▲click
Flight Plan
Co-pilot  (ASA OB)

2003/2/9
JAL乗員訓練センター
1.副操縦士の仕事を知る
2.英語で遊ぼう
1.ASAOB酒井副操縦士を招いて
2.役立つ英会話を学ぶ

★ ASA OB  ★



日本航空システム(株)

酒井 副操縦士

今回は、現役で副操縦士として活躍し、そしてASA OBでもある酒井リーダーを講師にお招きしました。

航空機関士

酒井リーダーは、航空機関士から副操縦士になられた方です。航空機関士時代の貴重なお話や、現役コパイロットならではのコックピット内のマル秘話などもあり、毎回ユーモアたっぷりのお話でスカウトのみんなを夢が膨らむ楽しい空の世界へ運んでくれます!?



★ ASA リーダー ★

      

インターナショナル
スクール教師
田中 小静
Koshizu Tanaka


現在は母校のインターナショナルスクールの日本語教師。小静リーダーの英語の講義は、とても実践的。学校で習う英語の授業とは違い、すぐに使える英会話を伝授。ご自身も国際色豊かなインターナショナルスクール出身であり、講義で世界中の文化の話が聞けるのも小静リーダーならではのもの。


ASA創設者である長野機長が会長の時代からご主人の田中リーダーと共にボランティアでASA のリーダーの活動を続けている。お父様は元JALの国際線パイロット。幅広い知識でASAの英会話の担当はもちろん、国際交流など全ての分野でいつもスカウト達と一緒に活動のサポートをして下さっているASA自慢のリーダーです。
 Report

 
CO-PILOT  j.c

こんにちは、副操縦士の新海元です!
世はドラマ「グッドラック」が大ブームの最中。粋な酒井リーダーのご挨拶。何でもパイロットの仲間内でも視聴率が高かったというお話。でもホントのパイロットの世界はいかに!


この日のテーマは「飛行機が飛び立つまで・・・PART2」前回PART1 も「
知ってるつもり?ジャンボの秘密、不思議な話」をして講義を盛り上げてくれた酒井リーダー。今回の講義も十分期待できそう!と、さっそくリーダーから配られたのはアルファベットと数字しか書かれていないA4サイズの1枚の謎の紙と少し大きめの地図。なんだこれ?
この紙は「
フライトプラン」と言うもので、飛行機が安全に航行するために欠かせない飛行情報を簡略化した英文字と数字で記載されてる大変重要なもの。そして実際にパイロットがブリフィングで使用する貴重なものでした。

机上の副操縦士、札幌まで飛行体験

地図を追いフライトプランを見ながら、羽田での管制官とのやり取り。飛び出す言葉は難しい航空専門用語でいっぱい??

飛行機の燃料の単位はポンドです。ご存知でしたか?
リーダーから「では、このプラン表の
GSとは何の略文字だかお分かりになりますね?」との質問。
「はい、
ガソリンスタンドです」と即答すると、「惜しいですね?!地上速度=Ground Speed の略です」とリーダーの答。質問のやりとりも楽しい酒井リーダーの講義。その酒井リーダーのトークの魔法にかかると、難しかい沢山の用語もなぜかすらすらと理解できてしまう。
ASAも素晴らしいOB を送りだしているのだなと敬服。(^^)

次に安定飛行に入ったことを想定し、地図をおって飛行します。「ベルトサインが消えると機内サービスも始まるのですが、それと同時に、お客さまより、窓から見えるあの山は何という山ですか?などのご質問がよくあります。このようなこともサービスに欠かせない知識ですね。小学校5年生あたりの社会科の問題。何という山でしょう?」とリーダーから質問が。確かに小中学校で習った知識。でも瞬時に思い出せないのが現状。柔軟でどんなことにでも
臨機応変に対応できる幅広い知識も必要なのだ!操縦室では安全だけでなく、顧客へのサービスを心がけることも決して忘れない姿勢がもとめられます。


そんなこんなの試練?を乗り越え、ようやく無事に札幌へ着陸。気がつくと私のフライトプランは副操縦士の仕事を書き込んだメモでいっぱいになっていました。しばしの机上での副操縦士体験、ホントの所はキムタクのように格好良いばかりではないぞーというのが実感です。




- Co-pilot
 2003/2/9 -



▲TOP▲