2002年4月6日

今日は、久々に200zx氏と今冬&早春の総復習!
なんだか訳の分からん目的で一緒に出撃しましょうと、準備をしてそろそろ出航しますか!と思っていると
白ちゃんぽん:「あれ?!ダーナリさんから電話だ、こんな朝っぱらになに用?!」

ダーナリ氏:「もしもし、おはようございますぅ、今日はもう出ちゃいました?」

白ちゃんぽん:「まだっすよ、今日は200zxさんと出ようと思ってたんですけど、どうしたんすか?」
ダーナリ氏:「いやープラやろうと思ってたんすけど、1人じゃつまんないんで一緒にどうかと思って?前日に言えって感じですよね」
白ちゃんぽん:「むーどうしましょうかねぇ、200zxさんと相談してまた電話しますよ」

で、200zx氏と協議の結果、同じマリーナのT氏を200zx艇に乗せてお勉強と言う形と、白ちゃんぽんをダーナリれんじゃに乗せてお勉強と言う形にしましょう。と言う事で、200zx艇で某Pマリーナに送ってもらう。
(車で送迎じゃーないところが、なんかカッコいいですよね)

と言う訳で、またもやダーナリプロと霞を爆走と言うことになりました。
今日は東よりの風が結構強く、200zx氏は東岸に行きます!と言い残して去って行った。
あたしらはと言いますと、「白ちゃんぽんさん、今日は体がバラバラになるかもしれないですよ」
むーこの人はやるっつたらやるからなぁ、でもがんばるか・・・(涙目)

西岸(!)へ出航!、ボートのフロントデッキにガバガバ滝のように水が入りながらも、釣りをする。
鯔アタックは何度かあるんですけどねぇ、誰もこんな風下のザブザブに来るわけ無いので貸しきり状態。
一通り魚探をかけ、満足したのかさらに北上!
西浦に入ってみると、東風だったはずが何時の間にか追い波(南風)になっている。
途中でi-modeでお天気予報を2人で見るが東風の予報・・・どんな天気予報だって行くんだけどね
とうぜん周りはうさぎが団体で飛びまくっているし、他にボートなど全く居ない。

  ここは何処?

で、目的のポイントに到着するが、ザブザブ!!
マルトボートのレンタル船があまりの波の為、回収されていくのを横目で見ながら釣りまくる!
ここでもフロントから水が入りまくりで、デッキの上を滝のように水が流れていく。
普通の人ならビビッて帰るんですけどねぇ
私もこういうのは意外と慣れているのと、百戦錬磨のワールドプロで、おまけに霞ヶ浦を知り尽くしているカリスマガイドと一緒なんだということで、不安は全く無し。
きっとホントのガイドだったら、ここまでしないでしょうけどね

  強風の中でも投げまくる!

で、風なんか全くおさまらないまま、東岸へ移動!
浅いエリアの岩盤なんかをチェック!
そしてさらに浅いエリアもチェック!
風上だから、波もあまりなく多少は釣りしやすい状況であるが、午前中と比べると異様に寒くなってきた。

ダーナリ氏:「あと水温が2℃なんですよねぇ、そうすればもっとイージーに釣れるんですけどねぇ」


確かに今日あったバイトは、すべてショート&微妙、難しいっすね
プラなのでバイトだけの確認でしたが、回数的には二人合わせれば楽々リミットだったでしょう。
ただ、同じ釣り方が長期間通用しないのが今の霞ヶ浦、おまけにこれからぐっと冷え込み&雨の予報
きっと急激な変化がおこると思われますが、本番ではどう攻略するんでしょうかね?!
今後のダーナリプロの活躍に期待!
また遊んでね、ではなく、大変勉強になりました。またお願いいたします。
で、その後のあたしは案の定、体中が痛く、日焼けで顔が痛いです。もう日焼け止めしないとね

で、明けて次の日の大会でなんと!
成田プロ&関和プロチームが優勝しました!!
おめでとうございますぅ!

あたしって、なんて幸運なんでしょうとつくづく思いましたね


戻る=>

  当HP上の画像等の無断使用を禁じます。
 Copyright NFB Japan. All Rights Reserved.
This site is LINK FREE!