坂本 勇人(さかもと はやと)

 青森・光星学院高から06年ドラフト1巡目で巨人に入団。高校3年春の選抜大会では初戦で敗れたものの3安打の活躍を見せた。入団1年目はファームでショートのレギュラーとして起用され、77試合で81安打を放ち打率.268。終盤一軍入りし9月6日の中日戦で延長12回決勝タイムリーを放ち、プロ初安打を記録した。翌08年は全試合に出場して8本塁打を含む134安打を放ち打率.257と早くも一軍定着を果たした。この年4月6日の阪神戦でプロ初本塁打を満塁ホームランで飾ったが、これはセ・リーグ最年少となる19歳3カ月での満塁ホームランだった。
 3年目の09年は打撃面で大きく成長し、リーグ2位の178安打で打率.306と活躍しベストナインに選ばれた。高卒3年以内の3割打者はドラフト制後7人目の快挙だった。

 10年は長打力に磨きがかかり31本塁打をマークする半面、打率は.281と前年からは下がってしまった。それでも2年連続リーグ最多となる107得点に自己最多の14盗塁と数字を伸ばし、チームの中心選手に成長した。11年はシーズンを通して調子が上がらず、盗塁を除くすべての部門での数字がここ3シーズンでワーストとなった。
 12年はシーズンを通して安定した成績を残し、173安打で最多安打のタイトルを獲得。打率も3年ぶりに3割台に乗せる自己ベストの.311でリーグ2位となり、チームの日本一に大きく貢献。3年ぶり2度目のベストナインに輝いた。
 13年も夏場までは好調で8月中旬時点では3割台を維持。しかしその後に23打席ノーヒットと24打席ノーヒットを立て続けに記録する大不振に陥り、最終的に打率.265まで落ち込んだ。各部門で前年を下回る中、自己最多でリーグ2位の24盗塁を記録した。

 14年は得点・安打・本塁打・打点・打率とほとんどの部門で前年を上回った。しかし8月15日で.299と3割を狙える位置にいながら、直後に24打席ノーヒットと前年同様の不振に陥り、同じ失敗を繰り返す形となった。なお5年連続の全試合出場は果たしたが、代走のみの出場があり規則上は連続出場記録は662でストップした。
 15年も開幕から不振で4月末には打率.214と低迷の上、右足の怪我でルーキー時代以来、8年ぶりとなる登録抹消も経験。一軍復帰後は徐々に調子を上げ、6月・7月と月間3割台の打率を残した。9月に打率.203と失速し、最終的には.269と不本意な数字に終わり、129安打もレギュラー定着以来ワーストとなった。
 16年はレギュラー9年目で大きな飛躍の年となった。4月末で打率.352に6本塁打と好スタート。オールスター第1戦では先制本塁打を放ち敢闘選手賞に選ばれた。球宴直後の4試合で14打数1安打、打率は.310まで下がったがそこからが例年と違った。翌日から8試合連続複数安打を含む13試合連続安打。打率を3割4分台に上げて打率トップに立った。そのままシーズン終了まで調子を落とす事なく打ち続け、168安打の打率.344で見事に初の首位打者に輝いた。加えて自己最多の81四死球とよく出塁し、出塁率.433でこちらも初めてタイトルを獲得した。23本塁打・75打点も10年に次ぐ自己2番目の数字で、4年ぶり3度目のベストナインと初のゴールデングラブに選ばれた。

 17年は2度目のWBCで打率.417と活躍。シーズンに入っても好調を維持して7月末では打率.333と、2年連続首位打者も視界に捉えていたが8月以降.215と急落。最終的に打率.292と3割は逃したが、2年連続ベストテン入りは初めて。7月には歴代2位の年少記録となる28歳6カ月で通算1500本安打を達成した。
 18年は打撃好調だったが、オールスター後に脇腹を痛め長期欠場。そのため08年以降では最少の109試合出場ながらも本塁打・打点では前年以上と奮闘し、打率は自己ベストの.345でベストテン2位に食い込んだ。

 10年3月31日の横浜戦から4月2日の広島戦まで9打数連続安打。10年にサヨナラ本塁打3本。09年7月28日の対中日戦から14年4月30日のヤクルト戦まで662試合連続出場。

 首位打者1回(16)、最高出塁率1回(16)。ベストナイン4度(09、12、16、18)、ゴールデングラブ2度(16、17)受賞。月間MVP1回(18年3・4月)。オールスター出場10度(08〜14、16〜18)。WBC出場2度(13、17)、プレミア12出場1度(15)。1988年12月14日生まれ。右投げ右打ち。

年度別打撃成績(赤字はその年のリーグ最多記録)
    試合 打数 得点 安打 二塁打 三塁打 本塁打 塁打 打点 盗塁 犠打 犠飛 四死球 三振 打率(順位)
07 巨人 4 3 1 1 0 0 0 1 2 1 0 0 0 0 .333
08 巨人 144 521 59 134 24 1 8 184 43 10 15 1 30 98 .257(30位)
09 巨人 141 581 87 178 33 3 18 271 62 5 7 4 48 101 .306(4位)
10 巨人 144 609 107 171 35 4 31 307 85 14 10 7 50 83 .281(23位)
11 巨人 144 568 69 149 27 2 16 228 59 8 10 3 43 91 .262(16位)
12 巨人 144 557 87 173 35 2 14 254 69 16 12 5 45 90 .311(2位)
13 巨人 144 554 73 147 33 1 12 218 54 24 4 3 59 87 .265(17位)
14 巨人 144 545 82 152 29 0 16 229 61 23 9 5 57 88 .279(16位)
15 巨人 130 479 50 129 21 3 12 192 68 10 9 5 65 79 .269(16位)
16 巨人 137 488 96 168 28 3 23 271 75 13 1 6 81 67 .344(1位)
17 巨人 142 539 82 157 30 0 15 232 61 14 1 3 71 85 .292(9位)
18 巨人 109 441 87 152 27 2 18 237 67 9 0 0 61 83 .345(2位)
                                 
12年 1527 5885 880 1711 322 21 183 2624 706 147 78 42 610 952 .291