オカッパリの方には、なかなか使用する機会が少ないんじゃーないでしょうか?
と言う私も、陸釣り時代は全くと言って良いほど手を出さなかったルアーの1つです。

まず3/8oz以上と重たいですよね、それと剥き出しのフック、いきなり一投目で無くなりそうな風体です。じゃーどうやって使うんでしょうか?オカッパリでもエリアを考えれば使えるでしょうが、私の中ではクランクベイトと同じ仲間ですかね、と言うことは、フットボールジグの出番は、クランクと似たようなエリアになってきます。ただし、クランクベイトは巻けば勝手にアクションしますが、当然のことながら、フットボールジグは自分でアクションさせないと、ボトムでぼさっとしているだけになります(これはこれでいい時も有りますけどね)。

フットボールジグはどうやって動かすのか?
言葉ではなかなか難しいですが、ボトムをズルズルとやったり、ヒョイヒョイと中層に浮かせたりと自分でその時の状況に合わせてアレンジできます、クランクベイトだと、人間が操作できるのは、ゆっくり巻くか早く巻くか、stop&goぐらいで、後はそのクランク固有の性能になってしまいますが、ジグはその日のバス君の好みを考えて、激しく動かしたり、一点で止めてみたりできるので、いろいろなアクションを試してみましょう。
昔に某釣り番組に出ていらっしゃった、超トッププロの方曰く、アクションは3・3・7拍子が基本だそうです。

実際にどんな所で使うのか?
クランクベイトと出るべき舞台は非常に似ていますね、主な使用場所は、浚渫・岩盤で、浚渫のブレイクに沿って落とし込んだり、岩盤の上をボトムバンプさせながら引いてみたりと、動かし方はさまざまですが、基本的にこういった所での出番が多いです。

ちょっと上級編
:フックが剥き出しの為、ショートバイト対策にもなるわけですよ、これをオダの中などにブチ込んで使うわけですね、ちょっとルアー操作を間違えれば、即根掛り!オダ本体を水揚げとなってしまうので、ルアーの状態を確実に感知して根掛りを回避する技術と、それを可能にするタックルセッテングが重要になってきます。

合わせ〜ランディング
フットボールジグって言うのは、意外とバレ易いんですよ、え?!バラしたこと無い?じゃーここは飛ばして構わないですよ
話しを戻すと、フックアップしてすぐ外れるところをみると、どんなに強くフッキングしても、アイとフックポイントの距離が短いので掛かりは浅い場合が多いと思われるし、フックの頭に重たい物が付いているので、ラインテンションがちょっと緩んだだけで、ジグがバスの口の中で動きまくるんですよ、でバレるという具合だと思われます。おまけにジグをアクションさせてボトムから持ち上げている途中にバイトなんか合った日にゃーロッドストロークもロクに取れないし、ラインスラックは出たままでさらにバラシ度アップと言う感じでしょう、なにか解決方法は?
なんかご機嫌なのがあれば私も知りたいですねぇ、必ずロッドストロークをとった縦フッキングが重要で、ラインテンションを保ち素早く寄せて躊躇せずに引っこ抜く!全然解決策になってないっすね(T_T)

ジグのタックル
ガード付きのジグであれば、テキサスリグに使うロッドとほぼ同じでいいのかもしれませんが、使い方が全く異なるフットボールジグとなるとそうも行きません。なんつってもコイツは重い(3/8oz〜)ので、ジグをボトムから持ち上げた時にロッドティップがフニャフニャと入ってしまうと、ジグの操作感が落ちます。ティップは固めのレギュラー〜ファーストテーパーっぽいものがいいんじゃないでしょうか?MH〜Hで5.8ft〜6.8ftぐらいと、いろいろなジグ用ロッドが各メーカーさんから出ていますので、好みの物を選んだらどうでしょう。
ショートロッドの方がキャストや操作性は当然良いですが、フッキング、ランディングなどが弱くなってきます。ロングロッドの場合はこの逆になりますね。ちなみに6.6ft以上のジグロッドって、スピナベのスローローリングにも結構ご機嫌な仕事をしてくれます。
次にラインですが、重いジグを時には激しい所で激しく動かすので、ちょっと太めのフロロの12lb〜、ナイロンの14lb〜でしょうか

フットボールジグ本体
ジグ自体はどういった物が良いんでしょう?いろんな物が各メーカーさんから発売されていますが、フットボールジグって差が良く分からないんですよねぇ、ご存知の方いらっしゃったら教えてください。という事で、根がかって無くなる頻度も高いので、私らは自分で巻いた物を主に使っています。ちなみに、ガード付きジグはKEITECHを使用しています。

超簡単手巻きジグ講座
1.作りたい重さのフットボールジグヘッドと、作りたい色のファインラバーを購入する。
 
注:ヘッド塗装が大変なので、塗装済みを使ってます。

2. ラバーに(ここではまだ)フットボ−ルジグヘッドを置き、ラバーの長さを決めラバーをカットする。少し長めにカットした方が良い。
 

3. フットボ−ルジグヘッドの下側にラバー(約2枚)を当て、おもむろにケブラー糸(ミシン糸でも可)でラバーが上手く重なるように巻き、糸がへこみ部分に来るように巻きつける、この時にジグのヘッド側のラバーを真中から半分に裂いておくと、糸を巻きやすい。
 

4. 糸を5〜6回巻きつけて、キツク縛る
間違っても瞬間接着剤などで固めようなどとは思わないこと!(ラバーが接着剤を吸い、ガビガビになります)
 

5. ラバーを裂く
 

6. ラバーを適当な長さに切って、ソークでもすればめでたく完成!後は釣るだけや!
 
注:「言う通りにやっても、うまく出来んやんけ!」と言ったクレームは受けつけませんよ

あと、忘れてはならないのがジグのトレーラーです。 ポークなんてのも有りますが、使い方がチト面倒くさいので、ほとんどワームですかね、GaryのTwinTailGrubを良く使いますが、これはテールのバイブレーションが結構強烈でいい動きをしますよ。
あと、上手にトレーラーが付けられないという方は、KEITECHのカスタムトレーラーやツインテール?(ボディが中空のヤツね)なんかが、付けやすいし簡単でお勧めです。


※シーズンによっては、大鯰がよく釣れるルアーでもあります。

戻る=>

  当HP上の画像等の無断使用を禁じます。
 Copyright NFB Japan. All Rights Reserved.
This site is LINK FREE!