2005年8月20日

ここに書くまでも無く暑い。しかも昼から強風の予報。
夕方お気楽釣行でもしようかと思ったが、がんばって夜明け釣行とした。

真っ暗な中を一人で準備をして、出航!

早朝にエンジンかけるとうるさいですからね。横利根をエレキで釣りをしながら進む。
何時もなら簡単に反応があるはずなのに、今日は無反応・・・
不安になりつつも、何とか水門を通過。

鏡のような水面を滑るように走っていく!最高に気持ちがイイ。
あまりの雰囲気の良さに、直ぐの葦に止まって釣りをしたくなるが、我慢して通過。
早く竿を出したい欲求を抑えて、目標のゴロタ石エリアへがんばって走る。

しかし着いてみれば、なぜかここだけオカッパリ多数・・・
全く入る隙も見当たらず、近所の葦へ入る。(やっぱり葦かよ・・・)
最近の私の中では、葦と言えばまずクランクなので、「チドッ」てみる。

チドる=スーパーチドラーを投げる(byだーなりプロ)
マガる=マガロンを投げる
ラゴる=アラゴンを投げる・・・etc
と言う、勝手な隠語を独りで呟き、チドラーを投げまくる!

しかし無反応・・・
下流側なので、多少は水質がイイのを期待したが、北利根と見た目は大して変わらない。
まぁあまり気にしてもしょうがないので、次の(やっぱり)葦へ向かう

さらに南下してみたが、水の様子は相変わらず・・・
しかし葦へフリップしてみると、程なく反応がある!
Tackle data 赤いか
ROD:Abu Garcia FantasistaRegista70H
REEL:Abu Garcia 2005LP
LINE:VARIVAS BigBeitMonster 16lb
FOOK:Nogales Second Bite #4/0
LURE:Gary FAT IKA
ナイスキーパーの700gであるが、何故か無撮影リリース。
深い理由は無し。一人なのでデッキに置いて撮るのが嫌だっただけ。
期待してかなりの距離を流してみるが、反応はたったの一回だけ・・・

既に路頭に迷いそうになるが、茨城側ではあまり釣りをした事がなかったので、スローで走行しながら、見た目に良さそうな所を適当に撃ってみる事にする。
もう何処へ行っても、水は悪いだろうと言う事で、ここで気にするのをやめる。

風もイイ感じで当たっているし、ブレイク上に縦ストラクチャーもあるし、教科書的には釣れる条件100%!!
だと思ったが、やっぱり甘くないのね無反応・・・

それでもゆっくりと流しながら、目ぼしい所を根気よく撃ってみるとやっと反応が!
さっきのよりは縮んでしまったが、ギリギリキーパー。
(ちなみに、私の中ではキーパー=30cmです。)
浅そうに見えても、エグレて水深が深くなっている所には居るんですね。
で、似たような所を撃って簡単にもう一本同サイズ。

Tackle data 赤いか
ROD:Abu Garcia Fantasista67MHFR
REEL:Abu Garcia SX1601C Hi-Sp
LINE:VARIVAS BigBeitMonster 20lb
FOOK:Nogales Second Bite #2/0
SINKER:Gary SUGOI Sinker 7g
LURE:WalkerWalker H2

一生懸命撃てば釣れるねぇ、しかしサイズが上がりそうもないよなぁ
と、新たな葦エリアを前にして考えてしまった。
田辺プロ流に言うと、「小さくまとまってる」と言う感じですかね。
そこで、今日は葦を撃つのはもう止め!と、狙いを変更することにした。
と言っても、朝一に入れなかったゴロタエリアね。
いろいろ能書きを書いたが、深い意味は無し。

もうすっかり日は上がって、凄まじい暑さ。
しかも狂風なはずが、風も弱い・・・もう帰ろうかな・・・水も汚いし。

諦め半分でまずはチドッてみるが、無反応。
石から離れて、深い側に浮いてるだろうと勝手に想像して、カットテールを漂わせる。

するとここに逆転のドラマが待ってましたよ!
ルアーが沈んで行く時に、ブルーギルの反応。
我慢してそのまま漂わせているつもりが、なんか違和感が伝わってくる。
あれ?!と思ったときには、渾身のフッキングをしてましたよ。

強烈な引きをしっかりと耐えて、上がってきました45cm1500g!!
顔デケー!
Tackle data:赤いか
ROD:Abu Garcia Fantasista63MR
REEL:Abu Garcia SX1601C Hi-Sp
LINE:VARIVAS GANOA THE HARD 12lb
FOOK:Nogales Mosquit #1/0
LURE:Gary CutTail 6.5

これがアメリカの試合中のプロだったら、大絶叫&ダンスでしょうね。
私は日本人素人バサーですから、地味に一人でガッツポーズで。感動&感激しました。
いやいやこの瞬間に出会いたくて、バス釣りやってるんだなと再認識。嬉しいですね。
今まで三本のバス君達の写真を撮らなかったのは、こいつに会うためだったんだなと・・・
(すいません。言い過ぎでした。)

さらに二匹目のドジョウを狙ってみるが、やっぱし甘くないですよで無反応・・・

そして、あまりの暑さに釣りをしてるフリをしながら、橋の下で涼んでる所を沖田プロに発見されて、しばし歓談。
沖田プロのSKEETERカッコいいです。

最後に役所前テトラを撃とうと思って向かうが、お祭り準備で岸は立ち入り禁止。
船からは問題ないだろうかなとも思ったが、あまりにも人がたくさん居たので、遠慮して止める。
行き場も無くなり、暑さにも負けそのまま帰着。

日陰に一度入ると出られなくなりますね。
皆さん、熱中症にはくれぐれも気をつけましょう。

  当HP上の画像等の無断使用を禁じます。
 Copyright NFB Japan. All Rights Reserved.
This site is LINK FREE!