2006年6月3日

天気予報は曇り。風はまぁ強いかなと言う感じ。
久々に黒いか氏を乗せて出航。
東よりの風なので、行きたいエリアは風裏となるので気にせず向かう。

霞シャロー。
水質は変わらずイイ。しかし予想に反して無反応・・・
数箇所を小刻みに移動を繰り返して撃ってみるが、全く手がかり無し。

あれ?!軽くヤバい?

困った時は川!
と思ったが、常陸利根川を走っているうちに一気にナサカへ抜けてしまった。
抜けてみれば、風の影響でプチ荒れ。
そこは21ft威力発揮でかるーく通り抜け、シャローを目指す。

前回撃った所より手前から流してみるが、これがタイミングなのか偶然か?!
おっとびくりの4連発!!
 
Tackle data 赤いか
ROD:Abu Garcia FantasistaRegista65ML
REEL:Abu Garcia SX1601C Hi-Sp
LINE:Berkley VANISH 10lb
FOOK:Nogales BigBeitMonster #3/0
LURE:Gary YAMA-SENKO 6inch
 画像は3枚ですけど4本釣りました。サイズは600〜800gぐらいです。
黒いか氏はテキサスリグで2バラシで終わってしまいましたが、あきらかにセンコーノーシンカーがキモ(?)みたいです。
何がいいんですかね?
釣れ方を考えてみると、沈下速度と言うより、漂い加減がいいんでしょうか?!
調子に乗って別な葦へ向かって撃ってみるが、なんか葦の雰囲気が違いやはり無反応・・・

で、霞の一箇所気になる葦を思い出し、また霞へ舞い戻る!
ジャカゴの位置が気になっていたんですけど、見事にジャカゴ裏。
水深の感覚がさらにぶっ壊れているので、構わず侵入。

いやーやっぱり浅いです。
と言うより、今日は杭の濡れ方の感じを見ても、10cm以上減水しているように見えます。うーむいつもはこのぐらいの増減水など気にもならないが、スーパー(?)シャローに出入りすると、この10cmは効くなと改めて実感。
まぁあまり深く考えず、竿をたまに水中に突き刺しながら釣りを続ける。
しかーし!黒いか氏のまたもバラシ発生。なぜ?!

ついでで外側のジャカゴを撃っていた赤いかにバイト!
と言うかラインが手前に走ってきたので、自画自賛完璧フッキング!
ヨッシャー!
と、瞬間的に思ったが、直ぐになんか様子がおかしいと思いなおす。
やっぱり髭面60cmクラス・・・なんですかねぇ

で、ここで一気に晴れてきたので朝イチの霞シャロー葦へ舞い戻るが、やはり無反応。
さらに風も強まり、もう行く所なしとなったので淡白に終了。
年取ると、集中力&体力が無くなるのも早いです。痛感。

本日のskeeter
2命乗船 GAS100L 低燃費走行&人間に優しいジャック下げ
84km 4200rpm
私の船には4200rpmの脳内リミッター装着中

  当HP上の画像等の無断使用を禁じます。
 Copyright NFB Japan. All Rights Reserved.
This site is LINK FREE!