**** ACAJ (ASA) の目的と概要 ****


 

目 的

Purpose

 ACAJ 航空宇宙青少年協会は、青少年に航空・宇宙に関する知識の修得並びに種々の体験を通して科学する力を醸成する事業、各国の航空青年との国際交流活動を通して交流国と相互の文化・歴史の理解を深め、団体行動を通じて協調性や品性を醸成する事業を行い、青少年の健全な育成に寄与することを目的としています。

  ご挨拶 - Greetings from the Chairperson

 若者の未来には無限の可能性があります。この度日本全国の航空宇宙に興味を持つ青少年がIACEA を通じ世界の青少年と交流する機会を与え、次代の日本を背負う視野の広い健全な青少年の育成を目的として特定非営利活動法人航空宇宙青少年協会を設立いたしました。関係各位におかれましては、その趣旨をご理解頂き当協会活動への多くの方々の積極的ご参加をお待ちしております。   



宇宙航空青少年団
Aerospace Scouts Association : ASA

 

目 的

Purpose

 

cut/gaiyou-image.jpg

 

 

創 立 趣 旨

Founding Purpose


cut/asa-mark-1.jpg

さあ!君も未来への翼をひろげてみないか
未来への夢と科学する心をー

宇宙航空青少年団創立者 長野 英麿

 子供の心の中には、計り知れない様々な夢や興味が満ちあふれています。そしてそれは子供を大きく育てる力となります。宇宙航空青少年団は、次代を担う子供たちが、現代科学の集約された「宇宙・科学」を通じ「科学を見る眼」を育み、将来の科学時代に対応するための素材を提供します。そして次の世代の夢と希望と行動への基礎づくりの一端に協力したいと考えています。

 宇宙航空青少年団は、ライト兄弟による歴史的な初飛行(19031217)の記念日にあたる19821217日に設立されました。以後設立趣旨に賛同してくださった数多くの協力者に支えられて成長を続けており、各企業、機関のご支援を得て積極的な活動を展開しています。

 宇宙航空青少年団は、社会教育の場です。宇宙・航空分野を通じ、知識と実習・実技を含む教育・訓練のカリキュラムを作成し、優れたリーダー達と共に学び、考え、行動することを通して、団員を育成することを目的としています。科学は、時代と共に発展し推移するもので、その指導概念や訓練方法は固定されるべきものでなく、常により良い形を求め続けなければなりません。また同じ目的を持つ他の国の団体と交流することも必要です。このような活動は、教育、宇宙・航空に携わる関係各位のご支援はもとより、社会各層におけるご理解とご協力を得なければ成り立つものではございません。新しい時代への、一つの使命としての我々の努力に対し、皆様のご協力を心からお願い申し上げます。


 

沿 革

History

 


 19821217日、ライト兄弟初飛行の日(19031217)を記念して設立されました。現在は、国際航空青年交流協会(IACEA)に日本代表として加盟し、国境を越えてますます積極的な活動を展開しています。


 

IACEA

International Air Cadet Exchange Association

 

cut/iacea.gif

 第二次世界対戦においては、多くの尊い命が失われました。この反省に立ち、「戦争を未然に防ぐためには、若人同士の友情を育み、理解を深めることが重要」との認識に立ち、1947年、英国とカナダが航空に興味のある若者たちの交換交流を始めました。
 後に、IACEA(国際航空青年交流協会)として設立され、現在21カ国が加盟しています。ASA宇宙航空青少年団は、1989年、日本を代表する組織として推薦を受け、IACEAに加盟。1991年より、海外の航空青少年団体と国際交流を行っています。


 

構 成

Organization


 

asa-photo/dan-in/asa-danin-1.jpg

宇宙航空青少年団の構成員

宇宙航空青少年団は、団員(スカウト)と指導員(リーダー)とで
構成し、スカウトは性別や国籍を問うことなく活動していました。

/cut/cap-2.jpg

活動は、航空界他各界の社会人のリーダーの
指導の下、スカウトの参加型で行われました。