2009年6月6日

初めて挑戦しました「スモールマウスバス」 成田プロのガイドを初野尻湖で受けてきました!

お天気は曇り。 風は結構吹いているとは思いますが、霞基準で考えるとまぁ無風。
とにかく全てが初体験のこの釣り。どうなりますかねぇ・・・

まずは、シャローへの駆け上がりの4M〜を撃つ。

だーなりプロから、 「ルアーはアリンコが歩くスピードをイメージしてください!」 と、いきなり難解な課題を突きつけられる。
ただでさえ使っていないスピニングタックルで、しかもシンカーは一度も使ったこと が無い3g!なので、ゆっくりのつもりでもやっぱり早いらしい。 さらに無意識シェイクもしてしまっており、だーなりプロから指摘を受ける。
こりゃ想像以上に難題だな。

で、何となくボトムのコリコリが分かるようになってきて、引っかかりを超えたらス トップというリズムも何となく掴めて来た所にバイト!
しかし、スッポ抜け。
ゆっくりスイープに合わせているつもりが、ルアーまでの距離が想像以上に遠いので 巻き合わせが出来ていないのと、竿のレングスがきちんと使えていないと、またも だーなりプロに指摘され、竿のさばき方、巻き合わせを教えてもらいチャレンジする。

そこへまた「コッ!」と言うバイト!
リールのハンドルに手をしっかり添えて、巻きながらスイープ!
何かフッキングしたみたい。

使っているラインは、これまた初めての3lbなので、無理をしないように竿のトルク を上手く使って魚をゆっくりと寄せる。

ありがとうございます釣れちゃいました、初野尻&初スモール!

一本釣れると、何となく全てのイメージが合致して一気に掴めて来る物です。

と言うことで、さらにバイト!
さっきと引きがぜんぜん違いますよ。なかなか寄って来ません。

どうにかがんばって、何とかキャッチ! ここでまたもだーなりプロより、教えを頂きました。
「何故魚が寄らないのか?」

ラインは細いので、無理に巻いたら切れるだけです。また簡単に巻けるような魚の力でもありません。じゃーどうするのか?
だーなりプロは「竿のトルクを有効に使ってください」と。 これには私は???ですよ。
「もっとトルクを使え=竿を曲げてください」 自分ではかなり曲げているつもりだったのですが、もっと曲げるの?!

で、ラインの先をだーなりプロが持ってくれ「思いっきり曲げてみてくださいよ」と言われ、竿を曲げてみるが
「全然足りません、私(だーなりプロ)の(ラインを持っ ている)手が全然動かないでしょ?もっと曲げてくださいよ!」

さらに力をいれて大丈夫か〜?!と思ったら、だーなりプロの手がスッと引っ張られて動きました。 こんなに曲げるのね。

傷の無いキチンとしたラインだったら、簡単には切れないそうですよ。
コマ目にラインを点検して結び変えたりしたので、今回の釣行ではラインブレイクは 一切無し。
まぁラインの性能にも助けられてますけどね。

そこへおあつらえ向きにバイト!

さっきの教えを思い出し思いっきり曲げてみると、竿が戻る反動で簡単に魚が寄ってくる。しかも手首にかかる負担は殆ど無し。
なるほどねーこういう事なのねと納得。しかも魚が大きいし。
 2インチシュリンプと2インチセンコー爆裂!!
ちなみにこれって、竿の作りによるものもとても大きいのです。
とにかく硬い竿=もうアングラーの腕力にかかってます。
トルクの無い竿=カバーに潜られたり、巻かれたりする事が多かったら、竿の性能を 疑ってもいいかもしれません。意外とこんな竿がこの世には多かったり・・・

「巻いて寄せる=ラインへの負荷大」と言うことですな。
と言う感じで、ロッドに対する理解度が深まったりして楽しいですね。

さて釣りの方はといいますと、本日のノルマと言われた「リミット5本」なんか楽勝でクリアし、おまけにその5本は全て40cm超え。
いやはや想像をはるかに越えた釣れ過ぎ。

お昼を迎え、だーなりプロの定宿(?)藤屋旅館さん(これがまた良い所なんですよ)で昼食を頂き、午後の部スタート!

ノルマを大幅に越えて達成した私の調子に乗ったリクエストで、このクリアレイクで のカバー撃ち(ラージ狙いね)をお願いする。
いやいやクリアウォーターのカバーが、こんなに難しいとは思いませんでした。

今まで水中に沈んでいる部分なんて見えないんですから、当たり前ですが妄想で撃っていたんですよ。しかしこれが全部見えちゃうと、水中のカバーのどこの穴にどう やって落として入れるのか?まで考えないといけないので難易度UP。しかも、ポイン トまで距離を取ってのキャストですからね、さらに難易度上昇ですよ。

だーなりプロの「まだ明らかに早いけど、もしかしたら・・・」と言う感じで、30分ほど撃ってみましたが、やっぱり無反応・・・

そこで元の釣りに戻すと、簡単に結果が返ってくる。
「パターン」ってこういう事なんですよね。この感覚をしばらく忘れてました。

と言う事で、あとは画像でお楽しみください。



   



 



Tackle data だーなりプロ
ROD:Abu Garcia Fantasista スピニングプロト
REEL: Pflueger SupremeXT 2000S
LINE:Berkley VANISH ULTRA 4lb
FOOK:Nogales INCH HOOK
SINKER:Gary SUGOI Sinker 4g
LURE:Gary 2 "Shrimp

Tackle data だーなりプロ
ROD:Abu Garcia Fantasista YABAI FSY-64L
REEL:Abu Garcia Cardinal
LINE:Berkley VANISH ULTRA 3lb
FOOK:Nogales INCH HOOK
SINKER:がん玉 2g
LURE:Gary 2 "YAMA-SENKO

Tackle data 赤いか
ROD:黒いかの魂
REEL:DAIWA LUVIAS 2004
LINE:VARIVAS GANOA FINESS APPROACH 3lb
FOOK:Nogales INCH HOOK
SINKER:がん玉 3g
LURE:Gary 2 "YAMA-SENKO

Tackle data 赤いか
ROD:Abu Garcia Fantasista FS-63MLR
REEL:Abu Garcia Cardinal
LINE:Berkley VANISH ULTRA 4lb
FOOK:Nogales INCH HOOK
SINKER:Gary SUGOI Sinker 4g
LURE:Gary 2 "Shrimp

ご覧の通り、40cm以下は無撮影でリリースですよ。
またルアーも、2インチセンコーと2インチシュリンプがもう爆裂!!ありえないぐらい釣れました。
しかし、リグる時にルアーもフックも小さくおまけにラインも細いので、かなり疲れましたけどね。
まぁこれだけ釣れれば、そんな苦労は簡単に吹っ飛びますが!

最後に、超絶スーパーガイドをしてくれた成田プロに、何時もながら大感謝でございます。
ありがとうございます!
成田プロのガイドのお申し込みはこちらまで⇒


余りの風景と水のきれいさに、こんな所で釣りしていいの?!と不安になる野尻湖ですが、また行ってみたい!

  当HP上の画像等の無断使用を禁じます。
 Copyright NFB Japan. All Rights Reserved.
This site is LINK FREE!