第一章目次 ルイス・キャロルとドードー
の数字はページ数です。
扉に戻る

 《歴史に登場したドードー》
   ルイス・キャロルがドードーを復活させた
    『不思議の国のアリス』物語から、涙の池からあがったドードーとアリスたち。
       復刻版 おとぎの“アリス” ほるぷ出版
  
    ●
ルイス・キャロルとドードーの出会い
        ルイス・キャロルにより、世界中で有名になったドードー。
   
     アリスに影響を与え、絵のイメージを決めた二人の画家
      グランヴィル   ページ1234 グランヴィルのイラスト
       悲痛のために精神がおかしくなり孤独のうちに死んだ。アンソリットの画家。
      エドワード・リア ページ1・ー2・ー3 
       ヴィクトリア時代の博物画家で、アンソリットの画家でもあった。

    日本人、蜂須賀正氏の先駆的ドードー研究
      The dodo and Kindred birds(1953年)
『ドードーとその一族』
     

    ● 昭和12年(1937)教育紙芝居になったドードー
      日中戦争が始まった年に幼稚園で見られたアリスの物語

 《ドードーがヨーロッパにやって来た》          海洋堂のアリスとドードーのフィギア

水晶宮 展示風景
復刻版本
ルーレント油絵

 
 ● ヨーロッパで見世物になったドードー
     珍奇なもの、未知の国へのあこがれが動物たちを集めさせた。
   
  ●神聖ローマ帝国皇帝ルドルフ二世と飼育されたドードー
     皇帝の動物園にいたドードー
     
 《鳥のいる風景》ルーラント・サーフェリー(Roelant Savery)のドードー  
     皇帝お抱えの宮廷画家が描いたドードー
   
 ●
ドードー剥製の末路と近代博物館の誕生
        個人のコレクターにより生まれたイギリスのアシュモール博物館。

  水晶宮 パクストンの独創-1 ー2
        シデナムの水晶宮
への移設
     
  もうひとつのドードー標本の最後 
    ロンドン万国博覧会と移築されたシデナムの「水晶宮」焼失

     水晶宮 ドードー標本 水晶宮に展示されていたドードー標本


《地球上には絶滅した3種類のドードーがいた》
   モーリシャスドードー

     レユニオンドードー

      ロドリゲスドードー
 
 
『フランソワ・ルガ インド洋への航海と冒険』の紹介

        ドードーの生態
           ドードーの巣、 食べ物、鳴き声、その他。
《ドードーの生物分類》
    ハトの系統図 ドードーもハトの仲間だった。

《絶滅したドードーの祖先は、どんな鳥だったのか》      
  最初に先祖とされたオオハシバト ページ・2

   
ドードーの姉妹種、カンムリハト

      
ドードーに一番近いハト、ニコバルバト

        
アンダマン・ニコバル諸島の歴史

          
大陸移動と鳥の拡散 ページ12

           
ドードーのきた道(共通の祖先)

   ドードーのDNA鑑定・1989―2006年までのニュース

《新しいドードー像の復元》

  
絶滅したドードーが残したもの
      19世紀に再発見されたドードーの全身骨格。モーリシャス島の発掘


  ●キッチナー博士の新しいドードー像の復元  ページ12

   ドードーは本当に太っていたか、脚が遅かったのか、体重はどのくらいか。
   モーリシャス島の原生林に立つ、ドードーのバーチャル写真

    ドードーについて「オックスフォード大学新聞」 
 

《発見から絶滅までの歴史》
  ドードーの百年、 ページ・2

     発見から絶滅まで、 ドードーの発見 、
    オランダ人によるモーリシャス島の発見、
    ヨーロッパに連れて行かれたドードー。人に追いかけられるドードー
 

ドードーイラスト
カンムリバト
      ドードーに近い鳥
復元されたドードー
古地図
古代地図
      ドードーの絶滅

      誰がドードーを絶滅させたのか、 人が持ち込んだ動物も
        ドードーを食べた。 島の自然破壊のために絶滅。

《モーリシャス島をめぐる物語》    
    
ドードーとチャールズ・ダーウィン
           モーリシャスに来たチャールズ・ダーウィンの日記。
             ダーウィンはドードーを知らなかったのか、歴史の皮肉。

      ●ドードーとペリー提督 
            日本を開国させた黒船、ペリー艦隊は日本に向かう航路で
                         モーリシャス島に寄港した。

《モーリシャス諸島の自然》
   マスカリン諸島の自然 大陸移動による島の成立。

      モーリシャス島の自然

        レユニオン島の自然

          ロドリゲス島の自然
 
《フランソワ・ルガの航海と冒険の物語》

  17世紀のモーリシャス島を知るルガの航海記

  現代のモーリシャス島 『モーリシャス紀行』   ページ・2
      写真家 検見崎誠氏の美しいモーリシャス島の写真。


  現代のレユニオン島 「レユニオン島紀行」  ページ・2 
モリシャス嶋写真
砂糖キビの畑 モーリシャス島

レユニオン島

馬込の朝明け
ボタン 参考文献
Google
WWW を検索 ドードーのホームページ内 検索
大田区の歴史と史跡、『馬込と大田区の歴史を保存する会』 
第2章 第3章  第4章 表紙扉に戻る