インフルエンザ

インフルエンザ症候群

インフルエンザとは;
いわゆる風邪症状のことをいいますがその中でも特に症状の重くなるウィルスを【インフルエンザウィルス】といいA型・B型・C型の3つにタイプが分けられます。 主にA香港型・Aソ連型・B型の何れかが毎年流行しますが特にA型は大流行することが多いようです。 また、その年により流行するウィルスの型は違うものの現れる症状はほとんど共通しています。

 

症  状;
   症     状       特        徴
       熱 急な発熱 さむけ(悪寒)と3〜7日ぐらい続く高熱
全身症状として 身  体 全身がだるい(倦怠感)・食欲が無い
痛  み 頭痛・筋肉痛・腰痛など関節痛
お  腹 吐き気・下痢・腹痛
のど・咳 咽頭痛・鼻水・はげしい咳
治  療
 お   薬 症状に合わせた薬の処方(対症療法):A型B型インフルエンザウィルスには抗ウィルス剤があります
身体 管理 まず安静第一 ・ 体温の管理(保温) ・ 栄養と水分の補給 (お風呂は熱が下がったらさっと入りましょう)
 検  査 当医院ではA型B型ウィルスに関しては院内で罹っているかどうか迅速にわかる検査もあります。

  

診察の過程として
症状が安定しているようであれば初診の日から2〜3日後または、薬の切れる日・指示のあった日に来院してください。しかし子どもの場合は、大人と比べて急に重症になったりすることがあります。
 元気が無い・何も食べない・吐く など心配な症状が有るときはすぐ受診してください。 
予     防
 毎年、保育園・幼稚園・学校や・職場で集団感染が発生します。これを防ぐにはまず【予防対策を知ること】が一番大事です。
日常できることで以外に効果があるのがうがい・手洗いです。特にうがい薬やトローチなどで咽喉を清潔にすることでかなりの予防効果があるようです。
 【インフルエンザワクチン】の接種は大事なことです。ぜひ受けていただきたいものです。