2004年5月15日

今日は付ける物がやっと全てついた黒いか艇と2艇体制で出撃し、大型連休中に掴んだパターンが生きているかどうか?どのくらい変わったのか?を見に行ってみる事にして、またも北浦へ向かった。
何か明確な目的を持っての出撃は久々である。モチベーションが全く違いますね

前回は上流方向から釣り下って来たが、逆の順番で下流から釣って行く事にした。
赤いか艇、黒いか艇で、別々のポイントに入り、釣り開始!

で、赤いかにいきなり反応が!
Tackle data 赤いか
ROD:TMJC-66MH
REEL:ABU Morrum SX-1601C HiSp
LINE:VARIVAS GANOA THE HARD 12lb
LURE:Berkley PowerHawg 4inch
FOOK:Nogales System5 #2/0
SINKER:Gary SUGOI sinker 5g




なんかキャストの具合が悪く、思った所にルアーが、なかなか入ってくれないが、なんとか一本目を釣る。(ただ下手なだけ)

先週とあたりの出かたがちょっと違う感じでしょうか?少し難しくなっている。
水温は先週より4度近くも上がっていて、いい感じの水温と思われるが、例年に比べるとまだまだ低い。

前回の教訓を生かし、丁寧にじっくりと撃っていき、もう一本追加。

ここで黒いかぶちょうから「反応無いー!巻きに行きます!」と連絡。
私はまだ撃っていない所が残っているので、さらにじっくりと撃っていく。
そして、さらにまた一本追加。

一番可能性が高いと思った所から釣れてないので、確実に釣り残してしまっていると思い、再度丁寧に狙ってみる。
やっぱり居る所にはちゃんと居ますねぇ

先週と同じ魚かよ!
 48cmちょっと太って1500g
Tackle data 赤いか
ROD:TMJC-66MH
REEL:ABU Morrum SX-1601C HiSp
LINE:VARIVAS GANOA THE HARD 12lb
LURE:Berkley PowerHawg 4inch
FOOK:Second Bite #2/0
SINKER:Gary SUGOI sinker 5g

釣りを開始してまだ一時間、短時間でちょっと釣れ過ぎですね。
正直もう帰ろうかと思いましたからね(をいをい)

前回と今回で、キャスト精度の大切さと、丁寧に撃つという事を痛感しております。
当たり前で超基本的な事なんですが、これに尽きるんですね。再認識。

自分で言うのもなんですが、ポイントを叩きのめしてしまった感じがするので、ちょっと時間を置くのと、黒いかぶちょうが、まだバス君とお会いしていないので、エリアを大幅に移動。
もうアフター回復組みが居るのではないかと思い、「5月は杭!」と言う、すばらしい格言を思い出し、杭撃ちに走る。

めっきり減ってしまいましたねぇ>杭
下流近くの二つのエリアを別々に回って杭を撃とうとしたが、魚どころか杭が無い。
とりあえず杭以外の目に付いた物を撃ってみるが、無反応・・・

黒いかぶちょうは過去に実績のあったさらに上流の杭エリアへ向かい、赤いかは取水等なんかを撃ちに行ってみる。
しかし赤いかは朝一に釣り過ぎた為、やる気無し、ご飯タイム、漂流。

30分ぐらいボケッと漂流し、その後遠くに見える黒いか艇へ近寄ってみると、大きく手で丸印を出している。釣ったらしい。

デジカメ忘れて画像無し(自爆)
Tackle data 黒いか
ROD:Palms EDGE EGC606
REEL:SHIMANO MetaniumMG
LINE:VARIVAS GANOA THE HARD 12lb
LURE:Nories ESCAPE Twin
FOOK:Gamakatsu314 #3/0
SINKER:Gary SUGOI SINKER 5g

狙い通りに杭で釣れたようなので、さらに周りの杭を撃っている。
ここで赤いかも過去に実績のあった杭エリアへ走り様子を見るが、無反応・・・
杭はまだ早いのかなぁ・・・どうなのかなぁ
で、先週を思い出し、ドック壁へ走ってみる。

いやいや風向きが先週とぜんぜん違い、ドックに向かってモロに風が吹き付けている。
思いっきり風下で、ザバザバしながら撃ってみるが、丁寧に撃つ事ができず、ドックの壁に船ごと突っ込む前に退散。

風裏のドックを撃っていた、黒いかぶちょうと合流するが、お互い無反応・・・
じゃあと、朝一の実績エリアへ戻る事にする。

黒いかぶちょうはシャロー側を撃って行き、赤いかは沖側でも打とうかと思ったが、お知り合いに遭遇しまくり、井戸端会議突入!

お魚が入るタイミングを掴めている訳も無く、黒いかぶちょうが一本追加し、本日は終了。

 近くに居たので、赤いか撮影。

いやいや北浦良い感じですね、いつまで続くのでしょうか?
今回は精神的に少し余裕があったので、いろんなリグを試してみたが、先週と同じ釣り方に分があった。気持ち的に自信を持っているリグだからと言う感じが多々ありますがね。

本日のSKEETER
水温19−20度、気温も同じぐらい

赤いか艇
冬セットよりジャック約1インチ下げ、一名乗船、GAS120L、5000rpm、110km
経済的事情により全開せず。今日は燃費がよい

黒いか艇
一名乗船、GAS100L、5400rpm、118km
エンジン載せ変え後の、最高速度を記録。速っ!
全開しまくった為、燃費最悪


  当HP上の画像等の無断使用を禁じます。
 Copyright NFB Japan. All Rights Reserved.
This site is LINK FREE!