2007年8月11日

今日もがんばって早起き。
と言うより、夜中ですよね。

もちろん誰も居ないので、とっとと準備して静かに出航。

まずはスロープ対岸葦。
を撃とうと思ったんですが、エレキで近寄って行ったら目の前におかっぱりさん登場。
朝一ポイントを奪う気なんか無いので、「どうぞ!」と声をかけ譲る。

逆方向へ流していると、後ろでバシャバシャとか言っています。
おー釣れたのねぇ。って、何で俺には釣れないの?!
ちょっと心が荒むが、ここで急にガスってきて視界30m。
あまりに見えないので、晴れるまでと思って水門近辺まで流すが、無反応・・・

仕方なく厳重警戒で水門くぐって出航。

お約束の葦。
気持ちイイ位に無反応・・・
今年の葦はどうなっちゃったんでしょうか?釣れません。

お次はコンクリート系。

流し初めて、また後ろの方でバシャバシャ・・・
またオカッパリの方が釣ってますよ。

この辺りでもう鬱偏差値80。

うっすらとアオコが出ている感じの水質なので、バスはテトラの奥に入っているだろうと、判断して使っていたテキサスリグ。
しかし着水と同時にバイトはたまにある。

でもノらない。

沈下スピードが早い&水質の割りには外側に出ているんだなと。
お約束カットテールにチェンジ。

はいはい。簡単に一発目からノッてきました。
サイズは小さいですけど、まずは一安心。
その後もポンポンと簡単に釣れ続く。さっきまでのスッポ抜けが嘘のよう。

ここで何とか二桁釣ろう!と、意味の無い目標を立てがんばる。
いろんなルアーを投げたりしたんですが、8本止まり。
水の動きが何となく変わったかな?!と思った頃から反応が消える。

そこで噂の北浦方面へ向かう。

まず着いて感じたのは、水の色が悪い。
この日に一番水が良かった感じのエリアは、釣れ無い葦。その次は霞本湖ですかね。

しかし来ちゃったので、釣り開始。
厳しいんじゃねーのー?!と不安一杯だったが、簡単に打ち崩してくれる。

もう大変。

15本ぐらいまでは数えていたが、その後はもう訳分からん入れ食い。
「ここは八郎ですか?北(浦)の聖地?!」
サイズはいくら釣っても25〜30cmですが、みんな元気一杯お腹パンパン。

2時間ぐらい楽しんだでしょうか、相変わらず投げれば釣れ続きます。
しかし十分以上に楽しませてもらったので、後ろ髪引かれながらも移動。
あと何箇所かあった、気になる所を帰りながら回る事にする。

しかし、私ごときが気になるエリアなど、全て気持ち良く無反応・・・
あれれ・・・

何となく走って横利根水門近辺まで来ちゃったんですけどね。
まぁ暑いし帰着かなぁと思ったが、浚渫船が横利根に入って行くのが見えたため、そのまま霞へGO!

久しぶり南岸石積み。

北浦より水は良さそうな印象。沈んでる石もよく見える。
釣り始めてすぐに反応。

鯰だろー

と思ったら、ちゃんとバスでした。
ここでも適当に楽しめ、暑さに負け帰着。

サイズはともあれ、とにかくたくさん釣ったので大変満足な一日でした。

Tackle data 赤いか
ROD:Abu Garcia Fantasista FCR-63MR
REEL:Abu Garcia SX1601C Hi-Sp
LINE:Berkley VANISH 10lb
FOOK:Nogales Mosquit #1/0
SINKER:SAWAMURA One'Up Sinker 1/32oz
LURE:Gary CutTail6.5

Tackle data 赤いか
ROD:AbuGarcia Fantasista Regista FCR-64ML
REEL:Abu Garcia SX1600C Mag
LINE:VARIVAS COVER BREAKER 14lb
LURE:DAIWA RPM CRANK BIT-3

Tackle data 赤いか
ROD:Abu Garcia Fantasista FC-67MHFR
REEL:Abu Garcia SX1601C Hi-Sp
LINE:VARIVAS STOUT 14lb
FOOK:HOOKING MASTER #3/0
SINKER:Gary SUGOI Sinker 8g
LURE:Gary JunboGrub

ノンキーマジックにばっくりハマった感じですが、バス釣りに対してちょっとテンション落ちていたので、最高のリハビリになりました。
バス君ありがとう!

本日のSKEETER
水温30℃ 一命乗船 GAS100L ジャックかなり下げ
3500rpm 80km


  当HP上の画像等の無断使用を禁じます。
 Copyright NFB Japan. All Rights Reserved.
This site is LINK FREE!