文字列の連結

「+」「ダブルクォート」「join」「<<」「sprintf」を使います。

単純に文字列を連結(結合)する場合は「+」、簡単な整形には「ダブルクォート」、特定の文字列を間に挟む場合には「join」、文字列を追加する場合は「<<」、書式を指定する場合は「sprintf」を使います。

# 単純な連結
foo = 'ABC'
bar = 'DEF'
baz = foo + bar	# baz = 'ABCDEF'
print baz, "\n"

# 簡単な整形
code = 404
err = 'Not found'
msg = "#{err}(#{code})"	# msg = 'Not found(404)'
print msg, "\n"

# カンマを挟んで連結
hoge = ['ABC', 'DEF', 'GHI']
fuga = hoge.join(',')	# fuga = 'ABC,DEF,GHI'
print fuga, "\n";

# 文字列の追加
buf = 'str'
buf << '_add'	# buf = 'str_add'
print buf, "\n"

# YYYY/MM/DD HH:MI:SS形式
date = sprintf '%04d/%02d/%02d %02d:%02d:%02d',
	2999, 1, 2, 3, 4, 56	# 2999/01/02 03:04:56
print date, "\n"

関連項目

なし