2006年6月29日

久々の黒いか釣行記です。
何かとバタバタした半年を過ごし、やっとまともにバス釣りができる状態になったら季節は初夏6月。
嬉しいことに以前から予定していた八郎釣行の季節になっていたのでした。
今回の八郎釣行は昨年までカスミで同じSKEETER乗りだったH氏にガイドのお願いをしての釣行となりました。
昨年同時期、ダーナリプロのガイドで果てしなく釣れ続いた八郎釣行が記憶に新しく、釣行前からワクワクしてました。。

[初日]
昼過ぎ14:00頃八郎到着。
H氏と久々の再会。H氏も久々の釣行と言うことで、そそくさと準備を済ませ、本湖へ。
今年は、昨年よりは良いものの今一釣果は伸びておらず、葦際がまあまあとの事前情報らしく、東部入り口近くの葦から狙うことに。
しばらく流すが反応が無いため、昨年感動的だった葦島でのウェッピングをしに東部へ。

風が原因か、水の色が昨年とは大きく違っているみたい・・・・・・。

特定の場所で葦の表・裏どちらからも反応ありで、数本獲った時点で更に風が強まって来たため、馬場目川へ。
河口付近で様子を探ろうとした1投目にヒット!ここでフラットボーンクリッカーを投げてゆっくりリーリングしてトップを泳がせて
いると、えらい勢いでバイト!
無事ランディング。感動して写真をパチリ。(^^)v

その後同場所でH氏がバズベイトにてキャッチ。ならばとジャンボグラブのグラビンバズで更に追加。
最後には自分もバズベイトでキャッチ。
そろそろ夕方になりつつあるので1日目はこれにて終了。
たった4時間でしたが充分楽しめる釣果でした。
 

[2日目]
朝7:30にマリーナに到着。
この日は前日よりも更に風が強くて、寒いくらい。^^;
風が吹くと八郎も結構荒れると聞くものの、H氏も私も霞で慣れているせいか、麻痺しているのか?!
多少荒れてはいるんだと思うが、気になるほどでもなく、まずは葦を中心に打つも反応がイマイチ・・・
次に八郎では人気があるという“リップラップ”を試してみるが反応が無く、予想外に天気が良くなり過ぎているためウェッピングを楽しみに。しかし、あまりの強風に若干の距離を流して諦め、前日好調だった馬場目川へ。今度は昨日より上流を目指す。
河口と1kmほど上流とで水温が3℃以上違い、反応が良かったのは河口付近のみ。
河口付近で楽しんだ後はハードボトム狙いにいくもサイズが上がらず、反応してくるのはチビバスのみ。早々に見切りをつけて移動。

次はH氏も初めてという豊川。
河口付近から100m程流したあたりから反応が出始め、飽きない位のテンポで釣れ続きまあまあの本数をキャッチ。
サイズもアベレージサイズとのこと。ここでは地元H氏が絶好調で、果たして何本釣ったことか・・・・・(^.^)
釣り上がり、帰ってきた河口部ではH氏と二人バズベイトを遠投してシャロー打ち。思ったところでバズに出たバスに満足満足。

帰り途中、最後にマリーナ横にある葦際でバズをひくと、最後にお土産とばかりこの日最大の1本が豪快にバズにバイト!
満足の1本を獲って1日半の八郎釣行を終えました。
 

風がもう少し弱ければと思う2日目でしたが、大満足で八郎釣行を終えられました。
ガイドのH氏に感謝感謝でございます。<m(__)m>

  当HP上の画像等の無断使用を禁じます。
 Copyright NFB Japan. All Rights Reserved.
This site is LINK FREE!