2004月4月17日

200zx改め225zx(なんじゃそりゃ?!)に変身!
やっと80%は完成ですかね、走れる様になったので乗ってきました!

反則25馬力upのYAMAHA V-max225 3.1Lです。
ジャックもエンジンに合わせて2inch延長の油圧リフトに交換!
MARINER(MERCURY)からYAMAHAへ交換なので、本来はメーター類からスロットルレバーから交換しないといけないのですが、そこは船章メカ氏の腕の見せ所と言うか、黒いかぶちょうのただのワガママだったりしますが、元のパーツをK−TUNE加工流用でそのまま使用!(さすが船章!)見た目が変わったのはエンジンだけ(当たり前)で、

「なんか新艇みたい」by赤チャンピオンさん
と、コメントを頂きました。

やっぱりSKEETERと言えばYAMAHA!!ですからね
これにはちゃんと政治的(?)な理由もありまして、
皆様ご存知のとおり、SKEETERと言うメーカーは、USA-YAMAHAの子会社でもあります。

訳の分からない能書きはこのぐらいにして(別コンテンツにて能書き予定)、
船章メカ氏から「まだ全開するんじゃねーぞ!」と、悲しい注意を受けたが、気を取り直して出航!
どこへ行くか悩んだが、エンジンの調子があまりにも良いのと、今日は絶対に魚を触りたい!と言う理由から、利根川へ向かった。

水門を抜けてまず水の汚さに驚いた、なんか濁りがヒドイ、風も強い・・・
と言っても、霞に比べれば悩むどころか相当キレイなので、あまり深く考えずに撃ってみる事にする。
風の影響で、千葉側の岸しか撃てそうも無かったので、赤いかの野生の勘で、いきなり目に付いた船着場(?)のようなものを撃ってみる。

野生の勘的中で、黒いかぶちょうにバイト!(と言っても、あたりは全く無し)

Tackle data 黒いか
ROD:Palms EDGE EGC606
REEL:SHIMANO MetaniumMG
LINE:VARIVAS GANOA THE HARD 12lb
LURE:黒いか-JIG 1/4oz
TRAILER:Gary Double Taile Grub 4inch












いやいや、いきなりの変身初フィッシュでございます。
撃ちつくしてしまったので、同じような所を探してまた撃つが、無反応・・・
ありゃ?!さっきのはたまたまで、もっと浅いのかな?!
で、浅い水深のエリアを探して撃ちまくるが、無反応・・・
小刻みに移動を繰り返しながら、次々に撃ちまくって行くが、あまりにも無反応・・・
やっぱそう簡単ではないのね
ここで、一本目の釣れた状況を思い出して、水深を修正し、エリアを考えなおす事にした。

で、そうであろうと思われるエリアね
多少風は当たっていて釣り辛いが、撃ってみる。
そこへ赤いかへ怪しい感触・・・石?魚?
一応半信半疑合わせをしてみるが、のらない、勘違いだったの?!
ワームを確認すると、歯形びっちり・・・バスだったのね
しかしフックポイントより下側に歯形がびっちり、食い気は余り無いみたいね、しかも、アタリの出方は過去に無いぐらいに微妙・・・

その直後に黒いかぶちょうにバイト!(前記の通り、手元には何も伝わってこない)

さらに続けて撃つと、赤いかにもバイト!(もちろん手元には何も伝わってこない)

Tackle data 赤いか
ROD:TMJC-66MH
REEL:ABU Morrum SX-1601C HiSp
LINE:VARIVAS GANOA THE HARD 12lb
LURE:Berkley BngeeHawg 4inch
SINKER:Gary SUGOI sinker 5g
FOOK:Nogales System5 #2/0








言葉で説明するのは非常に難しいですが、どういった感じであたりが出ているのかと言いますと、バス君はブレイクの角の下(ディープ側)辺りに居るようで、ルアーを角に沿って落とすのが「みそ」だったみたいです。
当たり自体は、手元に何も伝わって来ない上に、風が強く、ラインの微妙な動きも分かりにくい状況で、微妙な重さや、違和感、生命感を感じたら、とにかく合わせる。こんな感じでしょうかね?
違和感(あたり)を感じて、考えるより先に体が勝手に合わせていると言うのが本音です。
こんな感じで赤いかが更に追加、もっとがんばればさらに釣れたと思われるが、船のセッティングの時間が迫っていたので、後ろ髪を引かれる思いで帰着。
もっと釣りしたかったぞー!!

帰りに船の浮きを見ると言う名目で、船章メカ氏の指示で、全開走行を試みる。
加速は凄まじい物があるが、最高速伸びずに110km、まだこれからっすね。
外から見ても、エンジンパワーの割には浮き方が弱いとの指摘。
一緒に最高速の練習しましょう。

で、北浦へ行った赤チャンピオンさん達、なんと二桁達成の釣れ釣れだったそうな。
例年よりちょっと遅い春が訪れたんでしょうかねぇ・・・

  当HP上の画像等の無断使用を禁じます。
 Copyright NFB Japan. All Rights Reserved.
This site is LINK FREE!