病気のときのお風呂について

熱があるときは入らないほうがいいのです
お風呂はどうしたら
いいのでしょうか?
 入浴は体力を消耗します。熱いお湯につかるのですから心臓や身体には大きな負担となります。 疲労や脱水を助長することになりますから熱のあるときにはお風呂は避けて安静にしましょう。 熱が下がったら部屋やバスルームをあらかじめ暖めて、シャワーをさっと浴びる程度にしておきましょう。
   熱がなくてもこんなときは控えましょう
うう〜〜お風呂 どうしよう? 食欲が無く元気も無いとき
・下痢や吐いたりしている
 何度も吐いたり下痢をしているときは身体の水分が大量に失われているときです。脱水が心配ですからお風呂は控えましょう。 しかし下痢をしているときはオムツかぶれや皮膚のトラブルが起きやすいものです。ぬるま湯でこまめにお尻を洗ってあげましょう。 
咳や鼻水は出ていても熱は無いとき
どうしても入りたいなあ・・・ 顔色もいいし食欲も元気もある場合は多少鼻水や咳が出ていてもお風呂に入っていいでしょう。やはり周りを暖かくして短時間で済ませましょう。
お風呂と新陳代謝について
上手に入りたいものです  病気をしたときなどはしかたありませんが何日もお風呂に入らないのは衛生上良くありません。あかちゃんはお風呂が大すきですからこまめに入れてあげましょう。大人もそうですが新陳代謝を適度に刺激したり、寝つきを良くするなどの効果があります。オムツかぶれなどは清潔にすることからかなり改善されます。それからお風呂上りには水分の補給を忘れないようにしましょう。風呂上りの一杯ですね!
表紙に戻る