2005年3月5日

ついに復活200zx!!
と言う事で、前日は大雪、当日も朝は雨という、普通なら釣りしに行くわけがないだろう。と言う天気。
しかし、200zx復活となっては、行かないわけにはいかないと言うことでマリーナを目指す。
雨がぜんぜん止まないが、小雨になった隙をついて準備して出航!

横利根水門を抜けるころには、なぜか青空が・・・
と言う訳で、快調に200zxは爆走し、小見川水門を目指す。今日は利根川ね。

小見川水門を無事にくぐり抜け、まずは第一ポイントへ向かう。
黒いか氏がビデオで見たと言う、テトラポイントを目指してみるが、どうも様子が違う・・・記憶違いか?!
悩んでもしょうがないので、手近なテトラへ向かってみる。

さすがに雨上がり、おまけに前日は大雪だったのでとにかく寒い。
「今日の最高気温は5度。冷蔵庫の中と同じ温度ですね」と、朝の天気予報のお姉さんが笑顔で言っていたのを思い出す。
冷蔵庫かぁ、そりゃー寒いよなぁ。と、寒さも倍増。
なんとかがんばって撃ってみるが、無反応・・・

二人で思っていたポイントがあるので、そちらへ向かってみると、北西風が見事に吹き付けていて、釣りにならん。
それでもここで釣れないと、かなり終了ムードが近づいてしまうので、がんばってみるが、無常にも無反応・・・

こんな厳しい条件なので、人間に優しいエリアでないと釣りにならないよね=釣れないよねと、風裏へ向かう。
多少の増水とかなりの濁りであるが、霞に比べれば、綺麗なんてもんじゃない。構わず撃つ。
深い側を適当に漂わせていた、赤いかテキサスリグにバイト!
ファンタジスタになってから、見事に決まるフッキングが気持ちいい!

Tackle data 赤いか
ROD:Abu Garcia Fantasista67MHFR
REEL:Abu Garcia SX1601C Hi-Sp
LINE:VARIVAS GANOA THE HARD 12lb
FOOK:Nogales Second Bite #3/0
SINKER:Gary SUGOI Sinker 5g
LURE:Berkley BulkyHawg

見事にいつも綺麗な利根川バス君とご対面!
負けじと、黒いかぶちょうもやる気爆発で撃ちまくる!

大きさにはかなり不満そうであるが、見事にキャッチです!

Tackle data 黒いか
ROD:Palms EDGE EGC605
REEL:SHIMANO MetaniumMG
LINE:VARIVAS GANOA THE HARD 12lb
FOOK:Nogales Second Bite #3/0
SINKER:Gary SUGOI Sinker 5g
LURE:Gary Creature Worm

風も多少弱くなってきたような気がして、風向きも変わったみたいなので、当初の一番期待エリアへ舞い戻ってみる。
やはり風裏マジックにハマってしまっていたようで、風向きは確かに変わっていたが、風の強さは相変わらず・・・無反応

日も傾きかけてきたので、最後のポイントと思い、朝一のとりあえずテトラへ戻ってみる。
餌釣り師さんが居たので、朝と違う所から流し始める。

そこへ今度は重常を適当に漂わせていた赤いかにバイト!
63Mで気持ちよくフッキングが決まる!
変なポーズ・・・ダサイ
Tackle data 赤いか
ROD:Abu Garcia Fantasista63MR
REEL:Abu Garcia SX1601C Hi-Sp
LINE:VARIVAS GANOA THE HARD 12lb
FOOK:Nogales Second Bite #2/0
SINKER:Jackal DownShot 7g
LURE:(クリーチャーミニミニ改め)ミニーチャー(詳細は前回の釣行記を)

これで、63Mにも魂を注入する事に成功したわけですが、今回ちょっと驚いたことがあります。
67MHは硬さの割りに、フッキングした時や、その直後に竿を立ててお魚さんを引き寄せる為に力を入れた時など、手首に負担がかからずにお魚さんを引き寄せることができて、イイ竿だなぁと思っていました。今回63Mで、当然同じ動作をした訳ですが、67MHとまったく感覚が変わらない。竿の硬さも太さも全く違うはずなのに、全く同じ感覚(パワー)で、お魚さんを引き寄せランディングする事ができました。
強烈なバットパワーがあるのか?竿全体に非常に強い力が備わっているのか?
非常に
難しいので、機会があれば、開発者のだーなりプロに聞いてみたいと思います。
とにかく、キャスト、ランディング、どれをとっても釣りをしてて、非常に楽しい竿である事は間違いないです。(
褒め過ぎ?!)

とどめに付け加えますと、以前まで使っていた竿は、折れるのが不安で恐ろしくて、抜き上げることは殆ど無理でしたが、ファンタジスタは折れる不安が全く無い。沸いてこない。伝わってこない。と、やっぱり強靭な竿なんですかね。

という感じで、見事にお魚さんをキャッチした赤いかである。
これを見て、黒いかぶちょうのやる気が爆発しないわけがないが、冬は日が傾くのが早い。冷凍庫になる前に、帰着としました。
条件の悪い割には、なんとかお魚さんと出会えて良かったかなと、思います。

本日のSKEETER

黒いか艇
2名乗船、GAS100L、トリム低めで走行
119km 5800rpm(回転もトリムもまだまだ上げられそう)
 命がけで赤いか撮影!この後に80mphメーター振り切り!
60mphぐらいまではかなり正確に出ますけど、それを超えるとかなりアバウトな値になります。
実測(GPS)より10%ぐらい速くスピードメーターには出ますね。
なので、この画像76mph(約121km)は、実測(GPS)で110kmと出ていました。



  当HP上の画像等の無断使用を禁じます。
 Copyright NFB Japan. All Rights Reserved.
This site is LINK FREE!