山田 哲人(やまだ てつと)

 大阪・履正社高から10年ドラフト1位で東京ヤクルトスワローズに入団。高校時代は3年夏の甲子園に出場し、聖光学院戦で本塁打を放つ。プロ1年目はファームでじっくり育てられ、114試合で打率.259、5本塁打、17盗塁。この年のクライマックスシリーズ第2ステージで一軍デビューしたが、3試合で打率.182に終わった。2年目は4月の阪神戦で初打席初安打、8月の巨人戦で初本塁打初打点を記録。3年目の13年に後半二塁のレギュラーに定着。94試合で99安打を放ち、打率.283と合格点の数字を残した。

 14年はリーグ最多の193安打で打率.324をマークして一気にリーグを代表するバッターとなった。長打力も大きく成長して、リーグ3位の29本塁打を記録してベストナインに輝いた。15年も勢いは止まらず、球団初となる年間3割30本塁打30盗塁を達成。同一シーズンでの本塁打王と盗塁王の獲得は史上初の快挙。チームも優勝して文句なしのMVPに選ばれた。
 16年も好調で夏場までは打撃タイトル独占の勢いだったが、7月下旬に死球を受け背中を痛めて登録抹消。10試合欠場して復帰し、9月に入ると8試合で5本塁打と調子を取り戻した。6日の試合で30盗塁も決めたが、11日の試合でまたも死球を受け、以後閉幕まで42打数3安打の打率.071と大苦戦。それでも最終戦まで休まず出場し、史上初の2年連続トリプルスリーを達成して3年連続ベストナインに選ばれた。

 17年は開幕前のWBCに選ばれ、全試合に先発出場して7試合で打率.296。2次ラウンドのキューバ戦では2本塁打を放った。しかし公式戦に入るとバットは湿り、4月末で打率.191と低迷。7月末でも.223と不振は続き、8月以降で.295と巻き返したが年間打率.247と過去3シーズンからは大きく数字を落とした。
 18年は4月末で打率.264とスタートこそ悪かったが、シーズンが進むにつれ調子を上げ、7月には月間打率.425で6度目の月間MVPを受賞。そのまま波に乗り、前年の不振を振り払う打率.315、34本塁打、33盗塁で3度目のトリプルスリーを達成した。

 15年8月20日の中日戦から21日の中日戦にかけて4打数連続本塁打の日本タイ記録。15・16・18年に年間3割30本塁打30盗塁で、3度達成及び2年連続は共に史上唯一の記録。15年の日本シリーズ第3戦で史上初の1試合3本塁打。

 MVP1回(15)、本塁打王1回(15)、盗塁王3回(15、16、18)、最多安打1回(14)、最高出塁率1回(15)。ベストナイン4度(14〜16、18)受賞。月間MVP6回(14年8月、15年7月、8月、9月、16年6月、18年7月)。オールスター出場4度(14〜16、18)。日本シリーズで15年に敢闘賞受賞。WBC出場1度(17)、プレミア12出場1度(15)。1992年7月16日生まれ。右投げ右打ち。

年度別打撃成績(赤字はその年のリーグ最多記録)
    試合 打数 得点 安打 二塁打 三塁打 本塁打 塁打 打点 盗塁 犠打 犠飛 四死球 三振 打率(順位)
11 ヤクルト 一軍出場なし                       .
12 ヤクルト 26 44 5 11 2 0 1 16 1 0 0 0 5 11 .250
13 ヤクルト 94 350 50 99 13 2 3 125 26 9 3 3 40 37 .283
14 ヤクルト 143 596 106 193 39 1 29 321 89 15 2 5 82 95 .324(3位)
15 ヤクルト 143 557 119 183 39 2 38 340 100 34 0 3 86 111 .329(2位)
16 ヤクルト 133 481 102 146 26 3 38 292 102 30 0 4 105 101 .304(6位)
17 ヤクルト 143 526 79 130 25 1 24 229 78 14 0 1 97 132 .247(24位)
18 ヤクルト 140 524 130 165 30 4 34 305 89 33 0 3 110 119 .315(10位)
                                 
8年 822 3078 591 927 174 13 167 1628 485 135 5 19 525 606 .301