薬の飲ませ方いろいろ

 薬は子供によって喜んでのむ子,のまない子の差がすごくあります。外来をしていますとその差は、 特に感染症などで顕著に感じられる場合があります。小児科では通常2日間から長くてもせいぜい4日間分の処方が多い ので主症状の軽快、合併症の予防のためには、なるべく処方した分は飲み切ってほしいものです。  

形状 種類 飲み方の工夫あれこれ 注意事項
粉薬

顆粒
ドライシロップ/散剤/細粒
顆粒
 DSとかDRSなど略号がついてる場合があります。ほとんどは水溶性の散剤です。柑橘系やイチゴやバナナなどくだもののフレーバーつきで甘くてのみやすいものが多いです。 少量の水に溶いてのむ
アイスやヨーグルトに混ぜる
ジュースなどに溶いてのむ
そのままなめる
酸性のジュースで苦味を
増すものもあります
苦味があったりや粒子が細かく飲みにくいものがありますがコーティングされた顆粒剤もあります。(腸溶剤・特効性顆粒剤) オブラートやカプセルにくるむ
乳糖などの甘味を混ぜる
ジュースに混ぜる
そのまま水でのむ
コーティング錠 文字どうり糖やフィルムなどでコーティングされたもの そのまま水でのむ のど元につっかえることがあるので気をつけましょう
お水といっしょにのみましょう
裸錠 チュアブル錠 噛み砕いて呑みます そのまま噛み砕きのみます
舌下錠・トローチ 噛まずにお口の中で溶かします
2.3層に薬が分かれて作られているものなど
カプセル 硬いカプセルに特効性や腸溶性の薬が包まれたもの 時々のどにつっかえたようになるのですがお水をいっしょにとりましょう
柔らかいカプセルのもの
シロップ のみやすく糖液などを加えてあります 甘すぎてしまうこともあります。ちょっとお水などで薄めます 甘いのでお子さんが勝手に呑んでしまったことがあります
エキス・エリキシル・浸煎剤などなど
大すき すき 普通 きらい 大きらい
手の届くところに 置いておいた為勝手に呑んでしまった子がいました保管場所に気をつけて
こんにゃくゼリーなどの容器に溶かして凍らせる
アイスのトッピングにする
呑ませるぞ!とか呑みなさい!!と気負うと返って逆効果。
乳幼児は哺乳乳首を上手に使うと上手く呑めることがあります
からし状に練って上あごに塗ってしまう
ホームへ戻る