近藤 健介(こんどう けんすけ)

 神奈川・横浜高から11年ドラフト4位で北海道日本ハムファイターズに入団。1年目はファームで59試合に出場して48安打の打率.279とまずまずの成績。一軍でも7月に初安打を記録した。2年目はファームで規定打席不足ながら200打数71安打の打率.355と打ちまくった。一軍でも10安打を放ったが、打率は.152とまだその壁は厚かった。3年目の14年はほぼ一軍定着を果たし、89試合で68安打の打率.258と成長を見せた。この年は3年目にしてプロ初本塁打も記録。

 そして4年目の15年にはレギュラーに定着して打率.326とその打撃が開花。捕手では盗塁阻止率.194と課題が残ったが、指名打者ではチーム最多の70試合に起用され、打率.316と打力をアピールした。16年は外野中心の起用となったが、80試合で打率.265に留まった。
 17年は開幕から好調で打率4割台をキープ。出場50試合目まで規定打席以上で4割を維持したが、持病の腰痛を発症し後半戦を棒に振った。腰椎椎間板ヘルニア手術を経て終盤戦に復帰したが、69安打止まり。それでも.413という驚異的な打率を残した。

 18年は腰痛の不安から解放され、開幕から終始3割台を維持。打率.323で3年ぶり2度目の3割打者となり初のベストナインに選ばれた。安打・本塁打・打点で自己ベスト。88四死球でリーグ2位の出塁率.427を残し、選球眼の良さも際立った。

 ベストナイン1度(17)受賞。オールスター出場1度(18)。

 1993年8月9日生まれ。右投げ左打ち。

年度別打撃成績(赤字はその年のリーグ最多記録)
    試合 打数 得点 安打 二塁打 三塁打 本塁打 塁打 打点 盗塁 犠打 犠飛 四死球 三振 打率(順位)
12 日本ハム 20 26 2 5 0 0 0 5 2 0 1 1 2 5 .192
13 日本ハム 32 66 7 10 0 0 0 10 2 2 2 1 11 14 .152
14 日本ハム 89 264 24 68 20 1 4 102 28 3 10 2 15 45 .258
15 日本ハム 129 435 68 142 33 2 8 203 60 6 3 5 61 59 .326(3位)
16 日本ハム 80 257 36 68 9 0 2 83 27 5 3 2 29 45 .265
17 日本ハム 57 167 32 69 15 0 3 93 29 3 0 2 62 27 .413
18 日本ハム 129 462 59 149 29 3 9 211 69 5 0 5 88 90 .323(3位)
                                 
7年 536 1677 228 511 106 6 26 707 217 24 19 18 268 285 .305