(1) 海洋の時代(古生代〜中生代ジュラ紀)
主に付加体テクトニクスによる地質形成

  中生代ジュラ紀まで、日本列島の大半はアジア大陸の東の海底にありました。海の底では、海洋底の玄武岩の上に、頁岩となる細かい泥やチャートとなる放散虫の遺骸などが降り積もっていました。また、海山の周辺には石灰岩となるサンゴ礁もできていました。
 これらの岩石は、海洋プレートに乗って次々と北上してきました。そして、この海洋プレートが海溝から沈み込むときにその一部がはぎとられて、大陸から供給された泥や砂とともに、次々と大陸側に付け加わっていったのです。このようにしてできた地質体を、付加体といいます。

 今から1億4000万年前頃のジュラ紀の終わりになると、これらの大陸に付け加わった地層は、プレートに押されながら隆起し、陸地となりました。このときの変動を、ジュラ紀変動といいます。また、このような岩石の中には、オフィオライトと呼ばれる海洋地殻下部〜マントルの岩石(関宮岩体・出石岩体)や、島弧地殻下部の断片(夜久野岩類)、あるいは後の変成作用によってできた変成岩が含まれ、複雑な構造をしています。
 兵庫県の基盤は、このような地層や岩石から成っていますが、それらは「プレート運動によってよその地域から運ばれてきたり、地下深くからしぼり出されたりしたものの寄せ集め」と言うことができます。

 兵庫県の基盤は、その形成された時代や分布・構造、岩石の特徴によって、北から大江山オフィオライト、秋吉帯、三郡帯、舞鶴帯、超丹波帯、丹波帯、領家帯、三波川帯に区分されています。


関宮岩体の露頭(養父市)
(1)大江山オフィオライト

  兵庫県で最も古い岩石は、養父市に分布する「関宮岩体」と豊岡市に分布する「出石岩体」で、かんらん岩とそれから変化した蛇紋岩からできています。これらは約4億5千万年前に形成された岩石で、同じような岩石は京都府の大江山や鳥取県の若桜などにも点々と分布しています。これらの岩石は「大江山オフィオライト」と呼ばれ、日本全体でも最古の岩石のグループに属しています。
 オフィオライトとは、海洋地殻の深部やその下のマントルをつくっていたかんらん岩類が、後のプレート運動によって地下深くから地表へ絞り出されたものです。
 関宮岩体からは、地下深くの高い圧力の下でしかつくられないひすい輝石が発見されています。

(2)秋吉帯

 京都府北部には泥岩を主体とする下見谷層が分布していますが、同じ地層が豊岡市薬王寺付近にも小さく分布しています。この地層が、秋吉帯に属すと考えられています。
 秋吉帯の地層は、サンゴ礁をいただく海山を乗せた海洋底が沈み込むときに大陸側に付け加わった付加体で、京都府から福岡県へと断続的に続き、石灰岩の広がる山口県秋吉台などが有名です。秋吉帯は、ペルム紀の付加と考えられています。

(3)三郡帯

 氷ノ山の東方には、三郡帯に属す泥質片岩や塩基性片岩を主体とした結晶片岩が分布しています。
 変成を受ける前の岩石は秋吉帯の緑色岩や堆積岩で、それらが海溝から地下深部に沈み込んで低温高圧(地下20〜60km、200〜500℃)の下で変成を受けてつくられました。変成の時期はペルム紀〜ジュラ紀とされています。

夜久野岩類のはんれい岩(朝来山)
(4)舞鶴帯

 舞鶴帯は、福井県西部から中国地方にかけて北東ー南西へ続き、兵庫県でも豊岡市・朝来市・養父市・宍粟市などに断続して分布しています。
 舞鶴帯に見られる夜久野岩類は、はんれい岩や輝緑岩などの塩基性岩、角閃岩などの変成岩、花崗岩類などの様々な岩石からできていて、古生代後期(石炭紀〜ペルム紀)の島弧地殻下部の断片の考えられています。
 夜久野岩類の上には、ペルム紀後期の舞鶴層群が堆積しています。舞鶴層群の下部は海底の火山活動によってできた緑色岩が厚く重なり、その上に頁岩や砂岩層が堆積しています。このことから、舞鶴層群は縁海に堆積した地層と考えられています。
 三畳紀に入ると、舞鶴層群を不整合におおって夜久野層群(養父市周辺では、御祓山層群という)が形成され、その上に難波江層群が堆積しました。夜久野層群や難波江層群は、頁岩や砂岩・礫岩を主体とし、大陸棚のような浅い海で堆積した地層といえます。

(5)超丹波帯

 朝来市から、南西方向に宍粟市、佐用町へ続く地帯で、一部は姫路市北部から福崎町へと伸びています。この超丹波帯は、舞鶴帯と丹波帯の中間に位置する構造体として1985年に命名されました。
 粘板岩とチャートなどの珪質岩を主体とした地層と砂岩を主体とした地層からなっています。堆積時期はペルム紀であり、浅い海域に堆積した舞鶴帯の舞鶴層群と深海底に堆積した丹波層群の緑色岩やチャートとの中間の海域で形成されたと考えられています。ペルム紀〜三畳紀に付加しました。

丹波帯のチャートがつくる岩稜(三尾山)
(6)丹波

 兵庫県の南東部の広い範囲、南西部、淡路島の大部分が丹波帯に属しています。しかし、白亜紀以降の岩石に広く被われ、丹波帯の岩体として露出しているのは、加西市周辺と篠山盆地周辺が中心です。
 丹波帯は古生代石炭紀〜中生代ジュラ紀の地層からなり、海洋プレートにのって運ばれてきた海洋地殻がジュラ紀に陸側に付加しました。

(7)領家帯

 淡路島北〜中部にかけて、白亜紀に貫入した花こう岩類が広く分布しています。また、これらの花こう岩類には片麻岩や結晶片岩などの変成岩が取り込まれています。このような花崗岩類や変成岩が分布している地帯が領家帯です。
 領家帯の変成岩は、丹波帯の岩石が高温型の変成作用を受けてできました。

三波川帯の泥質片岩(沼島)
(8)三波川帯

 淡路島の南端に沿って中央構造線が走っているので、淡路島の南に浮かぶ沼島は兵庫県では唯一、中央構造線の南側に位置しています。この沼島は、低温高圧型の変成帯「三波川帯」に属し、結晶片岩が分布しています。
 もとの岩石は、放散虫化石などによって、丹波帯と同じジュラ紀の付加体と考えられています。それが、今から約9000万年前の白亜紀中頃に、地下30km程度の深さ(10kb程度の圧力)で変成作用を受けたと推定されています。


  次に進む 「兵庫の地質」に戻る