2006年6月28日

本当に久しぶりの湖上。

消耗品の交換が終わったエンジンと、エレキペダル埋め込み改造。
乗ってみれば、船全体がなんだかパリっとした感じ。

いやしかし、10年以上霞でバスボートに乗ってますが、最初の出航のこの横利根は、何時もワクワクドキドキ。
何か忘れ物無いかな?今日は釣れるんだろうか?何か吹っ飛ぶような物がデッキに無いか?
水門を抜けてスロットルを開けると、そんな心配達が全て吹っ飛んでいきますけどね。

と言う事で、見たいエリアがたくさんあったので、とにかく霞ヶ浦方面へ向かった。

まずは牛堀のシャロー。

と思ったんですが、漁の時期に入ったのか、あちこちに刺し網が・・・通れないし、釣りできないじゃん。
と、出来るとこだけ撃って移動。

麻生ジャカゴ近辺。

がんばって、ジャカゴを撃ちまくってみれば、何となく釣れますね。
Tackle data 赤いか
ROD:Abu Garcia Fantasista Regista FCR-73M
REEL:Abu Garcia SX1601C Hi-Sp
LINE:Berkley VANISH 12lb
FOOK:Nogales Mosquit #1/0
SINKER:SAWAMURA One'Up Sinker 1/32oz
LURE:Gary CutTail 6.5

Tackle data 赤いか
ROD:Abu Garcia Fantasista Regista FCR-69ML
REEL:Abu Garcia SX-1600Mg
LINE:Berkley 14lb
LURE:Daiwa RPM-MID4

やっとですが、ジャカゴの撃ち方と言うか、こんな感じ?!が少しだけ見えた気がします。

・ジャカゴの風景に飽きたら負け。
・「角」は丁寧に、壁はテンポ良く流す。
・ジャカゴ+αの要素。
・際だけではない、ジャカゴから離れた所も十分有り。

と書いても、霞マスターの皆さんにして見れば「そんなのとっくに分かってるよ」と、簡単に言われてしまいそうですし、私も常々聞いて教わっていました。

しかしでもそこは釣り師。
人から聞いただけじゃダメなんですよね。やはり実体験に勝る物無し。

と言う事で今更ですが、私もジャカゴの釣りが出来るようになりそうです。
でも、やっぱり内側のシャローに突っ込みたいですよね。

と、話しがかなり脱線しましたが、角は丁寧に外側は巻き物と流して行きます。
ここで埋め込みエレキペダルが威力発揮!

慣れるまで少し時間かかりましたが、慣れてしまえば想像以上に楽。
 想像以上に変化しました。
しかも、今までよりデッキが広く使えるので、ただでさえ広いスキーターのデッキが、更に広くなった感じ。

離れた所などでクランクにバイトはあるんですがねぇ、ノリません。
下手くそですね。

で、あるジャカ角でカットテールにバイト!
しかしフックアップに失敗。
再度ルアーを投入するも、反応は無し。

何時もならココで諦めてしまうのですが、今日の赤いかは一味違いましたよ(?)。
魚から見て目先を変えてやろうと、フォールベイトへチェンジ。
(イワユル普通のローテーションですよね)少し場を休ませてから、同じ角へ投入。

今度は最高なタイミングでフックアップ!
ヨッシャー!

あれれー?!
いやー走る!ネジル!モジル?!
もちろん髭面くんですよ。がっかり。
 鯰の顔はもういいでしょう。FCR-73Mのご機嫌な曲がり。
60cm級と小さかった割りには、とても引きが強く、久々に10分ほど遊んでしまいました。

かなり満足気味になってしまったが、まだ見たいエリアがあったので、簡単にチェックし帰着。
帰りは、ホンのちょっと波立っていたので、エンジンの具合も確認できて良かったです。

本日のSKEETER
水温23℃ 一命乗船 GAS100L ジャックかなり下げ
4200rpm 90km

  当HP上の画像等の無断使用を禁じます。
 Copyright NFB Japan. All Rights Reserved.
This site is LINK FREE!