2004年10月2日

とにかく、久しぶりの釣りである。
お天気も良さそうだし、いっちょ楽しんできますか!
と、黒いかぶちょうと出航。おいおい水門閉まってるじゃん。
前週に降った雨の影響だろうか、20cmぐらいの増水。
久しぶりに水門を操作していざ霞ヶ浦へ!

まずは出てすぐの杭。
水は相変わらずクリアであるが、河口堰が開いてるんでしょうね、流れている。
なんとか少ない杭を撃つが、無反応。
これもまた久しぶりに、さらに北上する事にする。

で、大規模テトラ地帯ね、まずは巻いて見る事にする。
ここで某OPA!柏店店長K氏から勧められた、新型ハンドメイドクランクを試す。
釣れてくれれば、詳細を公開するんですが、日差しが強すぎるのと、風が全く無いせいか、テトラの外側には居ない感じが・・・
確認すべく、ワッキーをテトラの日陰にブチ込むと直ぐに反応が!
やっぱり日陰の奥なのねぇ

Tackle data 赤いか
ROD:UFM UEDA PRO-4-EX GN-62B
REEL:ABU Morrum SX1601C Hi-sp
LINE:VARIVAS GANOA THE HARD 10lb
FOOK:Nogales Mosquit #1/0
LURE:GaryCutTail 6.5inch

さらにテトラにボートポジションを近づけ、撃ちまくる!
すると黒いかぶちょうにもバイト!!
Tackle data 黒いか
ROD:Palms EDGE EGC605
REEL:SHIMANO MetaniumMG
LINE:VARIVAS GANOA THE HARD 12lb
FOOK:Nogales Second Bite #3/0
LURE:Nories Escape Twin

いやはや久々にこんな大きさのバス君を見ましたよ、おまけに幻の霞バスだし

その後調子に乗って更に北上し、GPSを駆使して名所旧跡を周ってみるが、
さすがにそんなに甘くは無い。生命反応すら全く無し

もう10月だというのにこの暑さはなんなの?
空気は冷たいが、日差しが突き刺さって、とにかく暑い。
おっと、黒いかぶちょうがこんな時期に融け始めちまった。<=オチね

このまま水がきれいになっていって欲しいと、切に願う。


おまけby黒いか
9月18日から遅い夏休みをとって実家のある北海道へ里帰り。
久々に川で釣りをしたくなり、中学校からのつり仲間と連絡を取り釣行。
何せ久々なもので、友人にガイドをお願いした。
(友人は今シーズン50アップのトラウトを数本上げている。)

最初に向かったのは、メジャー河川“尻別(シリベツ)川”の支流“真狩(マッカリ)川”。
濁りがきつく期待薄とのことだが、カスミになれた目には澄んでいるように見える・・・・・。
300mほどつり下るが、当たりすらない。最も期待できる川だったらしく、濁りが恨めしい。
早々にあきらめて、ここを後にする。
続いては、本流の尻別川本流の上流部分。北海道の大自然を感じながら走ること約30分、
川の様子を見ると、めちゃくちゃきれいな水。これが澄んでるって言うんでしょうね。
期待を胸に早速ルアーをキャスト開始。数百メートル下りながらルアーをキャストし続けたところで
友人のスピナー(スピナベイとじゃないよ)にヒット!約25cmほどの綺麗な山女(ヤマメ)。
感動しつつデジカメでパチリ。
この頃黒いかはというと・・・・・。反応を得られないまま・・・・・・。
初めての場所に来て、勝手の違うつりで簡単に釣れるわけもなく、あえなく玉砕(^.^)。

あまりの反応の悪さに、尻別川を後にして、地元の渓流に向かうことに。
帰り道、蝦夷(エゾ)富士と呼ばれる羊蹄(ヨウテイ)山を撮影し。

あの渓流でルアー引くの???って感じだったんで、を餌つりの道具をとりに一旦友人宅へ。
一服したところで、第二ラウンド開始。

採取ポイントは、アママスの沢と呼ばれるところ。
マジで自然の中の渓流って感じのところです。思わず写真を撮っちゃいました。
んで、早速釣行開始。黒いかは餌つり。友人は相変わらずルアー。
流石に餌に分があり、早速黒いかにヒット。が、しかし体長20cmくらいの綺麗で可愛いヤマメ。
同じようなサイズが数本つれたあと、友人のルアーにもヒット!が、あがってくるのは20cm前後の
可愛いサイズ。


川を渡ろうとした黒いかにハプニング!
何としたことか流れに足を取られ、思いっきりこけちゃいました(^.^)
北海道の秋は寒く、体に悪そうなので、あがる事にしたのはいいが、川の両サイドが崖になっており
林道にたどり着くまで釣りあがることに・・・・・。
結局釣行スタートから、約2時間(普段は1時間の位の行程ら石井・・・・・)。車まで戻るのに約30分。
結局車についた頃には辺りは真っ暗。着ていた服も水浸し。
体力がなくなったと痛感した釣行でしたが、まあ、自然を感じながらのつりで、満足しつつその場を後にしました。

  当HP上の画像等の無断使用を禁じます。
 Copyright NFB Japan. All Rights Reserved.
This site is LINK FREE!