2005年8月27日

台風が過ぎ去った週末。
マリーナへ向かう途中の、利根川の土手道から川を見てみる。
真っ暗なので、水の量までは良く分からないが、外灯に照らされた水面をみると、かなりの勢いで流れているし、水量も多そうに見えた。
マリーナに着き、スロープから覗いて見れば、本湖側が増水しているようで、横利根水門も閉鎖。
言い方は不謹慎かもしれないが、悪い水が一気に入れ替わるので、楽しみにしている年に数回の台風増水。
今回はニューペラに履き替えた、200zx艇の試走もあり、それも含め楽しみな釣行である。
真っ暗な中を一気に準備して、さっさと出航!

どのくらい増水しているのか、水門が空くのを待つ。
思ったほど増えてはいなかったが、約50cmの増水。これは楽しみだよね。
水門を抜け、今日の目的地、東浦まで一気に走る。
何故東浦を選んだかと言うと、特に根拠なし。ただ行って見たかっただけ。(なんじゃそりゃ)
これでは実も蓋も無いが、とにかく流入河川を狙ってみようと言う思惑でいた。

まずは東浦最南の川。

到着して入り口へ向かおうとダラダラとして居ると、遠くから凄まじい勢いで一艇のボートが突っ込んで来た。
あーそう言えば今日はWBSの最終戦だったのね。目の前の川に入りたそうに、私らの行動を注視している。
私らは特に勝負している訳でもなし、この川に何か確固たる目標がある訳でもないので、迷う事無くトーナメント艇に川を譲るべく「お先にどうぞ。がんばってください!」と声をかけた。
まぁ後ろからプロの釣りを見学したいと言うのもあったしね。
そんな事も有り、川にゆっくりと入っていくトーナメント艇を横目に見ながら、河口付近のストラクチャーを撃ってみる。
しかし、予想に反してどちらの船にも反応は無い(ようだ)
トーナメント艇が更に奥に入って行ったので、私らも余った魚を釣ってみる?
と言う感じで、入り口付近の葦を撃ってみるが、全くの無反応・・・
しかも奥に進むに釣れて、濁りがどんどんヒドくなっていく。

こんなの釣れる気なんかしねーと、さっさと見切って対岸のドックへ移動。
ここではクランクを巻きまくり、カットテールまで投入するが、無反応・・・
やはり難しい&死の池なのか霞ヶ浦!
という感じであるが、しかたなく南下してシャローストラクチャーを撃つ。

ここは過去にナイスフィッシュを多数釣っている所であったが、見事に無反応・・・
さらに先日黒いか氏が53cmを釣った所や、沖沈みストラクチャーなんかを丁寧に撃ってみたが、やはり無反応・・・
鯰どころか、生命反応なんか全く無い。
やはり死の池か・・・自信が確信へと変わった(死語)。

普段のNFBコンビだと、ここで終了ムード99%であったが、今日は赤いかだけはなぜか40%
なぜか?

今日はなんと言っても増水してるんですよ。いままでは増水を殆ど意識していないエリア選択だったんです。
ただ単に、心配性の黒いか氏が、危険なシャローには入りたく無い、と言う話しなだけだった気もしないでもないですが、赤いかは増水時にかなりイイ思いを過去(何年前だったかなぁと言うぐらい昔だけど)にしているので、自信を持って、増水時のみに入れるシャローエリア、イワユル増水エリアへと向かった。
注:霞ヶ浦の知らないシャローは、何が沈んでいるのか分からず大変危険ですので、無理はしないようにしましょう。


他の船は全く居ない。完全にノーマーク。
しかし見た目の雰囲気は最高で、増水のおかげで水深もバッチリ。もうフリップしまくりでしょ!
と、鼻息&やる気100%全開の赤いかと、半信半疑の黒いかで撃ちまくる!

なかなか反応が無く、多少不安になりながらも、集中力を切らさずに打ち続けると。
疑い度100%の黒いか氏にバイト!
驚き度200%の黒いか氏は、魚の大きさも考えずに一気にランディング!
まぁ八朗ウェッピング仕様のタックルでしたから、全く問題なしでしたけど。

Tackle data 黒いか
ROD:Palms EDGE EGC665
REEL:ABU SX1601S2
LINE:VARIVAS BigBeitMonster 25lb
FOOK:Nogales Second Bite #3/0
SINKER:Gary SUGOI Sinker 5g
LURE:WalkerWalker H2(新色:黒に赤ラメ)

上がってきたのは、おっとビックリ45cm1300g!
(赤いか的には、一応狙い通りだったんですけど・・・)

ちゃんと居るじゃないですか!!
自分が釣ったわけではないが、狙い通りで本当に嬉しい。
増水シャローへの自信が、確信へと変わった(もういいって)

更に流していくと、黒いか氏が同サイズ(!)を二本(!!)追加。
なぜあたしには当たりすらないのか?今年ノッテル男はこういう事なのか?
と、打ちひしがれそうになったが、自分の選択は間違っていなかったと言う微妙な気持ちで、ある意味かなり満足で終了とした。

後にだーなりプロと協議の結果、私のファンタジスタレジスタ70Hは呪われているようなので、御祓いをしようと言う事になりました。
(冗談です。)

本日のSKEETER
黒いか艇
ジャック未調整 プロペラ27M→27T1 2名乗船 GAS40L
115km 5800rpm
あまりの加速に、ビビッてスロットル戻したので、最高速まで未到達。
艇の浮き方が激変、前が余り上がらず、艇全体が浮き上がっている印象。
どうやって前を浮かせるかが今後の課題。
波を切る位置と姿勢が変わったのか、乗り心地最高。嫌な突き上げなし。
今後が楽しみ。

  当HP上の画像等の無断使用を禁じます。
 Copyright NFB Japan. All Rights Reserved.
This site is LINK FREE!