「原田博行 with SIESTA」プロフィール

原田博行は京都、SIESTAは横浜を拠点に、普段はそれぞれ別の音楽活動をしている2組のアーティストが、「老若男女の暮らしに潤いを与える愛とユーモアにあふれる音楽」をテーマに、2000年頃から特別ユニットとして音楽活動を開始。全国各地で、不定期にライブ活動を行っている。

アコースティックギター弾き語りスタイルの原田博行の歌を、パリの街角を彷彿とさせるSIESTAのバイオリンとアコーディオンが包み込む。
歌詞に少しフランス語が混じったその独自のアコースティックサウンドを、3人では「フレンチ・フォーク?(クエスチョン)」と呼んでいる(笑)。

2005年、ライフ・ミュージックによる企画盤「きみは愛されるため生まれた」への参加でCDデビュー。
以降、2006年に1stCD「君からの景色」、2008年に2ndCD「キャトル・セゾン」を発表。
2012年には、原田博行がDJを努めるFM京都のラジオ番組「ハラダイス・ラジオ」のコーナーテーマ曲「ジュマペール・ジェイムス」を発表した。
2014年、6年振りとなるCD「セ・ラ・ヴィ」を発表。
環境省が東北地方太平洋沿岸地域に整備する全長700キロのトレイルコース「みちのく潮風トレイル」のテーマ曲「みちのく潮風トレイルのうた」を制作した。

また、作家として、原田博行は「サウンドロゴ」と呼ばれる短いCMソングを多数制作している。グリコ「カフェオーレ」で使われている「カフェオーレのうた」(作曲)は彼の代表作である。
SIESTAもまた、音楽表現の新しい形として「シエスタニメーション」と呼ばれる、オリジナル音楽とオリジナル人形を使ったコマ撮りアニメーション作品を多数発表しており、「NEWクレラップ」のテレビCM等を制作している。

映像作品でも「原田博行 with SIESTA」名義でのコラボ作品を多数制作しており、最近の作品には、京都のテキスタイル・ブランド「SOU・SOU」の「ジャパネスク村歳時記」シリーズや、東日本大震災で被災した個人商店に手作りのCMを贈る復興支援活動「石巻・手作りCMプロジェクト」などがある。


【CD】

セ・ラ・ヴィ

「原田博行 with SIESTA」 6年ぶりのアルバム。
前作「キャトル・セゾン」からより深まった「フレンチ・フォーク?」が楽しめる。
ゆるくて一生懸命で少し切ない、人生を謳歌する大人のアルバム完成しました!

キャトル・セゾン

「フレンチフォーク?」で描かれる四季。
アルバムを聴き終えると、まるで「ある一年」が過ぎ去ったような不思議な気分。
ちょっとおしゃれで少し切ない小さな時間旅行にいざなってくれるアルバムです。

君からの景色

原田作詞作曲のフォークソングをSIESTAがアレンジする形で制作。
日本語たっぷりのフォーキーなアルバムとなっている。
歌詞にフランス語を使う、現在の「フレンチフォーク?」のスタイルが誕生した「カフェシエスタ」収録。
「フレンチフォーク?」を模索する「原田博行 with SIESTA」のファーストフルアルバム。

桜のように

東日本大震災復興支援 植樹プロジェクト記念ソング「桜のように」

京都西ロータリークラブが創立55周年を迎えるにあたり、石巻市の被災された小学校を中心に「京都の桜守」佐野藤右衛門氏(元会員)の京桜120本を植樹。その際、その桜に思いを寄せた記念ソングの制作を決定し、「原田博行 with SIESTA」の協力により生まれた楽曲が「桜のように」です。

 


【ライブ情報】

現在、予定はございません。

【HOME PAGE】

原田博行 ホームページ http://daraha.jugem.jp/

SIESTA ホームページ http://www2u.biglobe.ne.jp/~SIESTA/

ATELIER SIESTA ホームページ http://atelier-siesta.cdx.jp/

「石巻・手作りCMプロジェクト」ホームページ http://tezukuricm.cdx.jp

【MAIL】

「原田博行 with SIESTA」への演奏依頼、CD・ライブに関するお問い合せは、

siesta@mva.biglobe.ne.jp までお気軽にどうぞ。


Copyright 原田博行 with SIESTA 2009. All rights reserved.