦

 アニメです。
 まあタイトル通りの内容っちゃあ内容なんですけど。
 突如東京近郊に出現した謎の怪獣に、セキュリティ専門の会社の社員がロボットに乗って立ち向かうってなストーリー。(だけど会社だから、ロボット動かすにも書類に上司のハンコやら何やらが必要という… ^^)
 作り方、話しの見せ方、視聴者の食いつかせ方…という点では、数年前にヒットした『エヴァンゲリオン』の文法を模倣しており、最近オタクの間で使われるようになってきた「エヴァ物」ですな。
 面白いとは思うんだけどさ。映像演出も「振動が起きると映像がブレる」という映画『ハンバーガーヒル』なんかでやっていたようなことを、わざわざアニメでやっていたりしているし。
 ただなあ…別の言い方すると、今ンとこ、全てがあり物からの流用で、それをアレンジすらしていないんだな。「企業体質なロボット運用」ってのも、すでに『パトレイバー』がやっちゃったし。(あれは警察だからもっとめんどくさい運用されてましたけど)
 そのへんのアレンジを今後どうしていくか?ですね。

エヴァ物…マンガ家のとり・みきかゆうきまさみが「ディズニーの『ライオンキング』は『ジャングル大帝』のパクリか?」について雑誌で書いたことが元ネタで、「二番煎じは盗作と言われる。三番四番と同類の作品が作られれば『ジャングル大帝もの』というジャンルが成立して、盗作とは言われなくなる」ってコト。
 「エヴァンゲリオン」以降増加した「エヴァ風の作品」に対し、「ここまで増えちゃったら、もうパクリとかではなく「エヴァ物」って言っていいでしょ」とNifty-serveの「オタクアミーゴス会議室」で命名された。
 言われてみりゃ、最近流行の「サイコサスペンス映画」も、最初の頃は『羊たちの沈黙』のパクリだの二番煎じだのと言われてたもんなあ…


 んで、水曜日!
★『無限のリヴァイアス』
監督 谷口悟朗
シリーズ構成・脚本 黒田洋介

 これもアニメ。
 いまのところ、面白いのかつまらないのか何とも判断つかないんだよなあ…
 ただ、どうやら本格的なSFをちゃんとやりたいのかなあ?とは思っているんですけど。そうだったら面白いかもね。
 でも、SFタームとかがホントーに日常的にポンポン飛び交う世界なんで、間違いなくお子様は付いてこれませんね。
 そういう意味では「どー考えても、夕方に放送する作品じゃないよな」というか、深夜枠の作品だよなあ。
 シリーズ構成・脚本を、ここ数年作品に恵まれてきたというか、おもしろい作品を手がけている黒田洋介氏が担当しているので、しばらくは様子見。
 しかし、小中千昭氏と並んで、今期のアニメは黒田脚本が多いなあ。


★『はみだし刑事』
脚本 今井詔二ほか
出演:柴田恭平・吹風ジュン・前田愛(!)・風間トオル・平泉成

 まあ、これも愛ちゃんが出ているので…(^^;;)
 第4シーズンとなった今回は、第1話でついに兵吾君が自分がみゆきちゃんの父であることを告白。
 どうやら、2人の親子関係が築かれていく課程を描いていくようです。


★『隣人は密かに笑う』
脚本 橋本以蔵ほか
出演:本木雅彦・水野真紀・大塚寧々・神田うの・吹越満・石橋凌・袴田吉彦

 これもミステリーだねえ。
 第1話見ていて、あまりの展開の早さに、てっきり「毎回1話完結のオムニバスドラマ」かと思った。
 出演者がオレ的にそれほどクル物が無いというか…
 モックンはいいですけどね。神奈川県警所属なんですか?ってなくらいの活躍(ストーキング)ぶりを見せてくれます。
 マジで神奈川県警の人たちは「これはドラマだから」とは言えんよなあ…(^^)


★『新スタートレック』

 野球シーズンも終わったんだし、ちゃんと毎週放送してくれ。>フジテレビ
 日本中で、東京での放送が一番遅れているぞ。
 まだ1シーズン半ぶんも残っているというのに…このペースじゃ最終回まであと1年以上かかるねえ…

 てなコトで、木曜日以降の作品については、また次回。

【了】


もどる