モーリシャス島
写真
ドードー標本写真
写真
写真

モーリシャス島には「パンプルムース植物園」「カゼラ・バード・ パーク」などがあり、絶滅が危惧されている「ピンク・ ピジョン」などが保護されている。1814 年のナポレオン戦争に勝利したイギリスが占拠、サトウキビのプランテーションの労働者としてインド人を入植させた、その数20万人といわれている、写真はその子孫である。それ以外にもクレオール人(白人と黒人の混血)が26パーセント占めるという。 サトウキビと観光が島の主な産業である、   
 
  1968年に独立。インド洋の貴婦人と言われる島の美しい海岸、ヨーロッパの高級リゾートとして人気があるのもうなずける。 写真は民族衣装に身を包んだ美しい娘。モーリシャスはフランス統治下の影響が強く残り、生活様式はフランス風である。

  ボタンボタンボタン  
トップに戻る 第2章 第3章