2007年3月17日

前日の予報は北西の風10m
これは普通行かないですよ。

しかし!
先日SKEETERを購入したAさんから、セッティングを見て欲しいとの話しで乗る事に。
走るだけだったら、風裏探して走れば何とかなるだろと、マリーナへ向かう。

着いてみれば、かなり冷え込んではいるが、ほぼ風は無い。あれ?!天気予報は?

Aさんをのんびりマリーナで待つ。途中で携帯。
Aさん「赤いかさんタックル持って来てます?」
赤いか「乗るだけのつもりでしか来て無いから、何にも無いよ」
Aさん「分かりました!魚探だけ着けて行きます!」
赤いか「あいよー」

と、しばらく待つと日が差しはじめ、少しだけ暖かくなってきた。
そこへSKEETER&Aさん登場!
って、デッキ見ればタックル満載。「?!」
Aさん「いやー暖かくなったから、赤いかさん釣りしたいだろうなと思って、積んで来ました!」

船章メカ氏に、軽くアイドリングのチェックをして頂き出航。

まずは赤いかがハンドルを握り走らせてみる。
ちなみに船はSKEETER200zx+MERC200HPで、シルバーがなかなかカッコよい艇です。

マーキュリーは久しぶりだな、と思いとりあえず全開。
しかし、Aさんが気になっていた点がモロに出たと言う感じで、船が全く浮かない。
分かり難いですかね。
全く浮かないと書くと「沈没?!」なんて思う方は居ないとは思いますが、プレーニングさせて、きちんと水をプロペラが掴んでくれていれば、回転数と船の速度に合わせてトリムを徐々に上げて言った時に、それに伴って船体が浮き上がって行くんですけど、全然浮きません。
ハルが水を切っている位置もかなり前だし、後ろを振り返れば、大スプレー大会!
プロペラが全く水を掴んでないんですね、ただエンジン回転だけが上がって行きます。
当然スピードも100km程度しか出ず。いやこれじゃ出る訳が無いですね。
と言う事で、これ以上やってもガソリンが勿体ないだけなので、全開は終了。

折角だから釣りしますか!
と、釣れスジルアーをリグッた二つのタックルを準備していてくれて、手ぶらの私に貸してくれる。
時間ももうほぼ夕方なので、一箇所ジックリ攻めで行く。

水は悪く見えるし、水温はこの冷え込みで急に下がってるしで、可能性は低い。
しかーし!なんとAさんにバイト!
200zx初&2007年初と初物ずくしの記念すべきファーストフィッシュ!!!


久しぶりに貴重なブラック君を見せてもらた赤いかも大満足で終了。
ペラを交換して、再トライしましょう!
と言うことで、Aさんまた乗ります。

  当HP上の画像等の無断使用を禁じます。
 Copyright NFB Japan. All Rights Reserved.
This site is LINK FREE!