なぜ血を採るの?

 

 

検査で何が判り,何を調べているのでしょうか

診断をより確実にするため、またはその症状の進行具合の程度を見極めるために検査をします。

 血液から得られる情報は数百以上ありますから患者さんの症状、主訴から必要最低限の検査項目を医者は、選択するのです。ここでは当医院で行う検査の項目で検査頻度の高いものものから取り上げていきたいと思います。

アレルギー検査について

 体の中に異物〔抗原〕が入るとそれに対して体の中では抗体をつくります。、再び抗原が入ってくると 抗原抗体反応という異物を排除する働き〔免疫〕が起こります。 本来、自分自身を異物から守るために起こる抗原抗体反応も時として過剰に働いてしまい身体に異常が起こります。それがアレルギーです。
 一口にアレルギーといってもさまざまな症状があります。気管支喘息、アトピー性皮膚炎、鼻炎、花粉症、結膜炎、蕁麻疹などが代表的なものです。
 アレルギー疾患は、まずアレルギーの原因(アレルゲン)を突き止め、それから遠ざかることが第一の予防となります。

 そのアレルゲンを知る方法として少量の血液をもちいて調べるRIST,RASTテストがあります。
 RIST,テストはアレルギー症状時に高値となるIgE(免疫グロブリンの一種)
の総量
がわかります。値が高ければ何かアレルゲンを持っていることがわかります。
 RASTテストでは、
そのアレルゲンが何かを突き止めるためにする検査です。

   ダニ、ハウスダスト、花粉、動物(上皮)、真菌、    牛乳、卵、大豆、米、麦、そば、果物などが
    主だったアレルゲンです。