(11)レイテ沖海戦

囮作戦は成功したのか?

 サイパンが米軍に占領された事によって、戦略爆撃機B−29によって本土空襲が可能になってしまった。そして、米軍の次の目標は、そのまま硫黄島から本土に向かうコースと、フィリピンから沖縄へ向かうコースとに分かれたが、結局マッカーサーが強く主張した後者が採用され、フィリピン奪還に向かう事になった。一方日本は、東条内閣が総辞職して小磯内閣が発足したが、戦争の継続は変わらなかった。しかし裏では、和平工作をすす事になっていた。そのような状況下でフィリピンは本当の最終決戦とされた。全力を挙げてフィリピンを死守すべし、だったのだが、実際はサイパンが占領された事によって、完全に太平洋の制空権が奪われていた。従って最終決戦も何もないような状況であったのである。
シブヤン海海戦
兵力 経過 結果
スリガオ海峡海戦
兵力 経過 結果
エンガノ岬沖海戦
兵力 経過 結果
サマール島沖海戦
兵力 経過 結果