2006年9月2日

今日は久々黒いか氏との釣行。200zxで出撃である。

しかし、マリーナへの道中から「ヤバイかなぁ」と思っていた、霧が全く晴れず。
とりあえず、視界はまだある程度確保出来そうなので、気にせず出航。

ここの所の大雨への備えか、水が増えて居ないのに水門閉鎖中・・・
水門をくぐってさらに霧。
プレーン出来るような視界ではない。スローで走っていても、自分たちが何処へ向かっているのか分からなくなってくる状態。
人間の方向感覚ってこんな程度なのね。
と言う事で、文明の力万歳!GPS!

GPSを頼りに、目的の葦へ向かう。
GPSで方向はばっちり分かりますが、当たり前ですが他船は写る訳がないので、くれぐれも突っ走ったりしない様にお願い致します。
だれか突っ込んでくるんじゃないかと、怖かったですよ。

葦へ入ってみるが、霧が濃く、目の前の葦すらよく見えない状態。
何とか撃つが、赤いかへキーパーギリギリが一本だけ。無撮影リリース。
Tackle data 赤いか
ROD:Abu Garcia Fantasista 65ML
REEL:Abu Garcia SX1601C Hi-Sp
LINE:Berkley VANISH 12lb
FOOK:Nogales BigBeitMonster #3/0
LURE:Jackal Cover Craw 3

このエリアだけ何気に霧が晴れたので、次の葦へ向かう。
ここでも久しぶりバスボート釣行の黒いか氏をまくる一本!

Tackle data 赤いか
ROD:Abu Garcia FantasistaRegista70H
REEL:Abu Garcia 2005 LP
LINE:VARIVAS BigBeitMonster 16lb
FOOK:Nogales Second Bite #3/0
SINKER:Gary SUGOI Sinker 10g
LURE:Gary Creatur

ここで一気に霧が晴れてきたので、次のエリアへ向かうが無反応・・・

利根川のブッシュを黒いか氏へ紹介しに、水門をくぐる。
赤いかは、リアデッキでおにぎり食べながら黒いか氏の釣りを観戦。

やっぱりこういう所を撃たせたら上手です。
ブッシュの奥から二連発!

もっと釣れると思ったんですが、水位が思ったより低かったですかね。
で、大満足で利根川をあっさり後にする。

前回爆裂したテトラね。
やはりタイミングか神の気まぐれか?!
今日はかなり厳しく、黒いか氏にノンキー1本だけ。甘くないですね。

この後想像以上に暑くなり、黒いか氏が溶解し始めたので、解けて無くなる前に帰着。

赤チャンピオンさんに聞いたんですけど、漁師さん曰く
「霧の朝は釣れない」って本当?

  当HP上の画像等の無断使用を禁じます。
 Copyright NFB Japan. All Rights Reserved.
This site is LINK FREE!