2008年3月23日

久しぶりに、二日間ビッチリ釣りな週末。

土曜日は単独釣行。

しかし、用事とボート整備、強風に阻まれ短時間での釣行

まぁ船出して見れば、大した風じゃなかったんですけどね。
とりあえずやろうと思っていたエリアをじっくりとチェック。

しかし、濁りがヒドイですね。 RPMクランクをひたすら巻いて、要所はYAMA-SENKOをFLIP。
ジャカゴの外側で1回アタリがあったのみ。
Tackle data 赤いか
ROD:Abu Garcia Fantasista Regista FCR-69ML
REEL:Abu Garcia SX-1600Mg
LINE:Berkley 12lb
LURE:Daiwa RPM-MID4

シャローにはまだは入る水温じゃないと思っていたので、釣れて無いですけどね、まぁ良しです。
アタリあったら釣れって感じですよね。
もう一日ありますからね、この日はあっさり終了。

そして明けて日曜日。
今日はだーなりプロと、翌週に控えている、WBS第一戦に向けてのプリプラ。
内容に関して詳しくは書けませんが、私は、プリプラ〜公式プラクティスでやるべき事を今更ながら、やっと理解。

今まで、プリプラ〜プラクティス〜なんて私が騒いでやっていたのは、全てただのエンジョイフィッシング。
かなりショック&反省でした。

今回だーなりプロは、春の霞ヶ浦を釣るのは、7〜8年ぶりぐらい。
と言う事で、全く知らない湖を釣る。と言うスタンスでプリプラを実施。

広大な湖をいかに攻略していくのか?
FLWでの試合経験から身に付けてきた技術を霞ヶ浦での実戦へ投入したわけですよ。
まぁアメリカの湖で試合をしてきただーなりプロにしてみれば、霞ヶ浦ですら広大とはいえないそうですが・・・

プリプラ初日と言う事で、11時間の釣行時間で、10時間は魚探と睨めっこ。
竿を持ったのはたったの1時間。いや、一時間も釣りしてないな。

 
それも釣るためのキャストは殆ど無し。

大変だなーと思いますか?

竿を殆ど握らないで、こんなに内容が濃い釣行って、私は初めてですよ。

いやいや、私の釣りに足りなかった物(リールじゃないっすよ)が、見えた気 がします。
 こんなのを何個発見したか・・・

とにかく「勉強になりました」なんて言葉が軽く聞こえそうなぐらい、濃い一日でした。
このプラクティス。あと2〜4日やるそうですが、全てに付きあいたいぐらいです。

今の私じゃー体がもたないでしょうけどね。

実際に船上で、向かい風に向かって投げたRevoエリートCBは、やっぱり素晴らしかった。

  当HP上の画像等の無断使用を禁じます。
 Copyright NFB Japan. All Rights Reserved.
This site is LINK FREE!