熱の出るとき


 子供が熱を出す原因の多くは、感染症です。温度により微熱、軽熱、高熱と区別されます。しかし、症状の重さを現すものではありません。40度近いからといって決してあわてることは、ありません。
 
夏など外気温が高くなる季節には、それだけで子供たちは、
体温が上がってしまうことがあります。
 また、水分不足や心因性のストレス、アレルギー性の疾患にかかっていたり、予防接種の後でも発熱をすることがあります。
 その他にも膠原病や白血病など考えたらきりがありません。
 
ただ、熱が出たらすぐ悪者だやっつけろと思いがちですがよい
影響もあります。
  白血球の働きをたかめたりウィルスの増殖を停止させたり、
つまり、体の中の細菌除去作用が亢進されているときにも熱は大事な役目を果たしています。
 ともあれ体力の消耗や熱性痙攣(けいれん)、もともとの疾病
の軽快のためには、あわてずに上手な熱の対処をしましょう。

発熱のとき冷やすのは?おでこ??看護婦さんに聞いてください

表紙へ戻る