水晶宮の写真《水晶宮の炎上》
 1936年、イギリスのシデナムにあった水晶宮が炎上、展示されていたドードー標本は焼失した。この標本は、1851年に世界初のロンドン万国博覧会
に出品されて賞を受けたものである。当時使われ始めた写真機で展示物は撮影された。古い本のドードー写真がそれであろうと考えている。

80数年にわたりロンドンの人々を楽しませたドードー標本の最後である。
水晶宮の歴史……イギリス栄光の時代、ビクトリア時代の幕開け、そのシンボルが水晶宮(クリスタル・パレス)である。

水晶宮が作られるまで、イギリスの社会状況はあまり良くはなかった。ビクトリア女王の誕生でドイツからアルバートを夫君として迎えたばかりである。ドイツ人である彼は国民から快く迎えられた訳ではなかった。イギリスは飢餓の40年とも言われる社会的不安の時であった。そのため、彼にも冷たい視線が向けられた。皮肉なことにアルバートによりロンドン万国博覧会は推進され、イギリス栄光のビクトリア時代が始まるのである。彼の不人気に気を病んだエリザベス女王が、前面に押し出したと言われる。そのシンボルが「クリスタル・パレス(水晶宮)」である。

 (参照『水晶宮物語 ロンドン万国博覧会1851』松村昌家著 リブロポート 1986年発行)


〈水晶宮誕生までの背景……〉
ロンドン万国博覧会は国の政策でも、貴族階級の支持があったわけではない。むしろドイツ人であるアルバート個人の努力で生まれたのである。フランスの博覧会成功に刺激を受けたイギリスの美術協会は、会長にアルバートを迎え博覧会を開催したいと考えたのである。彼を総裁にいただき広く国民から寄付を仰ぎ、わずか一年あまりで開催にこぎつけたのである。のちにロンドン万国博覧会の成功に刺激を受けたフランスは、パリ万国博覧会(1855年開催)を大規模に開催する。その時、エッフェル塔は万国博覧会のシンボルとして造られたである。


水晶宮のイラスト 水晶宮の内部イラスト

北の方向から見た翼廊(よくろう)、内部に楡の木を残したガラス張りの温室風景。これは、ルドルフ二世が創り上げたミューヘン王宮ではないか。水晶宮を設計したジョセフ・パクストンはミューヘン王宮を知っていたに違いない、もちろん100年以上前のことであり、実物をみたことはない。だが、その美しさは知られていたであろう。 

The Industry of All Nations, 1851: Illustrated Catalogue
(London: Bradbury and Evans, 1851, p. xiii)


 

トップへ戻る 第2章 第3章