2006年7月16日

暑い。蒸し暑い。
天気は微妙に曇っていいんですが、この湿度は何?息出来ないですよ。
と言う感じで、久々に早朝に出航。

今回は、月末に開催されます「Nカップin利根川」へ参戦する準備第一弾として、北総マリンさんのスロープ+それ以上?!の航路確認が主な目的。
ガソリンを満載していざ出発!
こんなに(約200L)ガソリン積んだのは久々なので、船が重い・・・

イイ雰囲気な常陸利根川の葦を後ろ髪惹かれる思いで通過し、小見川水門をくぐる。
と、ここでありえない初歩的なトラブル発生。いやーもう情け無いです。
あまりに情け無いトラブルなので、とてもじゃないけど書けませんわ。
船章メカ氏に救援を依頼し、簡単に復旧!
本当にありがとうございます。助かりました。

再度水門をくぐり直し、ここでもまたイイ感じのエリアを通過し上流を目指す。

難なく神崎大橋に到着。ここからが問題。
どの辺が危険だよと、感嘆には教えて貰っていましたし、だーなりプロを始め、利根川マスターの方と釣りをしているので、何と無くは分かっていたつもりですが、やはり無理は禁物。ポイントも確認しながらと言う意味をこめて、ここからデッドスロー!
たまに上流方面へ向かうバスボートが居れば、航跡を憑いて走って距離を稼ぐが、やっぱり知らない所なので怖い。
バスボートをドンブラと走らせて、なんとか到着しましたよ。北総マリンさんスロープ!

いやー大した事では無いんですが、とにかく感動。なんと3時間半もかかりました。
もうなんか大満足で、らさらに上流へ行こうなんて気は全く起きませんでしたね。

無事航路をGPSに入れた所で、帰りは気になったところを釣りしながら下ります。
しかし、何処をやっても全くもって無反応・・・
しかも水がかなり汚い。漂流物や泥濁り(?)だらけ・・・

なんとかがんばってみるが、とにかく無反応・・・

いやー参った。風もなんか強くなってくるし、朝早かったから眠いし・・・
で、船上で初お昼寝慣行!
時間にしたら15分程度しか寝ていないと思いますが、超スッキリ!

新たな闘志を燃やして(?)撃ってみるが、甘く無いよね無反応・・・
どうしようもなくなり、帰る方向(小見川水門)へ走りながら、今日やって無い事はなんだろう?と考えてみる・・・すると今日どころか、今までやった事が無い事が簡単に思い浮かんだ。

シャローっすよ。
利根川本流に面したシャローでは無く、いわゆるクリークとでも言うんでしょうか、狭い水路を入っていくと、中が野池みたいになっている所が、利根川には何箇所かあります。
ダメもとでやってみるかと思っていたら、おあつらえ向きに入り口らしき所を発見!
激浅を覚悟したが、意外に水深がある。
FCR-70Hを手にフリップ開始!
木や葦、草がかなり入り組んでいるが、ゆっくりと丁寧に撃ってみる。

とあるブッシュの奥に入ったH2が着水した地点で、白いものが水中で反転するのが見えた瞬間にフッキング!
スポーン!
H2だけ飛んで来ましたよ。
合わせるのが早かったのか?お魚さんが小さかったのか?

これでやる気一気に爆発ですよね。さらに集中力をアップして撃ち続けると、今度は着水地点で、ブワッと土埃(もちろん水中ね)が上がる!
今度はお魚さんの重みを十分に感じてから、一気にフッキング!
ヨッシャー!

Tackle data 赤いか
ROD:Abu Garcia FantasistaRegista70H
REEL:Abu Garcia 2005 LP
LINE:VARIVAS BigBeitMonster 16lb
FOOK:Nogales Second Bite #3/0
SINKER:Gary SUGOI Sinker 10g
LURE:WalkerWalker H2
見事に利根川ナイスフィッシュ!苦労した一本。本当に嬉しいっす。

と言う事で、さらに撃ちまくるとまたも同サイズ追加!!
魚(うお)ーっ!!と、一人で吼えてみました。
これもイイ魚だったんですけど、続けて撃ちたいので無撮影リリース。
しかしそんなに甘くは無かった。その後無反応・・・

なにか地形的に特定の条件が有ったのか?水深か?はたまた障害物の種類か?
はっきりした事はイマイチ掴めませんでしたが、とにかく奥の奥狙いで、きちんとルアーを障害物ギリギリに落とすと言う事が大事だと、当たり前ですが改めて痛感。

天気も怪しくなり、一応やり遂げた感で一杯になれたので、利根川を後にする。
その後、常陸利根に戻ってみれば、連休中日らしくボートがたくさん。
とても釣り出来る状況ではなかったので、気付いたら横利根水門くぐってました。

本当に久しぶりに長時間バスボート乗ってました。
脳内リミッターでも、使ったガソリン3桁オーバー!(これは痛い!)
やっぱりスローが長いとガソリン食いますね。

最後に釣れてくれなかったら、本当に悲惨だったなと改めて実感し、終了としました。

本日のskeeter
一命乗船 GAS150L 低燃費走行用ジャック下げ 水温27度
77km 4100rpm
船浮かずにマジでスピード出ないです。

  当HP上の画像等の無断使用を禁じます。
 Copyright NFB Japan. All Rights Reserved.
This site is LINK FREE!