おもちゃのようなこのルアーをあなたは信じていますか?

ご存知のとおりこれには、ブレードの形と組み合わせで数十種類存在することになり、ウィローリーフブレード、コロラドブレード、インディアンブレードを組み合わせ、タンデムかシングルかの組み合わせがあります。
各組み合わせにそれぞれの特徴がありますが、話しが複雑になるのでここでは言及を避けさせていただきます。


スピナベを一言で言うならば、根掛かりしにくいハードルアーでしょうか?
その形から、一体これは自然界の何?のように、いかにも釣れにくい(使いにくい)ルアーとのイメージが強いのか、スピナベで釣ったことの無いという殆どの人が"使わない"これが一番な釣れない原因だと思われます。(どんなルアーもそうですけどね) 私に言わせると使いやすくて釣れるルアーの代表選手何ですが・・・・。





特長を最大限に活かそう!
前述のよに"根掛かりしにくい"が最大の特徴なので、それを最大限に活かしましょう。
クランクやバイブじゃ根掛かりのリスクがデカイポイントで、広く探りたいときなどはこいつの出番です。杭エリアや葦のエリアなど活躍の場は多いですね。
また、着水後のリトリーブスタートのタイミングやそのリトリーブスピードそのものの調整で、表層からディープまでカバーできるのも特徴の一つでしょう。ドッグや杭など縦ストラクチャーを水深を変えてスピーディーに探ることが出来ます。

重さを使い分けよう!
よく使われるのが1/4oz〜1/2ozまでで、水深・リトリーブスピード・飛距離・風など、状況によって使い分けます。
ヘビーウェイト=ビッグシルエット=空気抵抗大!となり、1ozのものだからといって飛距離は極端には伸びません。
元来浮(うき)の強いルアーですが、やはりヘビーウェイトの方がブレードも大きくスローに引けます。

狙える水深は、50cm〜3mと幅広く、サーチベイトとしての役目は大きいでしょう。
とくに、シャロー・ストラクチャー周りでのファーストキャストには出番が多いです。 では、3Mになるとどうか?
実際にはハンプ・ブレイクなど確認できていれば有効手段でしょうが、バイブレーションの方がサーチベイトとしての役割は大きいですね。 やはりよく使うのは、50cm〜2.0m位となるので、水深によってルアーのウェイトを使い分けましょう。

ヘッド形状は好みによるところが大きいと思いますが、私は断面が楕円のものを好んで使います。実際の製品ですと、ノリーズクリスタルSを好んで使っています。断面が逆三角形や三角形したものはファーストリトリーブでも姿勢が壊れにくいという性質があり、早巻きするときに特に有効じゃないでしょうか。。それ以外は基本的にスローリトリーブが多いため、クリスタルSの使用が多くなリます。また、最近ではリアルシェイプなヘッドが多く出てきていますが、殆ど使ったことが無いため、コメントできません。情報求む!

具体的使い方編!
その1:杭に当てて使う。
   ・当てた瞬間の"ひら打ち"でバイトを誘う。
   ・杭の横でフォール。そのままの姿勢でボトムまでおとしフォールで食わせる。
※動きの変化で食わせる。 田辺プロが言うところのリアクションビヘイバーってやつですね。

その2:葦際
   ・テキサスリグのようのピッチング&リトリーブ
   ・葦と平行にリトリーブ
※葦際などでリトリーブの距離が短い時などは、着底直後からスローに引こうとすると、ブレードが回転するまでに時間がかかるため、一瞬ロッドを煽って、ブレードを回してからスローリトリーブに移ります。これが結構効きますよ。

その3:ボトムとレース
   ・浚渫・岩盤などのハードボトムを這うようにリトリーブ。
    地形に合わせてトレースします。ボトムを感じながらスローに引く辺りはクランクと使用感は似ていますね。

どんな竿がいいの?
よく雑誌なんかには、「ノリ重視でグラスロッドがベスト」なんて書いていますが、私は全くそうはおもいません。
スピナベのフックを見てもらうと分りますが、あの太軸のフックで硬いバスの顎を貫くには、相当なフッキングパワーが必要になると思います。フッキングパワー重視で考えるとグラスロッドは使えませんね。具体的にはスピナベの重さにもよりますが、最も使用頻度の高いと思われる1/2ozクラスですと、カーボンの6.6ft〜あたりのミデアムヘビークラスのロッドでしょうか。それとフッキングストロークを大きく取りたいので、長めのロッドと言うことですね。それに微妙なブレードの回転変化を感じ取ることも出来ますからね。
カーボンだと魚を弾かれるとよく言われますが、今までの経験上そのようなことは皆無ですね。むしろ微妙なバイトを一気にフッキングしたいです。

ポイントは硬くて長めのロッドで、ラインはやはりフロロカーボンの12lb〜。ここでナイロンラインにすると、せっかくのフッキング重視、感度重視のタックルセットが意味をなさなくなります。ノリ重視のセッティングでもロッドはそのまま、ラインだけナイロンにするという手もありかもしれません。
また、キャスティングのしやすさもグラスを使わない理由の一つです。やはりカーボンの方が、キャスティングの精度は上がります。狙った所を狙ったとおりにトレースできるということが釣果アップの一歩だと考えますので、やはりグラスではなくカーボンロッドだろうと思います。

トレーラー&トレーラーフック編
これに関しては、賛否両論だと思います。まずはトレーラーから。全てに細身のワームを付けます。付けると、当然バイブレーションが弱まります。ですが、付けたときの滑らかな動きが良い場合の方が多いような気がしてなりません。
続いてトレーラーフック。これに関しては、つけていない人のほうが多いと思います。が、しかし、これも全てにセットしています。これは、つけるようになってから、上げた魚の5本に1本は、トレーラーフックに掛かっているからです。つまり、付けていなければ20%はスピナベでの釣果が落ちるという計算になります(極端かな?)。
結果を言うと、全てにトレーラー&トレーラーフックをセットしています。総合的に動きが鈍くなるのは確かですが、その分バイブレーションの強いスピナベを使うようにしています。

もう一つ!トレーラーをつけると、明らかに、浮が強くなります。逆にいうとスローロールできる。と考えています(これに関しては?????と思う人もいらっしゃいますよね)。

上級編:あたりの出方!こんな時にも迷わずフッキング!
スピナーベイトを使ってて、同じスピードでリトリーブしているにもかかわらず、フッとブレードの回る振動が消える瞬間てありませんか?そんなときには迷わずフッキングしてみてください。口の外側にフッキングすることがたまにあります。これは、スピナベの近くにバス君が近づいたか、ブレードにバイトしたかのどちらかと考えられます。ブレードってちょっとした水流の変化で回転が変わります。つまりバイブレーションも変化するということですね。こんなことを利用して、スピナベのジャークなんていうのもありですね。


※スピナーベイトのヘッドの塗装が、ボロボロになるぐらい使い倒しましょう。

戻る=>

  当HP上の画像等の無断使用を禁じます。
 Copyright NFB Japan. All Rights Reserved.
This site is LINK FREE!