2006年1月28日

やっと船が下ろせましたよ。遅くなってしまいましたが、今年初スキーターです。
マリーナには何度か足を運んではいたんですが、横利根凍結、スロープ凍結、大雪、大風・・・etc
自然の猛威にさらされて、なかなか船を出せなかったんですよねぇ

今日も自宅近辺は強風。道中に見た北総マリン横の将監川は凍結・・・
引き返そうかなぁ・・・弱気で船章メカ氏に電話してみると、
「横利根凍結だが昼位には融けるだろう、風なんかねぇよ、とにかく来い」とのありがたい回答。
引き返す方向にハンドルを微妙に切っていたので、気を取り直して向かってみる。

着いてみれば、横利根には殆ど氷も無く無風。こりゃー出さないと!!
と、一気にテンションアップで即効準備して出航しました。
と言っても11時ですけどね。

なぜか水門閉鎖で、久々に傘さして水門くぐり。
今日は一箇所で三時間粘りますと、前日から決めていたので、目的のポイントを一気に目指す。
運がいい事にぽっかり空いていたので、なんなくポイントへ入る。

しかし冬なのに水が汚い、濁りが酷い。しかも水温は3度きってるし・・・
まぁ気にしてもしょうがないので、とにかく投げてみる。

直ぐに、冬特有の微妙な生命反応がRS150にあるんですが、どうなのこれ?鯉スレ?

続けて投げてみるが、今日は何か様子がおかしい。
ミノーを10個位無くす覚悟できたのに、全くネガからない。
さらにゴツゴツ感も非常に弱い、と言うより殆ど無い。なぜ?埋まった?
水門が閉まっていたのを思い出し、確かに水位は10〜20cmは高いが、それが原因じゃーないだろ。と、物は試しとさらに深度の深いルアーへと変更するが、結果は同じ。トドメとジグなんかも無くす覚悟で投入するが、ネガかりどころか全くノー感じ・・・どうなってんの?

久しぶりだから感覚が鈍ってる?その割には突然根掛りも無いぞ?
寒くて手の感覚がおかしいんだろ?ぜんぜん寒くないし、カイロもバッチリだぞ?

全くの無風で、エレキを踏まなくても船が全く動かないのをイイ事に、ボックスに入っているルアーを次から次へと結び変えて投げるが、変わらず・・・

どうも納得がいかないため、シャロー岩盤へルアー実験に向かう事にした。
ここではサスガにゴツゴツ感を楽しむ事はできたが、やはり何かが違う。
何が違うのかは掴む事ができなかったが、なんでしょうね。
最後には、水の塩分ノードが上がってルアーの浮力が微妙に変わったんだろなんて、100%妄想と言う危険な状態になったのと、冬はやっぱり日が暮れるのが早い!と言う事で、訳も分からず帰着。

どうしたんでしょうねぇ・・・考えます。
と言う事で、釣れてませんよ。それ以前の感じです。

本日のSKEETER
1名乗船 ジャック冬セット GAS60L
鏡のような水面に、調子に乗って全開!
いやいや今日の赤いか艇はとにかく速い!あっという間に120km到達!
5800rpm 120km!
プレーン時から全開で行くと、艇を安定させ易かった。

おまけ
寒くなってくると、毎年のようにスポーツ用品屋さんへ行って、試着してはあまりの似合わなさに毎年諦めていたニットキャップ。
だーなりプロもかぶり始めたのもあり、さらに今年はあまりの寒さに耐え切れなくなり、買っちまいました。
やっぱり似あわねぇ・・・でも暖かいです(嬉)。

  当HP上の画像等の無断使用を禁じます。
 Copyright NFB Japan. All Rights Reserved.
This site is LINK FREE!