1998年、私が生まれて初めて出た、メジャー大会参戦模様です。

5/16公式プラクティス、本山プロのご好意でプラクティスに同行させて頂くことになった。
天気:曇りのち晴れ(凄く暑くなった)5:30土浦新港を出航
最初のポイントに到着し、リアデッキで釣りをしていたんですが、ふと本山プロを見ると、ロッドを下げて辺りを気にしています(周囲には他の選手のボートが何艇か浮かんでいた)。
本山プロは他のボートから、魚が見えないようにボートポジションをとり、おもむろに魚を寄せて水から魚を出さずにフックを外しリリースしました。おそらく1kgはあったと思われる。

本山プロからの指示は、魚を釣るとプレッシャーがかかってしまい釣れなくなるのと、他の選手に見られるとポイントに入られたりしてしまうという事でした。

本山プロが、使っていたフックを見せてくれたんですが、ゲイプ部分を思い切り曲げて、合わせもしなかったが、、フックアップしてしまい釣れてしまったそうです。私も真似して、フックをひん曲げたのは言うまでもありません。
その後も本山プロは、チューブワームからノーシンカーへとロ−テーションさせてバイトを取っていったようです。
そして、移動し次のエリアでは私の1投目にバイト!
いとう:本山さん、来ました!(小さい声で)

本山プロ:釣っちゃったの?
いとう:いえ、フック曲げてるんですけど、でも(バスが)外れないんですよ
本山プロ:ロッド下に向けて煽ってみな
いとう:外れた・・・
気づかれた方もいるかと思いますが、バスがルアーを放さないんです。私はすぐルアーを放してしまうもんだと思っていたんですが、これにはビックリしました。
でも普段の釣りの時は、すぐにフッキングしてあげないと、ワーム丸飲み、出血、死亡!となってしまうので気をつけましょう。
その後も私に2,3回バイトがあり、当然のように本山プロもバイトを取っていたようで「これでリミットは達成してるな」と言ってました。

そして、大山浚渫へ移動しましたが、次の週にJBプロ戦があるため、プラクティスの船が大量に浮かんでました。
本山プロがエレキで魚探を掛けていると、怪しいバスボート三人乗りが近づいて着て「すいませ〜ん!土浦新港はどっちですか?」朝っぱらからなんつー質問じゃ、本山プロが親切に教えてあげ去っていきました。
本山プロ:よく居るんだよね、あーゆうの、前にも何回か聞かれた事あるよ
いとう:よくあるんですか・・・?!
本山プロ:それにしてもアイツら、迷うにはまだ時間が早いだろ、(AM7:00!)
その後、同じエリアに居た他の選手と、しばし世間話し。
大山でもバイトをとり、西ノ洲方面に移動、ここでは沖目からシャローに居るボートをチェックするだけで、また移動!

本山プロ:ここはサイズ確認するから釣っていいよ
んー待ってました!でも今まで投げていたルアーは無反応・・・本山プロは魚探を見ながら早いテンポで釣りをしているので、クランクでも投げちゃう?!で、ゴリゴリ引きまくっていたら釣っちまいました!
周りに浮かんでいた20艇ほどのボート上の選手が一斉に注目しているのが分かります。
本山プロが、例のごとく水の中でフックを外しています。
本山プロ:これは、1600gぐらいあるプリの魚だな、浅いところで食ったみたいだけどボトムだった?
いとう:はい、ボトムみたいでしたね
本山プロ:こういうのが3本ぐらい混ざるといいんだよな、でもずいぶん遅いプリだな・・・
明らかに、本山プロの狙っている魚とは違うパターンの魚でした。

そして麻生方面へ移動し、岩盤をチェック、「ちょっと早いかもしれないけど、杭の様子でも見ようか」と、杭へ移動し、ラバジでも投げようかなと思って準備しようとしていたら、
本山プロ:常吉を絡んでも何でもいいから、オレが投げたところと同じ杭へ投げてくれ、もし来たら釣っちゃっていいよ
いとう:(???)分かりました
本山プロの説明では、本山プロはテキサスリグのデッドワーム(着水後、リールのクラッチも入れずにラインを出し続け、ワームを全く動かさず、ひたすら放って置く)と、常のシェイキングのどちらに反応するかを見ていたそうです。
ここでも本山プロに来ました。ホントに全く動かさずに、私が3,4投した同じ杭から、バスは釣れて来ました。
本山プロ:バスがジーっと見てるんだな、3mぐらい杭から離れても食ってくるときがあるよ、でもまだちょっと杭は早いみたいだな
と、杭は見切り、またも岩盤へ移動するがトラブル発生!!
朝から調子が悪かった、エレキがさらに悪化して、何とかダマシダマシ動かし、本日のプラは終了しました。


5/17大会当日、昨日とはうって変わった天気で、明け方から雨が降り、風もずいぶん強く吹いていました。
本山/いとうチームは第二フライトの6番目です。
土浦新港の中でスタート順番を待っていると、
本山プロ:オレ、新港出たら人が変わるからね
いとう:はい、邪魔にならないよう気をつけます(あー、おっかねぇなぁ)
なんて不安になってるうちに、スタートの順番が迫ってきました。前の順番のボートが目の前でプレーンして全開で走っていきます。そしてその後をこれまた全開で、カッ飛んで行きます!
想像していたより、風が強く波も高かったですが、この時点ではまだ大した事はありませんでした。

ポイントに到着し、釣り開始!ついにKASUMI−MASTERの本気の釣りが始まりました!!
例えるならまさしく「鬼」です!ボートの上の雰囲気も昨日とは全く違います。
その勢いに思いっきり呑まれながら、私も釣りを開始!
がっ!バイトが全く無い!
昨日はあんなにバイトがあった?????のに、どうなっちゃったんだ?!
雨がだんだん強くなって、私がまだ舞い上がってる所へ、本山さんに1本目が来ました!
昨日とは全く違う動きで、慎重にランディングしています。
その後も同じところを狙っていましたが、後が続かないので、西ノ洲へ移動!
ここで、2本目が本山プロに来ましたが、また単発で後が続かない・・・
未だに私には全く当たりすらありません。
そして、麻生方面に移動し、ここで本山プロが2本を追加!5本目をなんと、ボート脇で痛恨のバラシ!
なんてこったい、未だに私には当たりも全く無い、(こりゃ、いつボートから突き落とされてもおかしくねぇな)と不安になりながらもがんばる!
昨日あんなにバイトがあった重常に全く反応がない、でもこれを信じてやり通すしか私には手がありません、ワームをいろいろ変えたり、捨て糸の長さを変えてみたりしましたが、全く状況は変わらず・・・一晩でこんなに変わるなんて

雨、風、波がどんどん強くなってきます。
波浪のため、移動中に左端に座っていると危険なので、真中に座るようにと本山プロから指示をされ、私は必死でボートに掴まっていました。

そして、西浦の浚渫で本山プロが5本目を追加!
私は何度も集中力が切れそうになったり、辛くなったりしている所へ、ネガカリ、そして電撃外し!「来たっ!!!!」がっちりフッキングし、体制を低くしバスのジャンプに備えました!
いとう:本山さん、来ました!!!(今日はでっかい声で)
と、言ったときに、派手にジャンプ!!
本山プロが走って、リアデッキに来てくれました。
本山プロ:ドラグ調整して!
そして、本山プロがしっかりランディングしてくれました。
本山プロ:あと1本だぞ!
と、右手を差し出してくれ、本山プロとがっちり握手をしました。
ここで自分が6本目のバスを追加できたことを実感し、やっと役に立てたと思いました。
この1本のおかげで、切れかかっていたものが元に戻り、新たな闘志が湧いてきました。
本山プロ:フック結びなおした方がいいぞ、ネガカリが外れたときに来たな
いとう:はい、シンカー無くなってましたから
本山プロ:魚は居るけど全然食ってこないんだな

そして、西浦の別の浚渫で、本山プロが7本目を釣りリミット達成!!
本山プロ:あー、やっと7本揃った、一晩で全然変わっちゃうからな、トーナメントって大変だろ?
この日初めて、本山さんが笑った・・・時間はすでに残すところ後2時間
この後、麻生方面、朝一のエリアと回りましたが、7本きっちりで入れ替えは出来ずに、13:45に帰着しました。

土浦新港の中でトレーラーを待つ間に、全く手をつけていないお弁当を食べました。
いつのまにか空は晴れ風もやみ、暑くなってきていました。

そして、ウェイイン!!
WBSでは、ボートに乗ったままウェイインします(カッチョイイ!)
ここに来て、私はKAKSUMI―MASTER本山プロがパートナーだったと思い知らされてしまいました。ウェイインするときのカメラマンの数!!
何故か私?????はパートナーだったようなので、ライブウェルから魚を取り出すのを手伝います。その時は、カメラのシャッター音ばかりで、あちこちから「本山プロ!こっち向いてください!」と、ボートデッキの上でバスを持ち上げた例のポーズで写真を撮られまくっていました。
私はただただ、ボーゼンとその光景を見ているだけでした。
そして、なんと始めて出たWBSと言う、無く子も黙る大きな大会で3位!!お立ち台にまで立たせていただき、感無量で終了いたしました。

表彰式のインタビューで本山プロは
「アフターの魚で、シャローへの掛け上がりを狙っていきました。昨日はチューブワーム、ノーシンカーが良かったんですが、今日は常吉にも反応しなくなってしまい、ライトキャロだけで行きました」、と言うようなことをおっしゃっていたと思います。大会当日はずいぶん水温も下がっていたようです。
ちなみに私ごときにもインタビューをしてくれたんですが、「雨、風、波が強く、死ぬ思いでした」と、一言だったと思います。

大変な目にもあいましたけど、一人ではどうにもならないぐらいの経験を一気に積むことが出来ました。こんなんで、豪華商品まで頂いていいの?!
本山プロ、色々ご迷惑をおかけしましたがありがとうございました。


戻る=>

  当HP上の画像等の無断使用を禁じます。
 Copyright NFB Japan. All Rights Reserved.
This site is LINK FREE!