2009年5月16日

いや暑いんだか寒いんだかよくわかりませんね。
南風が意外と強く吹いているが、軽く防寒の準備をして出撃。
と思ったが、船章メカ氏とお茶タイムが異常に盛り上がり、すっかりお昼過ぎちゃいましたが・・・
今日は、久しぶりに右へハンドルを切ってみる。

6月にTOP50霞ヶ浦があるため、見た事もないハデなラッピングボートがたくさん浮いている。

ずいぶんと青く生えてきた、葦からスタート。スピナーベイトをテンポよく投げてみる。

で、葦から少し離れている杭を絡めて通すが無反応・・・
もう一回同じ杭にテキサスリグを落とすと、ラインが手前に走る。
 
Tackle data 赤いか
ROD:Abu Garcia Fantasista Regista FCR-66M
REEL:Abu Garcia SX1601C Hi-Sp
LINE:VARIVAS STOUT 14lb
FOOK:Nogales HOOKING MASTER HeavyWide #3/0
SINKER:Gary SUGOI Sinker 6g
LURE:Gary 4"Shrimp

同じ意識でさらに撃ってみるが、やっぱり無反応・・・
北側に気になるエリアがあり行ってみるが、この風じゃーダメだよねと思ったとおりにザブザブ。
そのまま風上方向へ南下。
いやしかしこの水系。
風向きと波の向きがバラバラな感じの時や、風上に向かっているはずなんですが、何時までたっても風が強かったり向きが変わっていたり・・・
やっぱりとっても広いんですよね。
波の当たり具合を考慮して移動すると、想像以上にどんどん南下。
水深がある葦。

しかしここ数年、常陸利根の葦で想像より釣れないんですよ。
ゆっくり目に撃ってみるが、葦では無反応・・・

ではと、ハードボトム。
ここで、無理やり乗せたKさんが、見事にギルを連発する。
いやブルーギルって、殆ど釣れなくなっちゃってたので、とっても貴重。
ギルの要る所にはバスも居ると思い続けて撃つが、やっぱり無反応・・・

さっきの葦ストレッチに再度入り、ルアーのピックアップまでを強く意識してかなりスローに流してみるが、いや見事なまでに無反応・・・

遅い出航時間のおかげでアッという間に夕方になったので、戻りながらテトラ〜葦と撃ってみるが、いや何時も通りに無反応・・・
各ストレッチを自分では丁寧に撃ったつもりなんですけどね。

まだ、何か要素が足りない感じがしてます。なんでしょうか?!

で、霞方面に行った釣り友。
南風だったので西岸を回ったそうですが、意外と良い反応を得られたらしいです。
実は足りない要素って、水門出た時にハンドルを切る方向なのか?!
毎回間違った方向に向かってるんだろうか・・・

本日のSKEETER
水温18℃ 2命乗船 GAS100L ジャックかなり下げ
4200rpm 85km
3500rpm 75km
なんか遅い・・・

  当HP上の画像等の無断使用を禁じます。
 Copyright NFB Japan. All Rights Reserved.
This site is LINK FREE!