2004年6月12日

本当は前日の天気予報見て行かないつもりだったんすけどね
台風だし、10mの予報だったし
蓋を開けて見れば、ピーかん無風・・・勘弁してくれよな
こうなると釣り好きは止まらない、マリーナへ向かう・・・

黒いかぶちょうは朝からがんばってるようだが、余り良くなさそう。
思いっきり晴れているので、こりゃさらに駄目でしょと思いつつ、帰着してきた黒いか部長を無理やり乗せて、男らしくカスミ方面へ出撃!

日差しが強い割には、走行すると空気が冷たい。
途中で明日のJB戦に出場するSKEETER乗りのお友達と遭遇し、井戸端会議開始!
かなり話したでしょうか、それぞれのエリアへ向かう。

なんか最近は葦が好きになっているので、葦撃ちから。
先週もぴーかん真昼間に釣れているので、ちょっと自信を持って撃つ!

Tackle data 赤いか
ROD:UFM UEDA PRO-4-EX GN-62B
REEL:ABU Morrum SX1601C Hi-sp
LINE:VARIVAS GANOA THE HARD 10lb
FOOK:Nogales Mosquit #1/0
LURE:GaryCutTail 6.5inch

で、簡単に一本目、小さい

その後に一番条件のいい所に入って行くが、期待外れの無反応・・・
対岸に渡って続けて撃つ

Tackle data 黒いか
ROD:Palms EDGE EGC665
REEL:SHIMANO MetaniumMG
LINE:VARIVAS GANOA THE HARD 12lb
LURE:Nories ESCAPE Twin
FOOK:Gamakatsu314 #3/0
SINKER:Gary SUGOI SINKER 5g


その後、赤いかにさらにもう一本。

結構「密」に撃っているつもりであるが、余りにも反応が少ない。
気持ち的には、葦の茎を一本一本全て撃っている気でいるのだが・・・
(あくまで気持ちの中でだけの話しです)

何が違うのかよく分からないが、この時期にはあまり入った経験の無いコンクリート系エリアへ向かう
見事に無反応・・・

遅出なので、余り冒険もできず、常陸利根川に入りさらに葦撃ち!
と思って撃ったが、濁りがひどい
船の往来が激しい所なので、引き波のせいなのか?もともと汚いのか?
よく分からずに無反応・・・

ここで久々若い衆のtakahiro君と遭遇、船変えたのね
またも話し込んで、なんとなく終了。
スカッとした当たりに、フッキングしたい今日この頃でした。


本日のSKEETER
水温22度、気温30度オーバー

赤いか艇
TENPEST27装着、低速で水を全く掴まず。ジャック冬セットに戻す。
まともに走る気がしなかったので、全開未実施
100km、5000rpm(YAMAHAペラより10km近く遅い)

黒いか艇
YAMAHA27-T装着
ヨーイング減ってかなり良い走り
118km、5400rpm

  当HP上の画像等の無断使用を禁じます。
 Copyright NFB Japan. All Rights Reserved.
This site is LINK FREE!