柳田 悠岐(やなぎた ゆうき)

 広島商から広島経済大を経て10年ドラフト2位で福岡ソフトバンクホークスに入団。大学時代は1年秋に早くも.406で首位打者を獲得。その後も2年春は.444で2位、秋は.371で3位と安定した打率を残した。3年春に打率.528と驚異的な数字で2度目の首位打者と初のMVP。秋も.386で3度目の首位打者。4年春は.417ながらベストテン4位止まりだったが、秋は.439で4度目の首位打者に6度目のベストナインとその実力は突出していた。大学通算276打数118安打の打率.428、8本塁打、60打点。

 1年目の11年は6試合で5打数ノーヒット3三振と一軍では結果を残せなかった。ファームでは規定打席不足ながら13本で本塁打王となり、打率.291に20盗塁と好成績を残した。翌12年は6月にプロ初安打と初打点、8月に初本塁打と実績を残し68試合で48安打の打率.246。3年目の13年は後半レギュラーに定着し、104試合で88安打の打率.295。11本塁打・10盗塁とそれぞれ二桁の数字をマークした。
 4年目の14年は完全にスタメン定着を果たし全試合に出場して15本塁打・70打点・打率.317・33盗塁の好成績。ベストナイン・ゴールデングラブに選出され、初出場したオールスターの第2戦では本塁打を含む4安打でMVPに輝いた。

 一躍リーグを代表する選手となった14年だったが、15年はさらにレベルアップ。182安打を放ち打率.363て首位打者獲得。さらに34本塁打・32盗塁でトリプル3も達成した。チームの2年連続日本一に大きく貢献しシーズンMVPに選出された。
 16年は4月末で打率.236と出遅れたが、5月は月間.346、6月も.330と調子を上げてシーズン打率も3割に到達。2年連続トリプルスリーを目指したが、9月最初の試合で右手薬指を骨折、以後のシーズンを欠場する事となった。
 17年は終盤に右脇腹を痛め、タイトルは逃したがリーグ3位の31本塁打に2位の99打点と前年から大きく数字を伸ばしベストナインに返り咲いた。また、両リーグトップの得点圏打率.379をマークしてチームの日本一に大きく貢献した。

 18年は開幕からコンスタントに打ち続け、打率.352で3年ぶり2度目の首位打者を獲得。36本塁打・102打点も自己ベストで、打率に加え長打率・出塁率・得点圏打率もリーグ1位という充実のシーズンとなった。

 MVP1回(15)。首位打者2回(15、18)、最高出塁率4回(15〜18)。ベストナイン4度(14、15、17、18)、ゴールデングラブ4度(14、15、17、18)受賞。月間MVP5回(14年5月、15年8月、15年9月、17年6月、18年5月)。オールスター出場5度(14〜18)、14年第2戦でMVP受賞。日本シリーズで14年と17年に優秀選手賞受賞。1988年10月9日生まれ。右投げ左打ち。

年度別打撃成績(赤字はその年のリーグ最多記録)
    試合 打数 得点 安打 二塁打 三塁打 本塁打 塁打 打点 盗塁 犠打 犠飛 四死球 三振 打率(順位)
11 ソフトバンク 6 5 1 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 3 .000
12 ソフトバンク 68 195 17 48 10 1 5 75 18 6 2 0 15 56 .246
13 ソフトバンク 104 298 48 88 19 2 11 144 41 10 0 0 39 96 .295(15位)
14 ソフトバンク 144 524 91 166 18 4 15 237 70 33 0 3 88 131 .317(3位)
15 ソフトバンク 138 502 110 182 31 1 34 317 99 32 0 1 102 101 .363(1位)
16 ソフトバンク 120 428 82 131 31 4 18 224 73 23 0 0 108 97 .306(5位)
17 ソフトバンク 130 448 95 139 30 1 31 264 99 14 0 7 96 123 .310(2位)
18 ソフトバンク 130 475 95 167 29 5 36 314 102 21 0 5 70 105 .352(1位)
                                 
8年 840 2875 539 921 168 18 150 1575 502 139 2 16 518 712 .320